別館


写真絵日記


2013年 3月31日(日):ペアは難しい

メスだけのカワアイサ

 昨日川でオシドリとゴイサギを見たので、今日は張り切って歩いて川に行きました。
家の近くの橋から河口まで先ず歩くのですが、オシドリは見られません。
 下流の方にカワアイサのメスが砂の上で横になっていましたが、私が近付いたら水に入って行きました。遠くに逃げる訳では無いのでたくさん撮りました。冠羽が風に流れます。

市電の中のAED

 いつものフルコースを歩きましたがオシドリも、ゴイサギもいません。湯の川で食事をして一度市電で家に帰りました。もう一回時間をおいて、車で目ぼしいところを回ります。
 乗った市電は719号車で、目玉の描いてある青い人権号です。市電のページのために色々観察しているのですが、運転席側に壁にAEDが付いているのを初めて知りました。

反対向きになる

 15時に家を出て、ところどころ覗きながら車であちこち覗きました。
 M川の上流寄りで昨日ゴイサギを見た辺りにいたら、目の前をペアのカワアイサが飛んで行き、橋をくぐった先に降りました。行くとオスがカモメと喧嘩していました。
 なるべく2羽1画面に撮ろうとするのですが、離れたり反対向きになります。

これは離れている

 オスの頭は濃い青緑がかった黒色です。体の側面は白いです。メスは頭は茶色で体の大部分は薄い灰色です。せっかく近寄ってくれても両者を同時にはっきり写すのは難しい。
 これは後にいるメスの顔や目がよく判りますが、前のオスの顔は黒っぽくて、目がやっと判る程度ですね。1羽ずつ撮るのはそんなには難しくはありません。

2013年 3月30日(土):オシドリ来たよ

いつもの場所のフクジュソウ

 干潮が昼近くになったので、コクガンを見ようと下海岸(戸井恵山方面)へ行きました。合わせて渡りの途中のハクチョウでも見れたらと思ったのですが、外れでした。
 風が強くて波が高かったせいかコクガンは全く見られませんでした。
 去年までHTBの 北海道花情報 に毎年に投稿していた戸井のフクジュソウです。

道道41号の馬の動物注意標識

 恵山の 函館市の道の駅〜なとわ・えさん の食彩「なとわの里」は休業でした。
 久しぶりに道道41号函館恵山線を通りましたが、女那川で国道から曲がってすぐに写真の馬の絵柄の動物注意の標識がありました。1年前にはあったようです。
 国道278号の物は発表済みです。この辺は野生の馬が多く写真も撮っています

ヤナギの芽と隠れるゴイサギ

 函館に戻って遅い昼食を取ってから、M川へ行きました。
 遊歩道を歩いていて家内が、昨年ホシゴイやゴイサギをよく見た辺りで、木の下の水際に隠れるように立っているゴイサギを見つけました。どうしても枝被りになります。
 この1枚を撮って、枝が邪魔にならない位置を探していたら、飛んで行ってしまいました。

今年初見のオシドリのオス

 ゴイサギが飛んで行ったのは近所の川の方向なので、車でそちらへ行きました。
 小さい橋の上流に小型の赤っぽい鳥が見えました。行ってみると、今年初見のオシドリです。2枚撮ったら逃げられました。上流へ飛んで行ったので歩いて1kmほど追いかけて、本当に近所で5枚撮れました。ゴイサギは結局見つかりませんでした。

2013年 3月29日(金):反対側はゆうパック

函館市電718号郵便局号

 8週に1回の受診日で特変はありません。家内が函館駅に用事があり、車を運転して近くの交差点で停まったら、前右側に3月26日の絵日記で紹介した718号郵便局号がいます。
 前回紹介したレターパックの宣伝が書かれています。この写真は急いでカメラを取って、車の窓越しに動いているのを撮ってひどく傾いてしまいましたが、画像編集で直しました。

