別館


写真絵日記


2012年10月12日(金):マガンいました

食事中のマガンの幼鳥

 8週に1回の受診日で、肺は少々改善があり、全体に特変はありません。
 昼前に一昨日マガンのいた川に行ってみました。前に見た側の遊歩道から探してもいませんでしたが、反対側の遊歩道から見つけました。下の写真と2枚とも25%縮小画像です。
 川岸を泳ぎながら草の葉をついばんでいました。カルガモより大分大きいです。

話はしていません

 泳いでいる様子をたくさん撮りましたが、このとき頭上を高速でジェット戦闘機が飛び去りました。ニュースで知りましたが米軍三沢基地のF-16が2機函館空港に降りたそうです。
 マガンの幼鳥は段々と上流の方に泳いで行きました。途中でカルガモがいると寄って行きますが相手にはして貰えません。仲間を探しているような風情でした。

雑穀・シーフードレストラン いま・ここ

 いつも通る湯川町2丁目7-2で新築中だったレストランが8月末に開業しました。
 「雑穀・シーフードレストラン いま・ここ」と言います。今日初めて入りましたが、ご飯にはヒエやアワが入っているそうです。
 喫茶店と定食屋さんを兼ねたような店で、カウンター席もあります。

釜揚げしらす丼定食

 店名はレストランですがメニューは和食です。ランチは500、600、700、800円です。
 本日の日替わりランチは8種類あってどれも700円でした。ぶり大根定食などありますが、写真は私の食べた「釜揚げしらす丼定食」です。食物繊維やカルシウムが豊富です。
 食べていたら女性の一団が来ました。雑穀などヘルシーメニューですね。

2012年10月11日(木):どちらも不在

街灯の上のウミネコ

 色々な注意報が出ていましたが段々明るくなって来たので、昼前に家を出ました。
 始めに川へ行きました。ていねいに探しましたが、マガンの幼鳥はいません。オシドリも見つけられませんでした。雨上がりで川は少し濁っていました。
 街灯の上のウミネコです。滑って落ちないのが不思議です。

シュガープルーンとベイラー

 先日買ったプルーンを関東にいる娘に送ってしまい、今日はプルーンを買うのが主目的で七飯町に行きました。何軒か覗きましたが左のシュガープルーンは何処にでもあります。
 これで1kgが500円で、旧道脇の店では安く、国道5号線赤松街道沿いの店が高いです。
 右はベイラーと言う中玉で1kg1000円のところを200gおまけしてくれました。

シュガープルーンとベイラー

 違いが判るように近接して撮りました。小さい方はシュガーです。古くから日本にあったプルーンの代表で、果実の大きさは20〜30g、糖度は15度、酸味は少なく甘い品種です。
 大きい方がベイラーです。中玉(60g程度)で果形は楕円形、糖度が高く果汁も多く、食味が大変良い品種です。大玉のパープルアイ(80g程度)の親戚のようです。

立つエゾリス

 田んぼにはオオハクチョウもいませんでした。旅だったのなら良いですが・・
 カモメとプルーンだけでは淋しいので、昨日撮ったエゾリスをもう1枚。切り株の上に乗っていたエゾリスです。このときは人が歩いて来る気配で、立ち上がったように思えました。
 エゾリスは小さいので、遠くを見るときに立ち上がるのではないでしょうか。

2012年10月10日(水):川にマガン

栗を食べ終えて

 今週はせっかくの勤務を要しない週ですが、明日から悪天候の予報です。
 有効に過ごそうと朝から見晴公園に行きました。紅葉はまだで定期観光バスもお客は2人だけだったようです。谷間のところで栗を食べているエゾリスを見つけました。
 食べ終えて栗の皮を捨てました。呼んでも傍へは来なかったです。

公園の下の方のエゾリス

 家内は公園の下の池の方にオシドリを探しに行きました。いなかったそうです。
 私は人家側を公園の下の方に進んで行って、別のエゾリスを見つけました。
 こうして切り株の上に乗ったり、立ったりして写真を撮らせてくれましたが、忙しそうに木に登ってしまいました。実りの秋で餌は豊富です。なかなか寄って来ません。

