別館


写真絵日記


2011年10月12日(水):試食ヤマボウシの実

お皿の上のヤマボウシの実

 丁度1週間前の絵日記に健診先で撮ったヤマボウシの実の写真を出して、食べられるそうですと書きました。今日3個貰って来ました。実際は指先くらいの大きさです。
 洗って生で家内と食べましたが、甘くて、変な癖は無いけど、美味しいと言う程ではありません。もういいね、が一致した結論でした。

ヒドリガモですね

 風はありましたが晴れていた(帰るときは曇っていました)ので川へ行きました。
 目的はカワセミと冬鳥のカモ類を探すことです。
 写真はこの秋初めて見たヒドリガモと思います。目の周りが黒っぽくて、灰色のクチバシの先も黒いです。他にオナガガモ、コガモとマガモが撮れました。

後ろから見たカワセミ

 撮れないことも結構あまりますが、川ではカワセミをよく見ます。
 下って行くときによくいる場所で1羽見つけたのですが、飛ばれました。帰りにはそこにいなくて、かなり上流で見つけました。
 風で動く枯葉や枝の間から、川を背景に撮れました。33%縮小画像のトリミングです。

背景が問題

 橋を渡って対岸に行った家内が、向かいから撮り始めたので、私も回ってみました。
 しゃがんで、手すりの間からカメラのレンズを出して撮っているのですから、怪しまれますね。通りがかりの男性に何がいるのか聞かれました。カワセミは何度も見たそうです。
 50%縮小画像です。新しいカメラでよく撮れましたが、背景が問題です。

2011年10月11日(火):カモメ探し

先週持参したマイ座布団

 今週の仕事が始まりました。先週から来週の水曜まで同じ健診会場です。
 会場の会議室の椅子は硬いので、第1日目にマイ座布団を持ち込みました。
 若いときは筋肉もお尻の肉もあったのですが、段々筋肉も脂肪も落ちて、体重(身長も!)も減りました。硬い椅子に座り続けるとお尻が痛くなるのです。

味の時計台のブラック味噌ラーメン

 今月の仕事は昼過ぎで終りです。これに慣れきると、その後が辛いですね。
 快晴なのですが、気温が低い上に風が強くて寒いです。迎えに来てくれた家内と相談して 温かいラーメンを食べようと 味の時計台 函館日之出店へ行きました。写真は私がよく食べる ブラック味噌ラーメン(絵日記)の野菜ラーメンです。辛くなくて美味いですよ。

足は赤いが・・

 先日 カラシラサギを見に行って(絵日記)ユリカモメを1羽見ました。
 もう秋の渡の頃かと、気にして探しているのですが見つけられません。野生動物・野鳥編の「大森海岸のユリカモメ」は春先の夏羽混じりの話ですが、今日再度その場所を覗いてみました。皆と離れていて赤い足、大きいな・・と撮ったらやはりオオセグロカモメでした。

風と波のある海岸、向うは函館山

 そのまま下海岸(戸井や恵山方面の海岸、「上磯」の対語とか)へ少し足を伸ばしました。
 大きい波ではないせいか、海岸にカモメの大きい群れは見つけられませんでした。川にもいません。海へ稼ぎに行っているのでしょうかね。
 カモメは2羽飛んでいますが、海岸にはいません。向うは勿論函館山です。

2011年10月10日(月):長い映画

今日の川

 昼前に外出した際に川を覗いてみました。
 カワセミが1羽飛んで行き、手すりから身を乗り出したら、眼下からもう1羽が飛び出しました。私より相手の方が見付けるのが早かったわけです。
 雨が時折強く降る暗い日で、川岸のサクラの紅葉も冴えません。

最近見た長い映画

 プロ野球の中継がケーブルテレビで見られるので、映画を見る時間が少なくなります。
 時間が空くと短い映画を見るので、2時間半前後の長い映画のDVDがたまってしまいます。こちらの3本はそれでも最近見て、面白いと思った映画です。
 すべてレンタル落ち(最低価格200円)で、監督で選ぶケースが多いです。

