別館


写真絵日記


2013年 7月29日(月):5カ国語で海抜表記

濁川のアオサギ

 昨年と同じく森町に泊まって、朝一は森町砂原のコンクリート会社、朝二はやはり森町の濁川温泉の地熱発電所の健診でした。天気予報では雨の予報は無くなりました。
 昨年は地熱発電所の健診会場の窓から田んぼのアオサギを撮りましたが、今日も探したら漁をしていました。近くに寄ってはくれませんでしたが、予想が当たりました。

函館に帰りました

 午後は14時20分から函館市内のさる役所の深夜勤務従事者健診なので、昼食を取らずに函館へ戻りました。途中駒ケ岳は雲の中です。
 函館新道の自動車専用部分から出ると、目の前に函館山が見えるのですが、やはり上の方は雲に覆われていました。でも空は明るいです。

5カ国語の海抜表記

 コカ・コーラ社の自動販売機の一部に海抜が表記されていることを、長万部駅で見て 6月12日の絵日記 で取り上げました。そこでは日本語だけが書かれていました。
 今日役所の近所の蕎麦屋さんで昼食を取りましたが、その近くで見た同じ自販機の海抜表記は、日本語、英語、ハングル、中国語(2書体)とロシア語の5カ国語表記でした。

8002号はこだてべいこく号新塗装

 函館市電の8002号のはこだてべいこく号が新塗装になったことを 7月10日の絵日記で取り上げ、 写真を2枚使いましたが、それはどちらも同じ面でした。
 今日家内に車で迎えに来て貰って走っているときに見かけましたので、先回りして反対側を撮りました。お米のキャラのですが、左右で絵柄が完全に違っていました。

2013年 7月28日(日):アオサギ幼鳥3兄弟?

3兄弟1羽目

 登別地方大雨のため今日の札幌〜室蘭・函館の特急は全部運休です。森町への移動日ですが各駅停車で行きます。スタッフは札幌からレンタカーで森へ来るそうです。
 昼過ぎアオサギの橋を車で渡ったらこのアオサギが見えました。野生動物・野鳥編の「幼鳥かい?」と同じく、ぼさぼさ頭で警戒心の薄い、小柄なアオサギです。幼鳥でしょうね。

2羽目

 もっと川下の方を見に行った家内が戻って来て、もう1羽いると教えてくれました。
 川が丁度カーブしているところの岸のコンクリートに乗っています。
 これも逃げないと思って写真を撮りながら近寄ると、飛び立ってすぐ川上に降りました。やはり頭がぼさぼさで、小柄なアオサギです。下流を見るともう1羽います。

3羽目

 3羽目は岸の洲になったところにいました。
 近寄ると歩いてどんどん離れて行きます。歩くのが速くて余り綺麗に撮れません。
 このときにカワセミが傍の水中にダイブして、近くの木に止まりましたが、私が見えたようですぐ飛び去ってしまいました。2鳥は追えません。アオサギも逃げて行きました。

戻るときに撮った1羽目の顔

 車へ戻るときにも2羽目と1羽目はそのまま川の中にいました。
 こちらは無警戒な1羽目の顔の部分を拡大した写真です。愛嬌ありますね。
 M川にはオシドリはいませんでしたが、カワセミがあちこち飛び回っていました。対岸には知り合いのカメラマンさんもいましたが、苦労しているようでした。

2013年 7月27日(土):カワセミもオシドリも

冷かけ すだちおろし(並)

 今日は最高気温23℃で、また肌寒い日でしたが、夕方までに雨はありません。今日と明日は緑の島で GLAYの屋外ライブ があるので天気が持てば良いと思います。
 21日日曜に 丸亀製麺 函館店で「夏の定番! 冷かけフェア」の梅おろしを食べました。今日はすだちおろし(並盛り330円)にしましたが、梅おろしの方が美味いと思います。

