別館


写真絵日記


2012年 6月28日(木):銭の函

札樽道版キツネ注意

 6時45分出発で、ホテルからでは地下鉄でも間に合わないので、タクシー代が出ます。
 行先は小樽市の札幌寄りにある銭函(ぜにばこ)の木材関連会社の銭函工場で、合板、集成材、内装パネル、木製窓などの住宅関連部材を製造しています。
 札樽道だけ(多分)にあるキツネの絵柄で、背景の色違いの動物注意標識です。

銭函の絵柄入りの交通安全旗

 町中の踏切で停止していたときに、車の近くのこの旗に気付きました。
 尻切れトンボになっていますが、北海道の旅 に「交通安全」と言うページがあります。
 この旗は初めて見ました。下段の銭函連合・・の文字の前にある絵が「銭函」です。にしんで栄えた頃にはどこの家にも、銭でいっぱいの箱があったそうです。地名の由来です。

健診会場

 健診会場は工場の2階で、写真のようにドアや階段などの色々な物が作って展示してあります。ちょっと風変わりな感じです。
 来る途中で思い出しましたが、数年前までは何度も来たことがあって、昼を挟んでの健診でした。今は胃部車2台、心電図2台で対処して、昼頃には終わりました。

金山SAの野菜カレー

 午後は札幌市内で健診でしたが、遅れていた胃部車とデータ合わせをするために、昼休みは金山サービスエリアで取りました。久しぶりに立ち寄りました。
 食堂では新メニューと書いて、写真の野菜カレーがありました。見えている固形物はすべて野菜です。思ったより辛口でした。750円の値段は場所代込み?でしょうか。

2012年 6月27日(水):夏になりました

青空

 昨日と今日の午前は西区宮の沢の印刷会社の3日目と4日目の健診です。一般健診と有機溶剤や騒音の特殊健診付きで、予定表にあったVDT健診は先週終わっていました。
 市の中心部を挟んで反対側になるので、朝早く市内の高速道路を通って行きます。札幌ジャンクションの近くで、印象的な青空を撮りました。札幌は今日は27℃ありました。

新川インター

 健診先は手稲インターより手前なので、市内均一料金区間の最終出口の新川インターで札幌新道に降ります。正面の山はテレビアンテナの林立する手稲山です。
 冬の雪の積もった写真をよく絵日記で使いましたが、最近は北海道は暑いです。昨日は道北の名寄市などでは真夏日になりました。まだ6月なのに夏になりました。

耳の折れた木彫りのエゾリスのストラップ

 写真の木彫りのエゾリスの携帯ストラップがお気に入りで、顔が皆違う話や、耳が折れた話を今までに絵日記に書きました。
 このエゾリスは大事に使っていて、もう2〜3年は両耳が健在でしたが、午後の健診先で片耳が無いのに気付きました。センスが良いとよく誉められますが、引退させます。

今週初めて見た新塗装の市電

 一昨日の夕方、すすきの電停の近くに、初めて見る三井ホームの宣伝塗装の市電222号がいました。走行中を撮ったのですが、自動車と重なった写真になりました。
 昨日同じ条件でまた見て、今度は撮れました。2×4(ツーバイフォー)注文住宅No.1と前後左右に書いてあり、鮮やかなデザインと思います。背後は泊まっているホテルです。

2012年 6月26日(火):オシドリの池2012

泳ぐメスの成鳥2羽とオシドリのヒナ3羽

 昨年9月21日の絵日記は「オシドリの池」 でした。今年は情報が全くないのですが、いればヒナがかえっている時期です。今日は仕事が少し早く終わりました。
 地下鉄東豊線と東西線を乗り継いで、円山公園に16時に着きました。神社の奥側の池にはメスのオシドリ2羽と3羽のヒナが泳いでいました。凄く暗い場所でISO 3200で撮りました。

