別館


写真絵日記


2013年11月26日(火):午前6時45分集合

午前6時39分

 朝が早い仕事ですが今朝は6時45分集合でした。今週は他に7時が1回、7時15分が2回、一番遅い日で7時45分です。松前城のそばのホテルで5時45分に起きました。
 健診先は隣の福島町の会館で、砕石工業などの合同健診です。写真を撮ったのは6時39分で、まだ暗いのでバスは室内灯を点けています。駐車場の背後は松前城です。

福島町の道の駅にて

 福島町での合同健診がスムーズに予定より早く終了しました。時間調整と言っていますが、福島町の道の駅〜横綱の里ふくしま で少し休みました。
 ここには生産量日本一を誇るスルメイカを販売する物産センターがあり、こんな看板が立っていました。上には「横綱するめ」、下には「部屋」と書いてあります。

青空です

 次の健診は木古内町の製材所でした。ここも毎年来ていて、予定より早く終わりました。
 午後は明日の仕事先の伊達市に移動するだけで、健診はありません。昼食は荷物の発送も考えて函館へ戻ることになり、上磯ダイエーに行きました。
 今日は天気は回復して昼はこんな青空が見られました。

醤油めんたいうどん並

 ここでの昼食はいつも 伊予製麺 ダイエー上磯店に入ります。伊予製麺も道内で9店に増えましたが、函館市内に 丸亀製麺 が2店出来て、こちらは少しご無沙汰気味です。
 醤油めんたいうどん(冷、並、380円)です。野菜かきあげは130円です。
 伊達市に着くころには再び雨が降って来ました。明日は雪かも・・

2013年11月25日(月):ユリカモメの壁紙

見てくれない

 朝はさるトラックのデーラーで、その後昼またぎで15時までよく借りる会館で合同健診でした。終ったら松前へ移動、明日以降も伊達、室蘭、苫小牧と毎日宿泊地が変わります。
 健診会場の待ち椅子に「ここから順にお掛け下さい」の紙を下げるのですが、気付く人は殆どいません。たいてい近くの椅子に座ってしまい、余り役に立っていません。

まぐろ三昧200円

 今日の会場は昭和タウンプラザに近いので、昼食は11月20日と同じ すしまる に行きました。午後からは大荒れの予報です。
 松前への移動は暗くなりかけた雨天で、こういう日は絵日記ネタに困ります。ホームページには書いてありませんが「まぐろ三昧」は赤いお皿で、すしえもんと同じく200円です。

川で休むユリカモメ

 そんな訳で?昨のユリカモメの写真の壁紙を見て下さい。サイズは1366×768ピクセルで、ファイルの容量は150キロバイト弱です。写真のクリックで別ウィンドウに表示します。
 性格のきつい鳥だそうですが、見かけはとても可愛いです。もし他のサイズでご希望がありましたら、掲示板へでも貼りますのでご連絡ください。

2013年11月24日(日):ユリカモメがいっぱい

乱れ飛ぶユリカモメ

 今週は明日から雨が続き、週末は雪も降る予報ですが、今日は快晴です。
 ユリカモメがたくさん集まっているだろうと、北斗市上磯のH川に行きました。ここではサケの卵を食べ、越冬もしているらしいことを 野生動物・野鳥編に書きました。
 川に近付くと鳴き声が煩いです。盛んに川にダイビングしていました。

浅瀬で休むユリカモメ

 サケの堰(せき)に近い橋の方では数えきれないほどのユリカモメが乱れ飛んでいます。
 休むのは川下の国道の橋の近くの浅瀬です。帯のように並んでいるので壮観です。
 他のカモメに比べて小柄で丸々しているので、見かけはマシュマロを並べたように可愛いですね。このすぐ後ろをオオバンが1羽うろうろしていました。