久しぶりに撮ったカワセミ

 家内がM川の河畔にあるスーパーに買い物に入りました。
 その間、私は川岸の遊歩道を川上方向に鳥見に歩きました。ここでは前にカワセミやオシドリを撮ったことがあります。見つけて一度隠れたカワセミが、対岸に現れました。
 こちらも向いてくれたのですが、私に気付いて飛び去りました。

オシドリ メスでしょうか

 買い物がすんでから、M川のいつも鳥見に行く方に車を移動しました。
 ホシゴイは今日もいませんでしたが、オシドリが2羽泳いでいました。暗くてとても泳ぐのが速いのでISO感度を800以上にして撮りました。クチバシは黒っぽくてメスのようです。
 オスのエクリプス(夏にメスのような外観になる < 絵日記)はこちらに。

煩く鳴くオオヨシキリ

 対岸のY川の流入部のあたりから煩い鳴き声が聞こえます。オオヨシキリの縄張りを主張する鳴き声ではありません。ギリギリーと聞こえました。
 そちらに行ってみると草の中をオオヨシキリが忙しく移動していて、子供でも探しているのかと思いました。動きが速くてピントは甘いですが、口の中が撮れました。

2013年 7月26日(金):あぐりへい屋

あぐりへい屋

 昼過ぎに北斗市の運送会社で今週の健診が終りました。
 家内に迎えに来て貰って、大野新道沿いのJA新はこだて直売所 あぐりへい屋(<hakobura) に行きました。昨年7月26日にリニューアルし今の名前になりました。
 新鮮な旬の農産物、加工品の販売やフードコーナーもあります。

トマトミックス味のソフトアイス

 野菜やお米がたくさん売られていました。
 加工品では特産のマルメロのジャムやハスカップのジャムがあり、マルメロの方を買いました。農協ラーメンも1袋2人前を買いました。檜山地方の小麦を使っているそうです。
 写真はトマトミックス味のソフトアイス(280円)で、いける味ですよ。

夏のダイサギは珍しい

 そのまま農耕地に鳥見に行きました。
 いつものコースを逆に走って、北斗市某所の田んぼでシラサギを見ました。コサギは数年前に見たことがありますが珍しく、夏のダイサギも殆ど見ません。
 図鑑によると夏に見るのは、亜種チュウダイサギの可能性が高いそうです。

すましているようなアオサギ

 アオサギは何度も書いていますが、数がとても増えました。
 それに引き替え、今年は田んぼでゴイサギは全く見ていません。稲も伸びて来たので、今なら首より上しか見えないかも知れません。すましているようなアオサギです。
 ゴイサギが見える内に現れて欲しいものです。

2013年 7月25日(木):ホームコンビニ

ホーマック ニコット木古内店

 午前中は火力発電所3日目の健診で、昼休みは木古内町で取りました。
 国道沿いのセブンイレブンの向いは前はホームセンターの ツルヤ でしたが、見慣れぬ塗装と店名になっています。知内店も変わったとスタッフが話していました。
 もともと ホーマック の子会社でしたが、この名であちこちでリニューアルしています。

JR木古内駅付近の新幹線工事

 午後は木古内町の公民館での合同健診です。
 JR木古内駅の裏手になるのですが、新幹線もそこを通るので数年前から工事中です。公民館に行く路も時々変わります。雨が降っていて暗いですが、新幹線の高架です。
 JR木古内駅は津軽海峡線の特急停車駅で新幹線の駅も出来ます。

久しぶりに見たような

 14時過ぎに木古内町を離れて、16時からの健診先の函館市内のさる信用組合を目指しました。高速道路の函館江差道を使うと一般道より早く移動出来ます。
 途中から電車線(市電の走っている道)を通ります。雨が降っていて、少し離れたフロントガラス越しの撮影ですが、久しぶりに市電を撮りました。3001号NOMURA号です。