岸のオシドリ一家

 帰りにもう一度寄って見ていると、アカシアの花(多分)が岸辺に落ちている場所に上がって来ました。初めはお母さんは鳴いてヒナを池に追っていましたが、自分も食べ始めました。
 もう1羽のメスの成鳥は(カルガモのように)お母さんの姉妹なのか、それとも子を亡くしたメスなのか、答えは判りませんが辛い事件があったのかも知れません。

オシドリのオスの成鳥2羽とメスの成鳥2羽

 神社から離れた道路側の池には、驚いたことにオシドリのオスの成鳥2羽とメスの成鳥2羽が群れになって泳いでいました。常連さんのような人が餌を投げ与えていました。
 オスは少しエクリプスが始まっていますが、まだみっともないと言う程ではありません。
 昔はオシドリの溜り場でしたが、何年も姿を見ず、昨年一気に増えました。

言い寄るオス

 この群れのメスは育児に失敗してヒナを亡くしたのか、またはまだ繁殖・産卵をしていないのか、どちらにしても時期的にはまだチャンスがあります。
 オスは写真のように顔をくっつけて言い寄っているようでしたが、メスは熱心には相手をしないようです。オシドリファンの女性が、昨年はあんなにいたのにと嘆いていました。

2012年 6月25日(月):幼鳥かな

国道12号線の霧

 昨日のお昼頃までは今日の札幌の天気予報は快晴でしたが、夕方頃には午前中は曇の予報になりました。直前に訂正されることはよくあります。
 起きたら窓の外は霧でした。写真は白石区内の国道12号線の霧の写真です。
 こんな時は気温も上がりません。

昼頃からは快晴です

 午前午後共にさる通信関連の会社の、厚別区にあるビルの健診でした。10数年産業医をしている関係で、健診会場の5階の窓から何が見えるか判ります。午後は快晴になりました。
 写真は厚別通と言う道で、遠くに見えるのは札幌の市街地です。右の方には札幌駅のあるJRタワーが見えています。こんな快晴は久しぶりです。札幌は昨日も晴だったそうです。

幼い体型ですね

 昨日の絵日記で子育て中のノビタキのペアを取り上げました。「幼鳥らしいのも撮れましたが次回にでも」と書きましたが、今日はネタ切れなのでその写真を2枚使います。
 父さんと母さんが鳴いていたわけですが、その後この鳥が飛んで来て、交通標識の上に止まりました。初めは単にメスと思っていたのですが、体型がすごく幼い感じがします。

鳴いていましたが餌は貰えなかったよう

 ピーピー鳴いていましたが、私たちの車が近くにいたせいか餌は貰えませんでした。
 右足は丁度上げたところと思います。
 昨日の絵日記の親の姿と比べると、明らかに幼児体型と言うか、頭が大きくて胴が太くて短いですね。ノビタキの成長は早いそうで、秋には津軽海峡を越えねばなりません。

2012年 6月24日(日):ノビタキ子育て中

獲物を探すゴイサギ

 昼前に田んぼに行きました。
 昨年はゴイサギを見ていてカーナビに印が付いている近くで、田んぼで漁をしているゴイサギを見つけました。お腹が空いているのか、近くに車を停めても気にしません。
 しばらく見ていましたが、空振りを何度かして、獲物は獲れませんでした。

虫を咥えたノビタキのメス

 途中で虫を咥えたノビタキのメスが、看板に止まって、大声で泣き続けていました。
 幼鳥にあげようとしているのでしょうが、幼鳥は来ませんでした。私たちの車が近くに停まっているのを、幼鳥は気にしているのかも知れません。
 咥えている獲物は羽の生えた小さいハチのようです。

顔黒のオス

 虫を咥えて鳴き続けるメスの側に、オスのノビタキが何度も飛んで来ました。
 餌は持っていないようでした。心配で見に来た感じです。
 ノビタキのオスは夏羽では顔が黒くなって、顔黒として人気があります。北海道では珍しくもない夏鳥で、原野や畑でよく見られます。幼鳥らしいのも撮れましたが次回にでも。

何か咥えるヒバリ

 ヒバリもとてもたくさんいます。
 案外人を気にしない愛想好しもいて、このヒバリは車の近くのあぜ道でずーっと猟をしていました。時々何やら大きいものを地面から引っ張り出して食べています。
 獲物は目や手や尻尾もあるように見えます。何かの幼虫でしょうか。

2012年 6月23日(土):オオヨシキリですか?