カワアイサのオス(左)とメス2羽

 カワアイサは多分6羽見たのだと思います。
 左がオスで右の2羽がメスです。オスとメス2羽は少し離れて岸辺にいたのですが、メスが泳ぎだしてオスの方に行き、もう1羽のメスはカモメの幼鳥に追われてこちらに来ました。
 この他にメスだけ3羽の群れが川の中で漁をしていました。

Pinoのアサリ貝のバジルクリームスパゲッティ

 移動地中のハクチョウやマガンがいないか、七飯町峠下の レストラン Pino(絵日記) まで、農耕地を通って行きましたが成果は無かったです。
 Pinoのアサリ貝のバジルクリームスパゲッティ(840円)で、こう言うのが私の好みです。
 近くの七飯岳の湧水を、10Lポリタンク8個汲んで帰りました。

2013年11月23日(土):この冬初のコクガン

風に向かって

 風が強くて、時折雨も降る暗い日です。たっぷり朝寝をして遅く起きましたが、干潮が昼頃なので下海岸(戸井恵山方面の海岸)にコクガンを探しに行きました。
 1か所の港で10羽の群れを見つけましたが、泳いで遠ざかって行きました。
 風が強い日はカモメは風に向かって立ちます。1羽飛んで来て群れに加わります。

吹き溜まりの5羽

 次に別の港で見つけたのは5羽の群れでした。
 風が強くて波が高いので、外海の海岸では餌が採れません。コクガンは草食系で海草などを食べます。こんな日は港の斜路で餌を採っていることが多いのです。
 強風で吹き溜まりになった港の隅で餌を食べています。

餌をくわえる

 コクガンについては 野生動物・野鳥編に何篇かまとめてあります。詳しいことはそちらを是非ご覧ください。首に白いレースを巻いたような模様があります。
 マガンなどと同様に国の天然記念物に指定されていますが、日本での越冬数はずっと少なく、最大の越冬地の函館近海で1,000羽余りと思います。

クチバシから餌が垂れている

 港内でも風が強くて波も高く、波に揺られているので撮りにくいです。車を全然警戒していないので、車内から大きく撮れました。ノートリミングの画像です。
 家から車ならすぐ近くでコクガンの群れが見られます。ここ数年は見慣れてしまって年数回しか行かないのは贅沢ですね。露出補正をしないと顔が真っ黒になってしまいます。

2013年11月22日(金):カワアイサのオスも

ほうれん草とベーコンのジェノベーゼ

 今日はお昼で健診が終り、スタッフはJRで札幌に帰ります。
 終了時に家内に迎えに来て貰い、昼食は久しぶりにゆであげ生スパゲティ ポポラマーマ 函館美原店(MEGAドン・キホーテB1F)に行きました。ランチメニューから選びました。
 ほうれん草とベーコンのジェノベーゼ(サイドメニュー1品付で690円)です。

ここではこの冬初めてのカワアイサのオス

 MEGAドン・キホーテ(元の長崎屋)とケーズデンキで買い物をしましたが、まだ13時過ぎです。時折小雨がぱらつくので遠出は止めてM川に行きました。
 17日の絵日記にカワアイサのメスをここで見たことを書きましたが、今日はオスだけが1羽いました。明るいと頭は濃い青緑がかって見えるのですが、これでは黒頭です。

川の中央近くのダイサギ

 始めM川を覗いたときには上流にダイサギがいました。車を回すと下流に移って、川の中央の浅瀬の上を歩きながら漁をしていました。
 カメラを持って見ているのが気になるようで、対岸側に離れて行きます。川岸の草が面白い様子に映り込みました。手前にいるのはカルガモです。

サケを食べるオオセグロカモメ

 M川にはよくサケが遡上して来ます。川を間違えているのだと思います。
 死んだサケのことをホッチャレと言いますが、鳥や魚などの餌になります。ここでは浅瀬のホッチャレをオオセグロカモメが食べていました。
 函館で仕事が終ると、移動が無くて時間が有効に使えます。