まだ見ていない長い映画

 こちらの3本はケーブルテレビのムービープラスで、一部を見て購入しました。
 ガンジーは188分あり、3本3,000円で買ったものです。時間が無いと見られません。
 レッドクリフは三国志の赤壁の戦いを描いた長編で、これも殆んどテレビで見ています。監督のジョン・ウーはフェイス/オフとかブロークン・アローが好きですね。

2011年10月 9日(日):松前マグロ三色丼

淋しいハクチョウ

 快晴の予報で、昨日の内に今日は松前の道の駅にマグロを食べに行くと決めました。
 函館からだと往復200キロ弱です。津軽海峡沿いに走り、鳥の渡海で知られる松前町の白神岬も通りましたが、時期も時間も悪いのか鳥見は成果がありません。
 松前町の朝日の河口にオオハクチョウが1羽だけいました。居残り組でしょうか。

松前マグロ三色丼

 松前町の道の駅〜北前船 松前 には時々昼食に立ち寄ります。津軽海峡の見晴らしが良い食堂は北前食堂と言い、ご当地グルメの海鮮系のメニューが豊富です。
 今日はリニューアルした松前マグロ三色丼(1,200円)にしました。上は漬け(マグロの山かけ)左は揚げ(マグロの天ぷら)右はサラダ風(ほぐし身の和風ドレッシング和え)です。

福山(松前)城

 松前には北海道唯一のお城(五稜郭は西洋式要塞)があり、松前城資料館として開放(入館料は350円)されています。正式には福山城と言います。
 サクラを見に来るときはすごい人出で、敬遠して入館しませんでしたが、今日は入ってみました。内部には当時の資料がたくさん陳列されています。結構な数の入館者でした。

ヒャクニチソウにヒメアカタテハ

 城内から出るときに、正門近くに植えられたヒャクニチソウにヒメアカタテハが来ていました。鳥が撮れなかったからではなく、クジャクチョウとかヒメアカタテハよく撮ります。
 珍しいチョウではありませんが、とても鮮やかです。絵日記にも何度も登場しています。2004年度の壁紙プレゼントの ヒメアカタテハ もクリックして見て下さい。

2011年10月 8日(土):縄文ロマン南かやべ

バイパスは行き止まりです

 函館市と合併した 旧南茅部町 は北海道唯一の国宝中空土偶の出土で有名です。
 今月1日 函館市縄文文化交流センター函館市臼尻町の道の駅〜縄文ロマン 南かやべ がオープンしましたが、始めは混むと思って今日行ってみました。
 国道278号線南茅部バイパスの鹿部側の突き当りに建物があります。

建物の外観

 訪問者が多いので、ちょっと離れた臨時の駐車場に誘導されました。
 同じ建物の左側がメイン施設の縄文文化交流センターの入り口で、右側が道の駅です。
 同センターは月曜と毎月最終金曜の館内整理日、年末年始が休館日で、入館料は大人300円、学生・生徒・児童は150円です。道の駅の休館日も同じです。

展示室は4室あります

 縄文文化交流センターは2階建てで、海の見える休憩室もありました。
 メインの展示場は4室ありました。出土品の保存のために暗くしています。今日は学芸員の方がたくさんいて、立ち止まって展示物を見ていると説明に近寄って来ます。
 家内は希望したのか捕まったのか、熱心な説明を受けていました。

土偶ッキーがよく売れている

 道の駅の売店です。センターの方にも売店があり、ピンバッジやポストカードなどを売っていますが、こちらは食べ物や特産品などを売っています。
 写真の「土偶ッキー」は中空土偶を模したクッキーでよく売れているそうです。また「中空土偶弁当(800円)」はここだけでなく町内でも売られていました。

2011年10月 7日(金):小さい虹

ノビタキのメス冬羽?