歴史を感じさせる会議室

 この信組の健診もよく当たりますが、店舗が閉まってからの16時からの時間指定です。
 歴史のある建物の会議室が健診会場ですが、机や椅子がとても貫録のある物で重いです。衝立の隙間の正面は診察待ちの椅子です。同じ椅子で診察もします。
 18時近くに家に戻りました。今週は明日もう1日仕事があります。

2013年 7月24日(水):ブルーベリーの生垣

城下駐車場の健診バス

 今朝は7時出発です。6時に起きれば良いので、まあ楽です。
 バスはお城の石垣の手前、町役場の横の駐車場に置きます。宿はこの駐車場の隣で、お城と反対側にあります。
 7時前で暗いですが、お城の一部も入れて2台の健診バスを撮りました。

天井のエアコン

 朝一の健診は電力会社の福島町にある福島営業所です。
 天井のエアコンが作動していて、快適ですねとスタッフと話しました。実は昨日午後は松前町のさる会館の合同健診でした。そこは古い建物の和室で勿論エアコンはありません。
 とても暑い思いをしました。それに引き換えて今朝は天国のよう、と言う訳です。

何とブルーベリーが鈴生り

 朝二は知内の火力発電所の2日目の健診です。
 昼食は昨日と同じ知内の道の駅で取りました。
 食後道の駅の国道側の歩道を歩いていたら、生垣がブルーベリーなのに気付きました。もう一部は熟していて、1つ採って食べて確認しました。

これがその生垣

 枝ぶりの好いブルーベリーの木が20本くらいあります。
 車で道の駅の駐車場に向かう道の歩道にあります。ここには北島三郎の顔の交通安全旗がたくさん立てられています。
 もう半月もすれば食べ頃になります。行ってみたいですね。

2013年 7月23日(火):シャワールーム

発電所と健診バス

 朝は本曇りでしたが、火力発電所の健診をしている内に晴れて来ました。
 今日は初日なので予定外の飛び入り受診もあって、終了時刻まで途切れませんでした。終わって健診バス2台と発電所の煙突がすべて入るように撮りました。
 後のバスは他の健診機関から中古で入手した胃部車で、塗装が違います。

カキフライ定食

 午後は松前町で健診なので昼食は途中の 知内町の道の駅〜しりうち に併設された農村活性化センターの食堂「お食事処ヤママル」で取りました。
 昨年よりメニューが減っていましたが、カキフライ定食(750円)はありました。ワイドで撮っているので遠近感が強調されていてカキフライが大きく見えます。ご飯は小盛りです。

シャワールーム

 松前城の傍の老舗温泉旅館 は昨年3回泊ったようです。2012年11月29日の絵日記「洋風和室?」 と同じ部屋が当たりました。昨年秋にトイレの無い部屋を改装したそうです。
 部屋の様子は前記リンクに写真があります。今日はシャワールームを撮りました。寝台車やフェリーにはありますが、入ったことがありません。人が一人立つスペースです。

城下通り

 朝が早いので朝食は自分で用意します。前のコンビニにサンドイッチなどを買いに行く際に 城下通り(<観光協会) を撮りました。前にも紹介したことがあります。
 夕方なので暗いですが、左のコンビニも銀行も瓦屋根です。右の手前の床屋さんは3色のサインポールが無ければ、それとは判らないと思います。

2013年 7月22日(月):午前5時54分の街

午前5時54分の街

 病気で1週間、愛知県から弟が来て1週間と2週間休んで仕事が始まりました。
 今日はスタッフが泊まるホテルに午前6時(間違いではありません)集合でした。今週は7時集合が多いですが、6時と言うのは久しぶりです。
 家内に送って貰う車の助手席から5時54分に撮りました。市電はまだ走っていません。

健診会場から見た函館山

 朝一の仕事は北斗市の通信関連の工事会社でした。
 7時に始まりましたが、9時までの2時間に90名以上の受診者があって、久しぶりの仕事なので忙しく思いました。窓から田んぼと新幹線の新函館駅(仮称)への高架が見えます。
 その先の函館山の山頂は傘雲に覆われています。これでは夜景は見えません。

