別館


写真絵日記


2013年 6月29日(土):路面電車開業100年

隣の駒場車庫前電停

 函館の路面電車は1897(明治30)年開業の馬車鉄道を吸収合併した函館水電(現北海道電力)が1913(大正2)年6月29日に、東京以北では最初の路面電車を開業させました。
 それから100周年、箱館ハイカラ號を花で飾って大正の花電車が復活しました。時刻表を調べて駒場車庫前に現れた写真の花電車を隣の競馬場前電停で待ちました。

近付いて来る花電車

 復元チンチン電車の箱館ハイカラ號については 北海道の旅 の「函館市電2010〜13」に詳しく書きました。先日乗って内部の写真も追加掲載しています。
 待っている電停に近付いて来ました。家内が乗りたいと言ったのですが、市電のホームページに運行時刻表まで調べる人は少ないようで、余り混んではいませんでした。

五稜郭公園前電停を出て行く花電車

 用事があったので、今日は五稜郭公園前電停で降りました。
 側面像が撮れなかったので、電停を出て交差点を曲がって行く花電車を撮りました。本当は完全な側面像を欲しかったのですが、花電車の進行が速かったです。
 この花電車は8月19日まで運用されます。時刻表などはこちらで

何処まで乗っても100円です

 実は今日一日だけは100周年記念に市電は何処まで乗っても1回100円でした。
 五稜郭地区で食事をすませて、プロ野球中継も見たかったので、まっすぐ帰ることにしました。帰りの電車の料金表です。
 結構鉄ちゃんも来ていたようです。市電が見直されれば良いと思いました。

2013年 6月28日(金):待ち時間ゼロ

雪を飛ばすササラ電車排3号(2012年12月27日)

 一昨夜に引き続き昨夜 北海道の旅 の最終頁、ササラ電車と花電車のページをアップしました。路面電車100年のイベントは明日29日で、ぎりぎりセーフです。
 写真は絵日記には使っていなかったササラ電車排3号です。ササラと言う竹製の箒を回転させて線路の雪を飛ばします。札幌と函館の市電だけが使っています。

待ち時間ゼロ

 今日から再来週の途中まで、むろらん広域センタービル(絵日記) での健診です。絵日記を見返すと、この健診の始まった5年前から毎年一部または全部を担当しています。
 昨年から健診日数を増やし一日受診者数を減らしましたが、予定より20名多い73名来て内胃バリウム60名て13時過ぎに終わった日がありました。今日は受診者は少ないです。

L特急すずらん

 健診は8時半〜12時で11時受付終了です。長丁場なので受診者数のかたよりは仕方ありません。朝待っている人が10名以下なら早く終わると話しましたが、その通りでした。
 東室蘭駅で函館行のスーパー北斗12号を待っていると、室蘭からL特急すずらんが来ました。これに乗ると乗り換え時間が3分しか無くて、慌ただしいと前に絵日記に書きました。

室蘭やきとり弁当

 室蘭駅でも30分以上時間があって、昼食を取りました。
 東室蘭駅でも1時間待ち時間があって、売店を物色していたら「今売れています」と書かれて、レトルトの室蘭やきとり丼(525円)を売っていました。室蘭やきとり(観光協会)ハセストのやきとり弁当 同様に豚肉です。どんな味がするのでしょう。

2013年 6月27日(木):窓から測量山

町を行く9602号らっくる号2号

 昨夜 北海道の旅 の「函館市電2010〜13」の函館市電全車両(6)8100号と9600号をアップしました。部分低床車と超低床車らっくる号の話です。
 どこまで技術的なことを書いたら良いのか迷ってアップが遅れました。見ものは部分低床車8101号の2スポンサーの左右計4面のラッピング塗装の写真かも知れません。

雨の道央道

 午前中通った苫小牧の役所の健診は今日で終わりですが、昨夜から雨になりました。
 昼食をすませて道央道を明日の健診先の室蘭に向かいました。
 途中雨が降り続いていました。長期予報では今週は雨は無いはずでしたが、ちゃんと傘は持参しています。1週間の出張には小さい傘は必需品です。