 今日はいつもよりかなり少ない受診者です。
 早く終わったので、行くのも今年最後かと思いつつ、大野平野の農耕地に行ってみました。移動途中のの冬鳥でも休んでいないかと思ったからです。
 強い風に揺れているのは、多分ノビタキのメス冬羽と思いますが・・・?

すごく広いマリーゴールド畑

 マリーゴールドを植えた大きい畑がありました。
 車で近くまで行けましたが、間近で見ると蕾がまだ多いです。いつも書いていますがネコブセンチュウと言う寄生虫の忌避作用を狙った緑肥です。
 曇っていて風が強いので難しいです。正面は函館山です。

田んぼのアオサギ

 今年は田んぼの中のアオサギを随分撮りました。
 もう殆んどの田んぼは稲刈りが済んでいるのですが、まだの所もあります。水も少なくて魚も期待できないと思うのですが、アオサギの首から上が見えました。
 垂れる稲穂の中のアオサギは、初めて撮りました。

藤城の小さい虹

 時おり雨が降って来て、風がとても強い日です。黒っぽい雲が低く立ちこめ、竜巻注意報が出ていないかラジオをかけたくらいです。
 函館新道の入り口に差し掛かったら、近くに小さい虹が見えました。
 車を降りて撮りました。虹の両端が見えるような距離でした。

2011年10月 6日(木):試し撮り

羽を乾かすウミウ

 仕事が終って13時半頃家で食事をしていると、4日にキアシシギを撮った場所へ行ってみたいと家内が言います。その時には家内は反対側の港内を見ていました。
 二人でその場所を覗いて見ましたが、もうキアシシギはいませんでした。
 今日もウミウを撮りました。羽を乾かしています。50%縮小画像です。

8101ノンステップ市電

 その後、家内が市街地の電車通りのスーパーへ買物に寄るので、私は市電を撮ってみようと思いました。今のカメラは9月22日新発売の Panasonic LUMIX DMCーFZ150 です。
 シャッターチャンスを逃さない合焦スピードの高速化「約0.1秒高速AF」(当社計測)と、HPに書いてあります。走っている市電に挑戦しましたが、これはやや遠かったです。

3003・五勝手屋号

 タイミングよく市電を撮れない最大の原因は横を走る車が画面に入ってしまうからです。
 こちらはうまい具合に市電だけで、目の前を通り過ぎたところを撮りました。この大きさでははっきりしませんが、小さい文字も十分読める鮮明さでした。
 五勝手屋羊かんは江差町に本社がある五勝手屋本舗のヒット商品です。

渡島合同庁舎

 こちらは青空だった昨日撮影した、健診会場のある合同庁舎です。
 大きい建物で、前のカメラの広角端35ミリでは広い範囲は写せませんでした。現在のは35ミリフィルムカメラ換算で25ミリと言う広角が撮れます。
 それでも両端は入りきりませんでした。これより下がると電柱が写ってしまいます。

2011年10月 5日(水):かなり遠い

ヤマボウシの紅葉と赤い実

 健診は11時が受け付け終了で、胃バリウム検査を受ける人が多いので12時半頃に終るまで待機しています。何度も来ているので勝手も判り、あちこち歩いています。
 屋上庭園の ヤマボウシ(花情報)の紅葉が進行しています。近くで見ると大きい赤い実がたくさん付いています。説明によると食べられるそうですが、いっぱい落ちていました。
 この写真を後程、北海道テレビ放送(HTB)の 北海道花情報2011 に投稿します。

川岸の地面のカワセミ

 家へ帰って、昼食かたがた鳥見をしようと川へ行きました。
 近所の川では河口まで降る間に成果はありませんでした。河口からM川をさかのぼると、対岸の木にカワセミが止まっていました。かなり遠いです。
 飛び回ってダイビングをして、対岸の地面に降りました。50%縮小画像です。