先日のマガンのよう

 早かったのでM川へ行きました。
 遊歩道を歩きだしてすぐにエクリプスのオシドリが泳いでいて、その後ろをマガンが付いていました。9月23日に漁港で見て幼鳥のようで、クチバシの基部が白くないです。
 速く泳ぐマガンを追いかけながら、たくさん写真が撮れました。

カルガモの後を追う

 オシドリは何処かへ行ったので、カルガモの後を追っています。
 カワセミ狙いでよく来ているカメラマンさんの話では朝からいたそうです。もう一人のカメラマンさんは子供みたいだねと言いました。よく知っていますね。
 近所でエゾリスやマガンの幼鳥が見られるなんて、良い環境です。

2012年10月 9日(火):はぐれオオハクチョウ

シュガープルーン

 昨夜さるブログで、稲刈りを終えた田んぼにマガンが2羽だけいる写真を見ました。
 よく行く農耕地なので早速覗きに行きましたが、農園直営店巡りもしました。3軒ばかり入りましたが、プルーンはシュガープルーンの時期になっていて1kg 500円でした。
 リンゴは「つがる」や「さんさ」が多く、これはサンつがると思います。

田んぼのオオハクチョウ

 マガンは根性で見つけたと書いてありましたが、根性入れて探しました。
 七飯町の町の近くで遠くに白いものが見えます。動いているのでよく見ると、オオハクチョウが1羽だけいました。田んぼの中の道に車を入れて少し近寄りました。
 これはノートリミングの画像で600ミリ相当でも建物が背景に入ります。

33%画像のトリミング

 怖がらせたくないのでそれ以上近付かずに様子を見ていると、また食べ始めました。
 刈った稲の株から伸びた緑の芽を食べています。
 最近港でマガンの幼鳥を見ました。春には田んぼで何回かオオハクチョウの幼鳥を見ました。何れも絵日記で紹介しましたが、今回は成鳥です。はぐれたのでしょうね。

マリーゴールドのすき込み

 HTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道・花情報 に投稿するために綺麗に咲いて七飯町のマリーゴールド畑を探していました。花を訪ねて に2ページあります。
 今日は新幹線の新函館駅と函館駅の連絡線の高架工事を背景のマリーゴールド畑が撮れました。おまけに中々遭遇することのないすき込みも見ました。後程花情報投稿します。

2012年10月 8日(月):今日もキツネ

サルビアロード

 紅葉にはまだ早いですが大沼公園の様子を見に行きました。
 真っ青な空で気温は21℃と快適です。函館新道は藤城で終わり峠下までの国道5号線の両側には、昔からサルビアが植えられ サルビアロード(絵日記)と言います。
 日本の道百選・赤松街道の松の緑と好対照の赤い花が連なります。

カイツブリのペア

 大沼公園は公共駐車場が満車で、こんな人出は最近では珍しいです。
 先ずいつもの小沼の遊歩道の方に車で向かいましたが、途中でカイツブリをよく見る場所があります。今日もペアがいましたが、警戒心が強いので対岸に行ってしまいました。
 木陰が映り込んだ湖面に浮いているので露出がうまく行きません。

大沼周遊道路のキタキツネ

 大沼国際セミナーハウスの遊歩道を歩いてみました。ミヤマカケスを1羽見たけど撮れません。セミナーハウスではアニメかゲームのコスプレの若者がたくさんいて異様でした。
 大沼周遊道路で 9月15日にキタキツネを見た(絵日記) 近くに今日もキツネがいました。自転車の家族連れが道路脇を覗いていて教えてくれました。同じキツネかも。