室蘭新道を走る

 室蘭に着いたら雨は止んでいました。
 道央道を降りて室蘭市内に入ってから、自動車専用道路の 室蘭新道(絵日記) を使って東室蘭から室蘭に移動しました。明日からの健診先でセッティングをしました。
 ここ数年、この時期に殆ど毎年来ている健診が足かけ3週間続きます。

部屋の窓から見た測量山

 久しぶりに 室蘭港の傍のホテル にチェックインしました。仕事で泊るところで、海が近くに見えるのはここしか無いと思います。
 3階の部屋の窓から見た測量山です。日没後には ライトアップ(<、室蘭市) されます。
 来週は1週間ここに泊まるので、困ったときの絵日記ネタになりそうです。

2013年 6月26日(水):朝夕霧

製紙会社と霧

 苫小牧地方は太平洋沿岸で、気候は釧路や根室に似ていると思います。
 若い頃に2年根室にいましたが、夏は殆ど霧に閉ざされて、祭りの花火も音だけでした。
 今朝も霧が出ていて、太陽は見えません。製紙会社の煙突からも盛んに煙が出ていますが、全体に白っぽいの霧のせいです。こういう日は日照が無いので寒いです。

スケートが盛んです

 釧路や根室地方の冬は毎日晴れて、冬晴れと言います。そして気温は低いです。
 苫小牧も冬は雪が少なく晴れて寒いです。池などがスケートリンクのようになります。苫小牧は釧路と並んでスケートが盛んな街です。
 NTTの街中のビルにもアイスホッケーの絵が描いてあります。

健診先の玄関横の庭

 午前中3日間通う役所の、玄関横には結構大きい花壇があり、フランスギクが満開になっています。昼に引き上げるときには快晴になりましたが、最高気温は18℃でした。
 写真を撮っていたら、職員の方が話しかけて来ました。フランスギクは以前いた、花好きの方が植えたようとのことでした。もう少しルピナスがあるとアクセントになりそうです。

カプリチョーザでランチ

 今日は昼休みが長く取れたので、イオンモール苫小牧 に行きました。ここでは カプリチョーザ でよく昼食を取ります。880円のランチメニューを頼みました。
 サラダ、ソフトドリンクとケーキとアイスクリームのデザートが付き、パスタはベーコンとクリームのスパゲッティ カルボナーラです。HPの パスタフェスタ に掲載されています。

2013年 6月25日(火):ぷらっとみなと市場

ぷらっとみなと市場

 私以外の健診スタッフは朝6時15分集合で、苫小牧の健診会場の役所にバスでやって来ました。私は苫小牧に泊まったので、7時起きで朝食も当たりました。
 昼に終わって、昼食は午後の健診会場の別の役所からも近い、苫小牧港の ぷらっとみなと市場 に行きました。海の駅 でもあります。私はここに来るのは初めてです。

店内の様子

 今年で10周年だそうで、2棟あって、入り口側は魚介類や海産物を売る店が多いです。
 他の建物にも食堂はありますが、左の建物の奥には食堂が4軒かたまっています。この内の写真の とりあえず逢海(あうかい) に入りました。
 もう昼過ぎでしたが、丁度団体さんが入っていて、魚介類の料理が多そうでした。

ほっき丼

 ほっき丼(1,000円)を頼みましたら、店員さんが「今地場産は獲っていなくて、近海ものなのでホッキが小さいです」と言いました。味噌汁と漬物が付いています。
 ほっき丼は普段は1,200円ですが、ぷらっと10周年記念で200円安いそうです。すし飯に海苔などが敷かれていて、その上に生のホッキが乗っています。本場と思うと美味いです。

有名な食堂

 スタッフたちはほっき飯とか海鮮カレーとか色々食べて、満足したので明日も昼はここになりそうです。明日は何を食べましょう。
 海側には名前は私でも知っているホッキ料理有名な食堂があって、ずーっと人が並んでいました。美味しい物は食べたいけど、並んでまでは食べません。