流通団地の会館

 次いで昼またぎで流通団地の会館で合同健診をしました。
 昼前からかなり激しく雨が降り出しました。15時近く仕事が終った頃は小降りになっていました。会館と今週から2週間乗るDigital 18号車です。
 10人乗れますが、今週は胃部車の2名を除いて、スタッフは9名です。

知内温泉の客室

 明日から午前中3日間知内の火力発電所の健診で、仕事終了後に知内温泉に移動しました。今年4月5日に知内温泉に泊まって、エアコンが付いているのに気付きました。
 雨はほぼ止みましたが、むしむしするのでエアコンは有難いです。部屋をよく見ると暖房のストーブが外されていました。暖房もエアコンを使うのですね。

2013年 7月21日(日):連日の夏日

梅おろし

 7月17日に 丸亀製麺 の北海道28軒目として6月26日に開店した函館西店に入りました。そこで食べた「夏の定番! 冷かけフェア」の梅おろし(並で330円)が気に入って、今日は函館店で昼食に注文しました。左側の紫色に見えるのが梅です。
 薄味で少し酸っぱいので食べやすいです。本当に夏向きと思います。

函館江差道から見る函館山

 用事があって、函館江差道の追分インターチェンジ(旧・大野IC)まで行きました。
 江差道を走行中に助手席の窓を開けて撮った函館山です。
 昨日も今日も函館は最高気温が26℃の連続夏日でした。この気温で風が吹いているので、暑くはありません。来週も最高気温は25℃前後の予想です。

何かを探しているようなヒバリ

 せっかくここまで来たので農耕地巡りをしました。
 目当ては昨年たくさん見たゴイサギと幼鳥のホシゴイなのですが、今年はまだ見ていません。一時よく見たコチドリはいなくなってしまいました。
 道路で何かを探しているヒバリです。ヒバリは相変わらずたくさんいます。

田んぼにたたずむアオサギ

 7月17日水曜日の絵日記に書いたようにアオサギが多く見られるようになりました。
 稲も少し伸びて、田んぼに魚やドジョウが帰って来たのだと思います。
 でも相変わらず人馴れしていなくて、すぐに逃げて行きます。これは今日一番愛想好しだったアオサギで、25%縮小画像をトリミングしています。

2013年 7月20日(土):庭の青い実

ハマナスの青い実

 夏らしい日も殆どありませんでしたが、玄関前のハマナスは花がめっきり減って、青い実が目立つようになりました。隣が昨日の絵日記のカリンズですから対照的です。
 ハマナスは北海道には多くて、開道110年の昭和53年7月に北海道の花に指定されました。海岸に自生して南は太平洋岸では茨城県、日本海側では島根県まで分布します。

まだまだ青いブルーベリー

 ブルーベリーは本州ではもう収穫されているようですが、北海度では遅く、特に我が家では日当たりが悪いので更に遅くなります。まだ実も小さいです。
 北アメリカ原産の落葉低木果樹で、改良されて色々な種類があります。生食しても、ジャムにしても美味しいです。たくさん採れたときは冷凍しておくと、解凍してすぐ使えます。

スズランの実

 庭にはたくさんのドイツスズランが自生しているように生えています。
 始めは家内が買って来て植えていたのですが、適度な日陰が合うようでで、増えました。
 スズランには毒があることや、実が付くことは余り知られていないと思います。この実は秋には真っ赤になりますが、食べられる訳でも無くて、そのまま放置しています。

まだ小さいナナカマドの実

 2003年3月15日と16日に庭のリンゴにたくさんのレンジャクが来て、 野生動物・野鳥編の「レンジャク来たよ!」にまとめました。それ以来我が家にはレンジャクは来ていません。
 再び三度レンジャクに来て貰いたくて、数年前に家内はナナカマドの木を植えました。それがやっと今年たくさんの実を付けました。来てくれると良いですね。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について