別館


写真絵日記


2012年 7月28日(土):函館は涼しいですよ

昼で27℃

 今週は一日の仕事時間や移動距離が長く、かなりきつい感じでした。
 休みはのんびり過ごしました。今の壁の電波時計は気温と湿度が表示されますが、27.3℃湿度は70%です。湿度は高いですが、窓を開けて風を通しているので涼しいです。
 今日の函館の最高気温は29℃、札幌が32℃だったそうです。

霧が出ていて風もあります

 車でM川の河口付近に行き、川沿いの遊歩道を歩きました。
 霧で風景がぼやけています。風もあってとても涼しく感じます。
 フラミンゴはいないかと冗談で探しましたが、まだ紋別でしょうか。満潮時間に当たって水鳥はカルガモやカモメくらいしか見られませんでした。

カワラヒワ1

 2枚目の写真の対岸を歩いていると、いつもこの辺にたくさんいるカワラヒワが2羽、近くの木の上に止まりました。北海道では殆どが夏鳥です。
 まるで撮ってくれと言っているようで、遠慮なく撮りました。田んぼの間の川の周囲にもいっぱいいますが、なかなか近寄れません。足を別々の枝に置いています。

カワラヒワ2

 少し離れた違う枝に止まった別のカワラヒワです。
 尻尾の先が割れていて、顔つきもアトリの仲間ですね。
 知り合いのカメラマンさんに会いましたが、○イサギが3羽草刈りの音に驚いて上流に飛んで行った話や、今日見た猛禽類の話をしてくれました。

2012年 7月27日(金):トマトそば

広告無し塗装812号

 函館市内での健診ではバスは五稜郭地区のスタッフの泊まるホテルにあります。
 そこまで毎朝家内に車で送って貰うのですが、電車線(市電が走る道)を通るので助手席から窓越しに市電の写真を撮っています。
 相変わらず広告無しで走っている812号です。なかなか渋い色合いです。

トマトそば

 今日は4カ所で健診で、その内1件は運送会社で昼休みの時間指定です。
 遅い昼食は上磯のトライアルに車を置きましたので、向いののとやに行きました。
 「夏のおすすめ」の「わさび葉がアクセント、女性に嬉しいデザート付き」の「This is トマトそば なう 880円」を頼みましたが、私には酸っぱ過ぎました。

すしまるは税別100円に

 先週すしまるに行ったときに、全皿税別100円になるので、ポイントカードは使えなくなると教えられ、ポイントを数えて2,000円分と書き込みをしてくれました。
 上磯のトライアルにはすしまるが入っているのですが、税別100円と書いてあります。消費税5%の今は多分1皿105円だと思います。前は税込120円でしたから値下げになります。

霧の中のオオハンゴンソウ

 16時までの最後の仕事は北斗市のレンタル会社です。終わるとスタッフはバスをホテルに置いて、JRで札幌に帰ります。
 私は家内に迎えに来て貰い、田んぼに鳥見に行きました。濃霧注意報が出ています。時間的に良さそうですが、ゴイサギもアオサギもいなくて、オオハンゴンソウを撮りました。

2012年 7月26日(木):暑い暑い〜

知内温泉

 今年初めて知内温泉に泊まったと思います。
 写真はバスの駐車場から知内温泉の建物を撮りました。左側の白いコンクリート製の建物が、前は木造でした。
 左側の茶色い建物に泊ります。こちらの2階には洋室がいくつかあります。

発電所の健診会場

 知内の火力発電所は夏は殆ど来ていると思います。冬は2月14日に行きましたが受診者が少ないので日帰りでした。これと同じような写真を絵日記に使っています。
 時々書きますが25ミリのワイドと言うのは威力があります。前のカメラは35ミリでした。晴れて来たのでとても暑いです。最高気温は29℃だったようです。

海越しの函館山

 午後一は木古内町の公民館での合同健診です。顔なじみの受診者が多くて、暑いですねと、つい愚痴をこぼしました。
 もう1ヵ所函館市内で健診があるので急いで戻ります。
 木古内町から高速の始める茂辺地まで海沿いを走ります。函館山が見えて来ました。

函館江差道

 函館江差道は大分延伸されて、今は茂辺地と言うところまで行けます。
 その辺りは杉林の中を走り、田んぼの上の高架道路とは印象が違います。
 今回の出張は地方の温泉旅館に3泊で、風邪が治っていないので辛いところがありました。正直函館へ帰ってほっとしています。

2012年 7月25日(水):松前の活イカ売り

お城と共通の駐車場

 昨夜は松前の老舗の温泉旅館に泊りました。来るのは年に1〜2回くらいです。
 格式もあってお洒落なところもあるのですが、和室和布団が馴染めません。共同トイレも嫌ですね。駐車場は松前場の駐車場と共通です。雨は降り続いています。
 今日は知内温泉に泊ります。秘湯ですが洋室で部屋にトイレがあります。

活イカ売り

 朝一健診が福島町の電力会社なので7時集合です。
 バスのところにいたら、拡声器で「イカーイカー」流しながら軽4輪トラックがやって来ました。行商の朝イカ売りです。「活イカだよー」とも言っていました。
 函館名物のように言われていて、家の方にも時々来ます。