大沼越しの駒ケ岳

 大沼周遊道路の駒ケ岳の向かい側で、町の近くに見晴絶好の東屋があります。
 小さい駐車場に車を置いて東屋から湖畔に出てみました。わずかに波があって、駒ケ岳の水鏡ははっきりしません。画面左端の岸辺にカヌーがいます。
 春にオオハクチョウを見ましたが今は水面には鳥はいません。

2012年10月 7日(日):カワアイサ4羽

2羽のカワアイサ

 昨日市内の川でサケが跳ねていました。するとユリカモメが来ているかも。
 午前中に北斗市上磯の 野生動物・野鳥編の「北で越冬 ユリカモメ」の舞台のH川へ行きました。サケは上っています。
 9月22日にはいなかったカワアイサが4羽いましたがユリカモメはまだです。

泳ぐカワアイサ

 4羽1画面に収めると小さくなってしまいます。これは辛うじて3羽1画面です。
 オスのエクリプスはメスに似ていて、翼上面の白色部がメスより広い、だけなのでぱっと見には判りません。中央の1羽がエクリプスかも知れません。
 カワアイサは周年いますが、冬鳥として飛来する方が多くて冬のイメージです。

エクリプスのオシドリ

 昨日エクリプスのオシドリがドングリを食べまくっていた市内の川を覗いてみました。
 目の前で1羽がM川からY川へ入って来ました。
 愛想好で全然人を気にしません。人目に馴れているのでしょう。近くなので瞳孔まで判る写真が撮れました。少しトリミングしました。

咥えている

 昨日たくさんドングリがあったのは、先日の豪雨で上流から流れて来たのだと思います。
 ドングリは川下へ流れて行ってしまったのか、今日はなかなか見つかりません。
 加えているのは割れたドングリのようです。今日はこの1羽だけでした。M川ではメスも夏に見ているので何羽ものオシドリが夏を過ごしているのでしょう。

2012年10月 6日(土):ドングリ好き

エクリプスのオシドリ

 久しぶりの休みなので張り切って午前中に海へ行きましたが、大した成果はありません。
 気を取り直して、午後は歩いて川に行きました。河口までカルガモばかりです。
 M川からY川へ移った直後に、小さいカモに追い越されました。目の周りが白くて、クチバシが赤いです。まだエクリプス真っ盛りのオシドリのオスです。

川底からドングリを拾って食べる

 エクリプスと言う言葉は10月4日の絵日記で説明しました。
 写真を撮っていると、水中を探して頭を水に入れ、何か拾ってちょっと咥えていて、それから飲み込んでいました。すぐにドングリと気付きました。
 ドングリはオシドリの好物です。水が綺麗で見つけ易いようです。

もう1羽いました

 餌を取りながら上流へ泳いで行きます。付いて行くと上流にもう1羽いました。
 やはりクチバシが赤いエクリプスのオシドリのオスです。
 仲良しのようで一緒に泳ぎだしました。何とか2羽を1画面に収めようと粘って、数枚撮ることが出来ました。同じような夏羽ですが体格差が少しあるようです。

手前は食事中

 2羽一緒のところを撮っていたら、1羽がドングリを食べている写真も撮れました。
 結構速く泳ぐのでなかなか撮影も難しいです。
 本州の平地では夏はオシドリは見られません。こちらでは夏にはオシドリがいますが、こんな盛んにドングリを食べるのは初めて見ました。

2012年10月 5日(金):遠いカワセミ

たった1羽のコガモ

 3連休前で年休を取る人が多いせいかと言われましたが、受診者は少なかったです。
 天気も持っているので久しぶりに河口まで歩くことにしました。冬になるとコガモが増える川ですが、今日はこの1羽を見ただけでした。黒っぽいのでオスのエクリプスでしょうか。
 人馴れしていなくて、覗いたらぱっと飛び立って逃げました。

柔らかステーキ丼セット

 昼食は市民会館2階の稜雲亭湯の川店に入りました。
 家から近いので時々寄ります。写真は前にも紹介したと思いますが、ランチメニューの「柔らかステーキ丼セット(コーヒーかウーロン茶付き、890円)」です。
 団体客が入っていて大分待たされましたが、本当に柔らかいです。バターはよけます。