2013年 6月24日(月):水浴びノビタキ

10羽全部がヒナ

 今日は苫小牧への移動日で、夕方の特急に乗ります。
 昼にアオサギの橋(1車線しかありません)を車で渡りながら下を見ると、大きい幼鳥10羽もの大軍を連れたカルガモが見えました。車を置いて撮りに行きました。
 幼鳥(ヒナ)は10羽いて、大きいので平気でカラスの傍を歩いていました。

大きくしてみると同じような大きさ

 カルガモは12個卵を産むのは普通ですが、それが全部育つことはまれです。
 1枚目の写真では子供らしいのは10羽います。でもその中で大きさの差があるように見えます。ヒナ混ぜと言う現象があって、別のヒナが混ざっているのでしょうか。
 この写真の5羽の子供は同じような大きさに見えます。

帆立のスパゲッティ

 昼食は 熱帯植物園近くの エル・アペティ(絵日記) に行きました。
 正午少し前にでしたが、駐車場に4台車がいて満車です。熱帯植物園の駐車場に車を置いて店内に入ると、先客がたくさんいました。
 帆立のスパゲッティ(1,200円)です。帆立貝が大きいです。

水浴びするノビタキ

 今日もM川に行ってみました。
 上流の方で水浴びをしている鳥がいます。ここではカワラヒワがよく水遊びをしているのですが、黒っぽい鳥です。遠いので画像を見てノビタキのオスと判りました。
 夏羽のオスなので幼鳥ではないでしょうが、とても幼く見えます。

2013年 6月23日(日):好天だけど

人懐っこい馬

 昼頃から晴れて来ました。1週間前より稲も伸びたろうと農耕地巡りをしました。
 先週はたくさんいたコチドリは出て来ません。ヒバリも声だけです。
 いつものコースの馬はポニーでしょうか、2頭いてすごく人懐っこいです。この後で今日もアオサギを見ましたが、車を停めたら飛び去りました。

落ちた橋は撤去されていました

 天気が好過ぎて鳥は駄目かと思い、スイレンを見に北斗市の八郎沼に行きました。
 昨年4月21日の絵日記 に雪の重みで壊れた沼にかかる橋を紹介し、その後撤去されたことも絵日記に書きました。今日もまだ橋はかかっていませんでした。今年の秋には完成するようです。たくさんの家族連れがザリガニやオタマジャクシを採っていました。

田んぼ越しの函館山

 江差道に入る方が近いのですが、帰りも大野平野を抜けて、函館新道に入ることにしました。大野平野には北斗市、七飯町それに函館市の広い農耕地があって、北海道稲作発祥の地で、旧大野町の北斗市村内には 「水田発祥の碑」があります。
 遠くからでも函館山が田んぼ越しに見えます。ゴイサギはどこにいるのでしょう。

こちらで使われていました

 家のすぐ近所にあった回転寿司の函太郎函館サムズ花園店が今年3月31日に閉店になりました。元スーパーだった巨大な店舗が足を引っ張ったのでしょう。
 そこにあったタッチパネル・特急レーンシステムは サムズ桔梗町店 に移され、4月20日にリニューアルオープンしました。今日久しぶりに行きましたが、懐かしい器械です。

2013年 6月22日(土):スイレンだけ

五稜郭公園の裏門橋のスイレン

 一昨日夕方のNHK道内ニュースで、五稜郭公園のスイレンが咲いたニュースを放送し、裏門橋のスイレンの葉の上をカルガモのヒナが数羽歩いていました。
 壁紙プレゼントの 2001年6月24日の写真 のようです。昼に家内と見に行きましたが、お堀外周1.815kmを歩いて探しても見つけられませんでした。

函館野外劇の練習

 野生動物・野鳥編の「お堀の子ガモ」では、子ガモたちは 市民創作「函館野外劇」 のステージのパイプに乗っていました。勿論そちらも探しました。
 対岸では子供たちが7月5日の初演に向けて、外国の国旗を振る練習をしていました。詳細は前記の野外劇のホームページをご覧下さい。

シマアジのメス?