2013年11月21日(木):こんなに違う

朝の五稜郭公園前電停

 今朝は昨日より丁度1時間遅い8時15分集合でした。これは楽です。
 近所の競馬場前電停から五稜郭公園前電停まで、市電の線路をのある道を通ります。今日も不安定な天気で虹が出ていましたが、写真にすると色が薄かったです。
 五稜郭公園前電停で、両方向の市電が停まっています。

西部地区での電停と8101号どーもくん号

 午前中は昨日と同じ自動車のデーラーでの健診、午後はさる会館で合同健診をして、今日最後は西埠頭の内燃機関の工場です。巴大橋を通ってベイエリアまで行きました。
 そこからは市電の線路に沿って進みました。函館どっく前電停が終点ですが、その手前の大町電停に向かってくる8101号どーもくん号です。電停がとてもシンプルです。

工場内に入った健診バス

 内燃機関の工場には何度も来ていますが、胸部レントゲン車は工場内に入れていました。西埠頭の入り口なので道路に置くと邪魔になるし、敷地内にバスを置けるスペースもありません。これなら受診者も雨が降っても濡れません。
 帰り支度をしているときに撮ったので、バスの中はこうこうと明るいです。

びっくりドンキーのハンバーグ&ビーフシチュー

 長いこと風邪を引いていて、あまり食べられない時期もありました。
 快方に向かっているので、11月13日の絵日記「肉を食べよう」と びっくりドンキー 海岸通店へ夕食に行きました。メニューにビーフシチューがあるのは今日初めて気付きました。
 ハンバーグ&ビーフシチュー (1005円)で、本当はチーズはかかっていません。

2013年11月20日(水):新座布団

お山の冠雪

 今日から函館市内の一般健診のバスに乗ります。今朝は7時15分集合でした。
 バスは赤川通りと言う道を中心部とは反対側に進みました。目の前に函館の裏山、横津山系が見えますが、雪がたくさんあるのに初めて気付きました。
 昨日まで函館を離れていたので、こんなに冠雪があるとは知りませんでした。

今日デビューの新座布団

 健診会場で使うためのポータブルの座布団を持っていて、絵日記で紹介したことがありましたが、いつの間にか無くしました。一般の胸部車には座席に座布団があります。
 今回乗る新しいデジタル車には座布団が無いので、健診会場用に小型の座布団を家内に買って来て貰いました。一日硬い椅子に座っていても座布団があると少し楽です。

すしまるの「イカゲソ握り」

 健診場所の位置から昼休みを取る場所が決まります。
 今日は昭和タウンプラザで昼休みでしたので、昼食は少し迷いましたが久しぶりに すしまる に入りました。絵日記ネタになるような目ぼしいネタはありません。
 既出ですがイカゲソの握りです。すしまるは全品税込105円です。

日が差して来た昭和タウンプラザ

 昭和タウンプラザについては前にも書いています。核になるのは函館市内では珍しい農協系のスーパー、ホクレンショップで、市内唯一のユニクロもここにあります。
 雨が降ったり晴れたりの不安定な天候でが続いています。今日も結構な雨の後には、このような青空になりました。寒かったですが、山の雪は殆ど融けてしまいました。

2013年11月19日(火):SNOWMIKU2014

雪ミク市電2013

 ニュースによると札幌の冬恒例の 雪ミク市電2014 が昨日から運行開始されています。
 今年3月18日に雪ミク市電2013 を撮っています。雪ミク市電やキャラの初音ミクについては、そちらをご覧ください。札幌交通局のホームページに 時刻表 があります。
 9時5分にS本保健師さんが迎えに来てくれるので、ホテルの部屋の窓から撮りました。

道産子牛めし

 午前中2件、昨日訪問した情報通信設備事業会社の関連会社を訪問しました。
 昼過ぎの函館行の特急に乗るので、いつもの 札幌駅立売商会(弁菜亭) の駅弁で今日は 道産子牛めし(880円)を買いました。美味しいけど冷たいのが難ですね。
 出発間際に、苗穂駅近くで人身事故があり出発が遅れると放送がありました。