オオヨシキリ1

 朝、明日からの札幌出張の荷物を宅急便で送るため近所のコンビニに行きました。
 車でそのままM川の河口へ行ってみました。コチドリが対岸で追いかけたり逃げたりしていて、たくさん撮れましたが、枚数の関係で今日は割愛します。
 Y川合流部の対岸に止まった多分オオヨシキリで、ぼーっとしているようでした。

オオヨシキリ3

 対岸に車を置いて遊歩道を歩いていると、例によってカワセミに追い越されました。
 オオヨシキリが飛んで来て枝に止まるところが判って、こちらで2羽撮れました。
 最後に撮ったオオヨシキリ(多分)3です。
 ウグイスの仲間やコヨシキリと似ていて、オオヨシキリと言う強い自信はありません。

カラスを威嚇する母さんカルガモ

 一度家に帰って、昼頃から歩いて川へ行きました。
 カルガモのヒナとカワセミを探すのが目的です。
 家から1キロばかり下った下流にヒナが5羽のカルガモ一家がいました。川を上って来たので一緒に歩いていると、カラスが一家に近寄りました。口を開けて威嚇する母さんガモです。

5羽のヒナ

 カラスがそばにいないときは、ヒナたちはばらけて、すごいスピードで泳いだり歩いたりしていますが、危険が迫ると母さんの周りに集まります。
 母カルガモがカラスを追い払って安全になりました。揃って泳ぎだしましたが、5羽がかたまるのは危険が迫ったときだけのようです。

2012年 6月22日(金):まだまだいました

まだまだいましたオオハクチョウ

 8週ごとの受診日です。肺の方は落ち着いているようで、次回は8週後になりました。
 天気予報は曇ですが晴れ間も見えるので、田んぼに鳥見に行きました。今日は行きに高速道路を通って、帰りに田んぼを通りました。
 心配なことに6月17日もいたオオハクチョウがまだまだいました。

遠いゴイサギ

 アオサギもオオジシギも見ましたが愛想無しです。
 遠いあぜ道にゴイサギが1羽たたずんでいましたが、車を降りたら飛んで行ってしまいました。逃げないゴイサギには再会できません。
 ゴイサギの後頭部の白いものは冠羽です。怒っている訳では無いと思います。

大きく撮れたコチドリ

 車を停めて周りを見ていたらコチドリが飛んで来て、とても近くに降りました。
 地面にしゃがみ込んだりしていましたから、近くに巣があって、自分に注意を引いていたのかも知れません。
 立って歩いている方がコチドリらしいですね。歩行はとても速いです。

ノビタキのメス

 田んぼの間の野原や畦道の脇の草原にノビタキがたくさんいます。
 今日は顔黒(がんぐろ)のオスも撮りましたが、遠かったです。
 メスは車の中から何枚も撮れました。目が円くて可愛いです。こちらを向いて口を開けている写真を、別館のトップ写真に更新しました。

2012年 6月21日(木):6年前の写真

17日のエゾスカイユリ写真

 明日が受診日で、今日は勤務を要しない日ですが、一日雨で写真は撮れません。
 6月17日の絵日記で上ノ国町で撮ったエゾスカシユリの写真を使いましたが、こちらはお蔵入りなっていた同じ日の別の写真で、今日のネタ切れのために日の目を見ました。
 このように花弁の付け根に隙間があるのがスカシユリ(透かし百合)です。

白糠海岸のスカシユリ

 こちらは2006年7月11日に白糠町の道の駅で撮った写真で、同日の写真絵日記で使い、更に2006年度の壁紙プレゼントに入れた写真です。
 クリックすると別ウィンドウに1024×768ピクセルで表示されます。
 霧の海岸で撮ったというシチュエーションが気に入っています。