 食事と買い物をすませて一度帰りましたが、時間も早いのでM川に行きました。今日もカルガモの親子を見ましたが、ヒナ5羽は確認しましたが暗くてうまく撮れません。
 浅瀬に羽を怪我したような小型のカモがいました。コガモかと思いましたが、目の周りが白く過眼線があります。調べるとシマアジのメス(又はエクリプス)のようです。

鳴くオオヨシキリ

 川岸にはオオヨシキリがたくさんいて、この時期にはうるさく鳴いています。
 写真を撮ろうと近付くと鳴き止んで、見つけると飛び去るパターンが多いですが、たまにうまく見つけられることもあります。これは木のてっぺんの方にいました。
 赤い口を開けて鳴いているところを狙って撮れました。

2013年 6月21日(金):昼で18℃

久しぶりの測量山

 昨夜は東室蘭に宿泊し、午前中は東室蘭の会館で合同健診をしました。
 昼に室蘭新道を通って室蘭に来ました。東室蘭は札幌函館間の特急も停まり、室蘭はそこから少し離れています。しばらく来ていなかったですが、来週また来る予定です。
 よく絵日記に登場する測量山です。画面右端がJR室蘭駅です。

只今の気温18℃

 バスは室蘭駅隣のパチンコ屋さんとスーパーが入っているビルの駐車場に起きました。
 昼食をすませてバスに戻ったときの、そのビルの壁にあった温度計です。13時近くだと言うのに気温は18℃しかありません。函館と札幌の予想最高気温も21℃だったと思います。
 本州で暑い思いをしている方々には申し訳ないですが、少し寒いくらいです。

昨日の背中に乗ったコブハクチョウのヒナ

 午後は室蘭と東室蘭の各1カ所で健診をして、夕方18時12分東室蘭発の、函館行特急スーパー北斗18号の中で、この絵日記を書いています。
 今日も何枚か写真を撮りましたが、面白みに欠けるので、昨日のコブハクチョウのヒナの写真を見て下さい。最初にお母さんの背中にいるのに気付いた写真です。吃驚しました。

泳ぐコブハクチョウのヒナ

 ヒナが泳いだり、岸の上で草を食べている写真はたくさん撮りました。
 親と一緒だったり、洞爺湖らしい風景の中の写真も考えたのですが、何せ時間がありませんでした。ヒナは最初は白くて次いで灰色になります。真っ白なのは可愛いですよ。
 野生動物・野鳥編の洞爺湖産まれ、同2、ウトナイ湖産まれも是非ご覧下さい。

2013年 6月20日(木):洞爺湖産まれ3

母さんの背中にヒナが乗っている

 朝二の健診が洞爺湖の保養所で、朝一が早く終って洞爺湖畔で時間調整しました。
 30分はありませんでしたが、野生動物・野鳥編の「洞爺湖産まれ」(2004年撮影)のコブハクチョウを探しに行きました。少し遠くで泳いでいましたが、岸に戻って来ました。
 何と母さんコブハクチョウのの背中にヒナが1羽乗っています。

堂々と3羽で泳ぐ

 背中に乗っているときは、羽の中に潜ると背中が膨らんでいるようにしか見えません。
 岸の近くで背中から水の中に降りました。一家3羽が堂々と泳いでいます。
 「洞爺湖産まれ」ではヒナは4羽でした。通常5〜6,7個の卵を産むそうなので、一家を不幸が襲ったのだと思います。頑張れ一人っ子ですね。

親について上陸しました

 私が岸で待ち受けていましたが、意に介さず上陸して来ました。
 「洞爺湖産まれ」と同じコブハクチョウのペアと思います。コブハクチョウの寿命は20年(〜30年)位と言う説が多いですが、寿命は60年最長102年と言う話もありました。
 大きい鳥は寿命が長いそうです。同じペアで話が合います。

草を食べるヒナ

 ヒナもバリバリと草を食べていました。とても逞しいです。
 コブハクチョウも他のハクチョウやマガモ、カルガモと同じように草食です。クローバや水中の藻などを好むようです。ここには草はいっぱいあります。
 短時間ですがたくさん写真を撮ったので、1ページにまとめたいものです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について