フラワーポッド

 午前中2ヵ所目は昨日と同じ知内の発電所です。着いた頃は巨大な煙突の先端が霧の中で見えなかったのですが、昼には雨も上がり見えて来ました。そうなると暑いです。
 会場の玄関に2個のフラワーポッドがあり、花が咲いています。昨日見たときに気付いたのですが、これは漁業で使う浮き球ではないでしょうか。デザインも少し違います。

元祖しりうち焼きそば

 昼食は昨日と同じ店です。写真の「当店一番人気です。かき・にらのあんかけ焼きそば(牡蠣なしも可)」を、昨日食べたスタッフに聞いたら牡蠣は3個だったそうで980円です。
 頼んでみたら大きいお皿にいっぱい乗っています。右のレンゲと比べて下さい。牡蠣や肉や白菜などを拾い出して食べ、半分くらい残して、店員さんに謝りました。

2012年 7月24日(火):心を込めて営業中

発電所でも節電中

 今日から3日間は午前中に知内の火力発電所に健診に行きます。
 いつもの場所に診察ブースを作ったのですが、とても暗いです。
 天井を見ると窓側の蛍光灯はすべて外されていました。発電所だから電気は使い放題ということは無いですが、思ったより暗いので老眼鏡を使う羽目になりました。

心を込めて営業中

 午後は松前町の合同健診で、昨年は江差から来た場所です。今夜は松前に泊ります。
 昼休みは知内町の道の駅に併設された農村活性化センターの食堂に行きました。2年くらい前に代替わりして、木古内町の水産会社が運営しています。
 食事処ヤママルと言う名前で、週替わり定食があります。

カキフライ定食750円

 1,400円のうに丼にも食指が動いたのですが、うに丼なら厚沢部のドライブインでもう少し安く食べられます。
 結局750円のカキフライ定食を頼みました。大きいカキは5個あり、中心は熱が通してない感じでクリーミーです。ご飯は小盛りですよ。他に頼んだ人たちの評判も良かったです。

1,400円のうに丼

 それでもうに丼に未練があったので、注文したK邉さんのうに丼を撮らせて貰いました。テーブルが暗いので周囲が黒っぽくなってしまいましたが、美味しそうです。
 うには別折りに入っている訳ではなく、最初から丼に乗っています。
 明日また立ち寄るかも知れません。どうしましょう。

2012年 7月23日(月):6時15分集合

6時05分の市街地

 先週から函館へ来ている電力会社の健診が中心のバスに、今日から乗ります。
 初日の今日は6時15分集合です。朝一は北斗市の電話関連の電気工事会社の7時からの健診です。5時15分に起きて、家内に車で送って貰いました。
 6時5分撮影です。市電はまだ動いていません。遠くには街灯が点いています。

江差道から見た函館山

 昼前に合同健診が1ヵ所あり、受付終了時間過ぎに来る人もいて、昼休みは50分でした。
 午後に役所の健診を一件行い、15時半に函館を離れて今夜の宿泊地である知内温泉を目指しました。写真は函館江差道を走行中に撮った函館山です。天気が回復しました。
 高速道路を走りながらも、田んぼのゴイサギを探しましたが見えませんでした。

宿の窓から見た大きいクリの木

 知内温泉は毎年何日か泊まっています。今日は 日本秘湯を守る会での紹介ページ をリンクします。800年の歴史のある温泉です。
 17時15分に宿に着きました。朝集合してから11時間丁度かかっています。
 部屋の窓の外には大きいクリの木があって、花が満開です。

HX008ZTで接続

 部屋に入ってすぐWILLCOMの HX008ZT でネット接続をしました。
 最初の頃に絵日記でHX006ZTと書いていましたが間違っていました。ソフトバンクの携帯電話の圏内なら、ほぼ実用的な速度でネットに繋がります。
 秘湯でも奥尻島でも特急車内でも接続出来るので心強いです。

2012年 7月22日(日):アオサギ飛んだ

六花亭五稜郭店の窓から見た五稜郭公園

 贈り物を買いに 六花亭 五稜郭店へ行きました。独立した店舗は函館ではここだけです。売り場の背後はガラス張りで、五稜郭公園に面しています。
 店内は外より大分暗いので、「夏見舞」の文字も読みがたいし、画面中央のお堀の水は真っ白に写ってしまいます。辛うじてお堀を渡る橋が見えると思います。

リレー列車の高架

 昨日壊れてしまった外付けHDを修理に出し、そのまま鳥見に行きました。
 1年前にも取り上げた 新幹線の木古内から新函館駅へ向かう線路の高架が、殆ど繋がっています。
 北海道新幹線函館開業 は2015年度で、もう4年です。

アオサギ飛んだ

 鳥見は撮れたのはヒバリ、キジバトとアオサギ位です。ゴイサギは見ませんでした。
 アオサギはたくさん見ましたが、昨年は見たダイサギは今日も見られません。
 こちらは比較的近くにいたアオサギが、カメラを出したら飛んだので、珍しく飛び物狙いをした1枚目です。小さくしか撮れていないのでトリミングしています。