1366×768ピクセルの2006.7.11の写真

 この写真は同日の北海道花情報に投稿した写真の再トリミングです。クリックすると1366×768ピクセルの写真が別ウィンドウに表示されます。
 投稿した写真は 花を訪ねて の2006年度北海道花情報投稿写真自選集に載せてあります。ちょっとこり過ぎの感がありますが、自分のPCの壁紙用に作りました。

白糠海岸の2輪

 昔の絵日記は400×300ピクセルの写真が標準でした。
 これも2006年7月11日の絵日記で使った写真を、今と同じ600×450にリサイズしたものです。写真は大きい方がずっと見応えがあります。
 「透かし百合」の状態がよく判ります。

2012年 6月20日(水):うにあわび丼

中庭で樹木の処置

 今日は台風4号の強い風が吹きました。雨はさほどではありません。
 健診会場の中庭の樹木が、強風にあおられて支えの台が抜けてしまいました。飛ばされそうになったので、職員の方たちが他の木とまとめて縛っていました。
 健診は昼前に終わり、スタッフは伊達市に移動して医師も交代します。

道の駅もんじゅのレストラン

 そんな風雨の中を家内が函館から迎えに来てくれました。2時間近くかかりました。
 お礼に昼食をご馳走する約束でしたので、昼食は 上ノ国町の道の駅〜上ノ国もんじゅ のレストラン、グルメブティックもんじゅ に行きました。
 窓からの眺望が素晴らしくて、この崖にはエゾカンゾウが咲いています。

うにあわび丼

 上ノ国町の道の駅やレストランについては 昨年6月28日の絵日記「もんじゅにて」 をご覧ください。活あわび丼の写真や説明があります。
 今年初めて入ったので、うにあわび丼(2,400円)は初対面です。早速注文しました。うに丼は2,000円です。うにとあわびが乗っているのですから、味は「言わずもがな」です。

雨の田んぼのアオサギ

 帰りは私が運転しましたが、渡島中山峠を越えて北斗市に出るころには雨も小降りになり、風もないで来ました。時間も早いです。
 いつもの田んぼのコースを通って函館へ帰りました。ゴイサギは見られませんでしたが、アオサギは結構いました。天気が悪いせいもあってか「愛想無し」です。

2012年 6月19日(火):イカ刺し定食

並んだ3台の健診バス

 今日から健診バスは、中央のエコー車が加わって3台体制です。
 健診項目にも眼底カメラと腹部超音波が追加されています。
 11時頃に仕事が終わった頃に撮りましたが、明日は台風の雨の予報なのに、空は明るく風も強くはありません。最後尾の19号車が胸部X線車でスタッフが10人乗れます。

繁次郎の店のイカ刺し定食

 データや発送荷物の整理のためにかもめ島の駐車場に行きました。
 まだ11時頃で早かったのですが、朝食を食べたのは5時半頃です。お腹も空いたので繁次郎の店に行きました。
 活イカは入らなくて朝イカのイカ刺し定食(700円)がおすすめと言われました。

しょうがを乗せ醤油をかけます

 船の生簀に入れて港まで運び、店の水槽で泳がせているのが活イカです。釣れたらすぐ氷の上に並べて、朝に港に上げたいかを朝イカと言います。これもこりこりしています。
 イカゴロは食べられませんが足は希望すれば付けてくれます。すった生姜を乗せて醤油をかけて食べると美味しいです。活イカ刺し定食(1,000円)はこちらの絵日記 でどうぞ。

ファイターズのマスコットB・B

 おばさんがB・Bが来ていると教えてくれ、女性スタッフが見に行きました。プロ野球の日本ハムファイターズのマスコットキャラで、正式名はブリスキー・ザ・ベアーです。
 今夜ファンとの催しがあって、昨夜はホテルに日ハムのバンが置いてありましたから泊まっていたのですね。店を出たらまだいたので、撮らせて貰いました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について