遠いカワセミ

 近所の川で久しぶりにカワセミが撮れました。
 橋の上から見たらイタドリの茎に止まっていました。隠れて魚を狙っているのでしょう。反対側から少し近づいて撮りましたが、とても遠くて66%縮小画像をトリミングしています。
 鮮やかさが足りない感じなので幼鳥かも知れません。

今日のアオサギ

 昨日と同じような場所にアオサギが2羽いました。
 アオサギが歩いてくるとカルガモがよけるのを初めて気付きました。カラスが近寄ってもカルガモはよけます。弱い立場なんですね。
 このアオサギが飛んだら、もう1羽も飛んでしまいました。

2012年10月 4日(木):幼鳥兄弟?

上流のアオサギ1

 予定より少ない受診者でしたが胃部検査が多くて12時半に終わりました。
 天気はやっと回復したので家内と川へ鳥見に行きました。干潮が昼前です。
 アオサギのよくいる橋の上流と下流にアオサギが1羽ずついました。こちらは上流にいたアオサギで、淡い色で冠羽も無く小柄です。幼鳥と思われます。

下流のアオサギ2

 これは橋より下流にいたアオサギで、先ほどのアオサギより少し大きい印象がしますが、やはり色が淡くて冠羽がありません。前にもここで2羽を見ています。
 小魚がいっぱいいるので満腹なのか、漁はしないで岸に上がっています。仲良しなのか無関心なのか近くにカルガモがいます。カルガモ3羽と一緒の写真も撮れました。

エクリプスのマガモのオス

 1羽目のアオサギを見た場所で、こちらの岸から水に入って泳ぎ去って行ったのが写真のカモです。周りはすべてカルガモで、コガモも来ていませんでした。
 マガモのメスに似ていますがクチバシが黄色です。派手な繁殖羽のオスが夏はメスのような姿になるのをエクリプスと言います。野生動物・野鳥編の「マガモの話」をご覧下さい。

帰りにもいたアオサギ3

 1羽目のアオサギは通行人に驚いて飛んで行きました。
 M川にはカルガモとカモメだけでした。ホシゴイは何処かへ行ってしまいました。
 買い物をして帰りに通ると、橋より上流にこの1羽だけがいました。さてこのアオサギは1枚目のアオサギか2枚目のアオサギか、それとも違うアオサギでしょうか?

2012年10月 3日(水):吹き抜けのカモメ

開店休業中

 昨日は予定の20%多い受診者で胃バリウム検査が終わったのは13時半過ぎでした。
 その噂が響いたのか今日は受診者が少なく、11時まで受け付けですが10時には写真のように開店休業状態でした。この部屋では受付から診察までで、採血などは別部屋です。
 今日は空いていますね、と覗いて行く職員もいて、明日は混みそうな予感です。

北側の吹き抜け

 健診先 の建物 の外観は 2009年10月6日の絵日記内部は同年10月5日の絵日記 にあります。その頃はワイドは35ミリ止まりでしたが、今のカメラは25ミリです。
 この写真は今日撮りましたが、昨日から昨夜は大雨警報が出て、このときも雨降りで暗いです。昨日の屋上庭園側の吹き抜けで、右端にパスポートの文字が見えます。

反対側の吹き抜け

 こちらは道路側の吹き抜けで、昨日撮ったので明るいです。
 ここには何度も来ていて、別の仕事で来たときに吹き抜けの中の渡り廊下を通ったこともありますが、この天井に何か装飾があるのは初めて気付きました。
 白い羽を広げたカモメのように見えます。

カモメのようです

 その装飾の部分をアップで撮りました。
 羽の先が黒くて、やはりカモメと思います。オオセグロカモメかウミネコかは判りませんが、港町には合うイメージです。なかなかお洒落と思いました。
 カモメは市内ではどこでも飛び回っていて、カラスより目立っています。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について