飛んでいるアオサギ

 すぐには離れなかったので、もう1枚撮りました。
 かなりぶれていて、少し傾いていたのは編集で直しました。
 初めから飛び物を撮る気ならカメラを高速シャッター速度にして狙ったのですが・・・。田んぼに立っているアオサギばかりでは変化が無いですから。

2012年 7月21日(土):遠過ぎるカワセミ

もう実が赤くなって

 最高気温20℃の予想で、風も強く時々曇って今日も寒いです。
 今日は車は使わず歩いて川へ行きました。河口近くの公園の端に大きいハマナスがあって、絵日記にも何回か登場しました。
 もう花は少ししか咲いてなくて、実の一部は赤くなっています。

とても遠いカワセミ

 昨日3羽カワセミを見て、2羽撮れたM川に回ると、遠くの水面で時々水煙が上がります。
 目をこらして見ると、石の上にカワセミが乗っています。
 600ミリで撮ったノートリミングの写真に、黒枠に入れた50%縮小画像を重ねます、派手な矢印の先にカワセミがいますが、肉眼でやっと判った距離でした。

水浴びするハクセキレイ

 昨日カワラヒワが水浴びしていた場所は、引き潮のときは水量の少ない浅瀬になります。
 今日は幼鳥でしょうか、色の薄いハクセキレイが交代するように飛んで来て、水浴びをしていました。気温はお構いなしなんですね。
 派手に水しぶきを上げている写真もあるのですが、それでは顔しか見えません。

一人っ子

 今治りかけですが今回風邪を引いて初めて遠距離を歩きました。
 帰りは市電を使うことにして、Y川をさかのぼると一人っ子のカルガモ親子が泳いで来ました。写真を撮っていたら草の中に身を隠しました。大事な一人っ子です。
 川では内も外も、盛大に草刈りをしていて、鳥には住み難いかも知れません。

2012年 7月20日(金):久しぶりのカワセミ

浅瀬のカワラヒワ

 歩いて川へ行く予定でしたが、外へ出てみると寒い!。車で河口まで行きました。
 夏枯れかS川はカルガモだけ、M川で遠い対岸のカワセミが撮れました。支流のY川にはカワラヒワは数羽ずつ飛んで来て、浅瀬で水浴びなどしています。
 狭い川なのでオスとメスの違いも判りました。手前がメスで向こうがオスです。

オスのオシドリのエクリプス

 M川は広くて両岸の遊歩道を歩きます。私が車を移動させている間に橋を渡って先行していた家内が、オシドリが2羽いると教えてくれました。
 写真はこちら岸にいたオシドリでもう完全なエクリプス(夏季にオスがメスのような姿になること)です。クチバシが赤みがかっていてメスと区別できます。対岸のはメスでした。

白いチョウを咥えるハクセキレイの幼鳥

 顔見知りの望遠レンズ付きのカメラを持った男性に家内がレンズは何ミリか聞かれました。504ミリになると私が答えました。聞かれなかったけど私のは600ミリですと言いました。
 対岸でハクセキレイの幼鳥がいました。カメラで見ると白いチョウを咥えています。何枚か撮りましたが、落ちていたチョウを拾ったようです。結局食べてしまいました。

隠れるカワセミ

 今日は上流の橋の先のスーパーの傍まで川岸を歩きました。
 飛んで来たカワセミが川岸の柳の木の中に入りました。よく探すと隠れているところが判りました。ひざまずいて手すりの陰から、風で動く葉の間から撮った写真です。
 この後少し離れた場所に飛んで行き、魚も獲っていました。

2012年 7月19日(木):水鏡

橋は撤去されました

 札幌一泊出張で2日減ってしまいましたが、仕事が休みの週です。
 久しぶりに北斗市大野の八郎沼に行きました。4月21日の絵日記 で雪の重みで壊れた橋をお見せしましたが、その後撤去され、再建は来年秋とのことです。
 赤い大きいスイレンも白い小さいスイレンも例年より花が少ないようです。

赤い橋の水鏡

 島をつなぐ赤い橋は絵になります。本当に絵を描いている男性がいて、画面を見せて貰いました。同じような構図で写真を撮りましたが、やはりスイレンの花が淋しいです。
 花を訪ねて に「大野町八郎沼公園のスイレン」がありますが、2002年6月22日の撮影でした。ウシガエルも登場します。10年前になるんですね。

ノートリミングのアオサギ

 帰りに田んぼを通りました。
 ゴイサギをよく見る方に行ったのですが、ゴイサギどころかとても遠くにアオサギを1羽見ただけでした。600ミリ相当で撮っています。ノートリミングでは遠さが判ると思います。
 拡大すると胸の部分の羽繕いをしています。

オオハンゴンソウ、咲き始め

 あちこちでオオハンゴンソウが咲き始めています。大群生は見事です。
 オオハンゴンソウは北アメリカの原産で、日本には園芸植物として明治時代に導入され、現在は「外来生物法」により,特定外来生物に指定されています。
 円山公園では毎年抜いているそうですが、生命力は抜群です。
 後程、HTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道・花情報 に似た写真を投稿します。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について