魚を咥えてアシに止まる

 近くを飛んで場所を変えていましたが、その内にホバーリングをした後にダイビングしました。アシに止まって魚を叩きつけています。すぐ食べてしまいました。
 かなり広い川幅で、肉眼ではいる場所は判っても詳細は見えません。ファインダー越しでやっと魚を咥えているのが確認できました。これも50%縮小画像です。

葉陰のカワセミ

 最初の川に戻って家へ帰る途中に、9月25日の絵日記のカワセミを見た場所で、家内が写真のカワセミを見つけました。色が淡くて、若いカワセミかも知れません。
 ここでは時々警戒心の薄いカワセミに会います。今日も正面左右と場所を変えて撮りましたが、同じ枝に止まっていました。こちらも50%縮小画像で、暗いのでISO 3200です。

2011年10月 4日(火):こんな所にキアシシギ

五島軒 雪河亭のエゾ鹿肉カレーセット

 今日から19日まで渡島総合振興局内の合同庁舎を会場の健診が始まりました。
 昼に終るので、最近メニューに加えられて家内と約束していた、五島軒 のレストラン雪河亭のエゾ鹿肉カレーセット(サラダ、コーヒー付き、1,200円)を食べに行きました。
 新発売でレトルト(はこだてエゾ鹿カレー、420円)もありましたが、北海道限定です。

流れ昆布の上のキアシシギ

 日本で一番旧いフランスレストランと言われる五島軒は今年が130周年です。せっかく来たので、デザートを少々追加してしまいました。
 先日鳥見名人に教えられた市内S漁港横の磯を防波堤の上から覗いて見ると、ハクセキレイの近くに2羽のキアシシギがいました。33%縮小画像です。

岩の上に飛んで行きました

 幸い近くに階段があったので、磯まで降りることが出来ました。
 昆布の上を歩いている写真を2枚撮ったら、私が気になって、岩の上に飛んで行きました。そんなに離れていないので、昨日の大沼よりずっと有利な条件です。
 これも33%縮小画像をトリミングしたもです(立片1,000から450ピクセル切り出し)。

ツーショット

 2羽いるので、何とか(1画面に2羽いる)ツーショット写真を撮ろうと思いました。
 曇っていて暗く、前後のキアシシギの距離が離れているので、後はぼけています。
 夕方、修理に出していたDMC-FZ50が直って届きました。レンズの口径もこちらが大きく、極端なワイドや望遠で無ければ、鮮明に撮れそうな気がします。比べてみますね。

2011年10月 3日(月):ちょっと遠い

泳ぐオオバン

 今週からしばらく函館で役所の健診で、今日スタッフが札幌から移動して来ます。
 と言う訳でお休みなので、大沼へ産直店の買物と鳥見と食事に行きました。
 気温11℃と寒いです。アオサギのいる池で、その近くをオオバンが2羽泳いでいました。対岸の道路から撮るので、ちょっと遠いです。小沼にも何羽もいました。

何の鳥?

 同じ池の端の方に、茶色っぽい小柄の鳥が泳いでいました。すぐに草の中に入ってしまったので、少ししか撮れませんでした。
 これは33%縮小画像ですが、不鮮明になってしまいました。クチバシが尖っていて、クイナの仲間のようです。図鑑でヒメクイナかと思いましたが、本道では稀な鳥のようです。

紅葉アオサギ

 アオサギも多く見られました。
 オオバンも多かったですから、共に本州への南下の途中かも知れません。
 小沼の方で撮った紅葉とアオサギです。露出補正をかけたのですが、顔が白っぽくなってしまいました。写真で気付いたのですが、胸に飾り羽があります。

カイツブリ(家内撮影)

 小沼の岸の細い道を車で走っていて、カーブを曲がったら、すぐ近くの水面にカイツブリがいました。車を停めて、助手席の窓から家内が撮った写真です。
 カイツブリはこの前に遠くに2羽見えましたが、それは遠くて上手く撮れませんでした。冬になると近所の川にも現れますが、警戒心が強いです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について