夕暮れの冠雪駒ケ岳

 車内放送では事故現場の警察の通行許可が出るのに1時間から1時間半かかるとのことでした。結局1時間近くの遅れで出発できました。
 駒ケ岳の山頂は冠雪が綺麗でしたが、もう暗くなっていて何とか撮れたのはこの1枚だけです。画面左側に室内の灯りが黄色く写ってしまいました。

残り葉

 こちらは昨日の白石区役所の駐車場入り口のナナカマドの実で、毎年何回か撮りに行っています。でも今回の主役はほんの少ししか残っていない紅い葉です。
 実はすっかりしわが出来て来たようです。こうなると鳥には美味しいようだと何回か書きました。ナナカマドの実は人も食べれるそうですが、食べる所が無いとか。

2013年11月18日(月):ロイズのアイスクリーム

高速道路から見た手稲山

 午前午後2か所ずつ産業医訪問をする日です。
 最初はJR札幌駅近くのビルメンテナンス会社で、担当保健師さんと現地で会いました。
 終わると時間を合わせて、次の手稲区のタクシー会社の新旧担当保健師さんが車で迎えに来てくれました。市内の高速道路から見た手稲山で、少し残雪があります。

当別町太美の農耕地の残雪

 午後の1番目の訪問は当別町太美地区の温泉施設です。
 北区を通り抜け、石狩市も通って、その先の石狩川の鉄橋を渡った先にあります。
 この辺りには田畑に雪がたくさん残っています。マガンやオオハクチョウが休んで、落ち穂を食べていそうな雰囲気でしたので、丁寧に探しましたがいませんでした。

ロイズのアイスクリーム、ピスタチオ

 この温泉施設の近くにチョコレート会社の ロイズふと美工場 直売店があります。
 毎年この時期に温泉施設の産業医訪問をしていて、いつもお世話をかけている健康管理部の保健師さんたちにチョコレートを贈っています。
 ソフトクリームがメンテナンスで作れなくて、アイスクリームを食べました。

こんなに種類があるアイスクリーム

 ホームページでは通販用の 7種類のアイスクリーム が載っています。直売店には限定品のミルクとピスタチオがあり、ピスタチオを食べました。アイスクリームは函館では買えないそうです。その9種類を家内に送って貰いました。
 最後は昔から産業医の 情報通信設備事業の会社 本社でした。有難うございました。

2013年11月17日(日):カワアイサ来たよ

M川河口の青空

 今日は好天で風も無く暖かいですが、明日からは雨も降る予報です。
 午後の特急で札幌へ行き産業医活動で2泊します。私も家内も風邪を引いていて、鳥見は近場ですませることにしました。S川ではオナガガモやヒドリガモが来ていました。
 M川河口です。ビルは湯の川温泉のホテル群です。川の左にいるのはカルガモです。

対岸で見つけたホシゴイ

 前の写真を撮る前にはこの対岸にいて、上流を見ると木の間に何か見えます。
 600ミリ相当の望遠で撮ったのがこの全体写真です。中央部分を拡大してみたのが左下の枠内で、ホシゴイが横向きに枝に止まっているのが判りました。
 もっと遠くから見たときには顔が見えずに、一瞬フクロウかと思いました。

正面から撮ったホシゴイ

 川岸の林の木に葉が繁っていた頃にはホシゴイやゴイサギをよく見ましたが。葉が散ってスカスカになってからは初めて見るホシゴイです。
 これは33%画像をトリミングしています。相変わらず怒ったような顔をしていますが、これはいつものことですね。カワセミカメラマンさんに何時までいるのでしょうと聞かれました。

悠々泳ぐカワアイサ

 そのカメラマンさんにキンクロ3羽と一緒にメスのカワアイサがいたと教えられ、また対岸に戻りました。広い川なので行き来が大変です。
 カワアイサは水中を覗いて漁をしながら、悠々と泳いでいました。冬になるとカワアイサやウミアイサが市内の川にやって来ます。そんな季節になりました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について