金森赤レンガ倉庫と函館山

 せっかく函館駅まで来ているので、昼食は 金森赤レンガ倉庫 に行きました。
 専用駐車場からは太鼓橋様の七財橋を渡ると倉庫群です。函館港の散策(< 函館市公式観光情報サイトはこぶら )はなかなか楽しいですよ。
 向いの函館山にはまだ少し雪が残っていて、気温は高いですが風が冷たいです。

カニパスタ

 倉庫群の1つの金森ヒストリープラザにカフェレストラン 函館ビヤホール にいつも入ります。ここのウニの入ったパスタが好きなのですが、今日は止めて、ベーコンとトマトクリームソースのカニパスタ(1,200円)にしました。
 体には好くなさそうですが、そう言うものは美味しいですね。

反対側はゆうパックの宣伝だった

 帰りに家内が昭和橋のたもとのスーパーに寄ったので、橋の上で通り過ぎる市電を撮りました。交通量が多いので2〜3枚に1枚は乗用車が市電の前に入ってしまいます。
 ここで撮った函館市電718号郵便局号の側面は、昼前に撮ったのとは反対側になります。左右同じデザインかと思っていましたが、何と反対側はゆうパックの宣伝でした。

2013年 3月28日(木):サムズ花園店閉鎖

サムズ花園店外観

 2011年3月31日に「道内最大級!席数186席!全席タッチパネルシステム&特急レーン6台!」の回転寿司函館サムズ花園店がオープンし、 4月3日の絵日記 で紹介しました。
 家から近いのでよく来ましたが、大規模過ぎたせいか、今月末に閉店します。今日が最後と思って昼食に行き、馴染の店員さんとも挨拶しました。

自慢のタッチパネルの注文機

 同店は観光客にも人気の グルメ回転ずし函太郎 の系列店です。同じサムズの1号店は函館新道沿いの石川町にあって今後リニューアルし、ここのタッチパネルやお寿司を運ぶ特急、特急レーンはそちらに移設するそうです。
 閉鎖が発表されてからはお客さんが多くなりました。

カニみそと活うに

 お店の大きい看板には1皿110円よりと書いてあります。左の緑色の税込110円のお皿が一番多いですが、中には左の生ガキのように1皿1貫の物もあります。
 右の赤いお皿は210円で、この皿の寿司の種類はそんなに多くはありません。写真は活ウニで、これも1皿1貫ネタです。

青いお皿のズワイガニと活ホッキ

 イカやタコ、普通のマグロなどは2貫で110円の緑のお皿ですが、少し高級感のある写真左のズワイガニは1貫、右の活ホッキ(北寄貝)は2貫で、1皿160円の青い皿です。
 お寿司は少し小振りで、全皿さび抜きです。子供さんが食べやすくなっています。わさびは自分で醤油皿に入れます。すしまる花園店より近かったので残念です。

2013年 3月27日(水):田んぼのオオハクチョウ

白神展望台にて

 休みに入って初めての好天で、松前町までドライブ(往復213kmでした)しました。
 松前町の白神岬は 野鳥の海峡越え(<NHKさわやか自然百景)で有名な場所で、こんなポスターが貼ってありました。300種以上の野鳥が渡ると書かれています。
 上から2段目に北海道亜種のシマエナガとミヤマカケスが描かれています。

北前奉行どんぶり

 松前行の目的の一つが 松前町の道の駅〜北前船 松前 の北前食堂でマグロを食べることでした。今までに殿様どんぶりとかマグロ三色どんぶりなどを食べています。
 今年初めてだったので、今日は一番高い1,800円の北前奉行どんぶりを頼みました。漬けマグロ、半熟蒸しウニとイクラが乗っています。これは美味くて完食しました。

田んぼで餌を取るオオハクチョウ

 前に知内町の湯の里の田んぼで、渡りの途中の多数のオオハクチョウを見ました。
 今日もそんな光景を期待したのですが、前のときに比べてはるかに積雪が多くて、行きには見られませんでした。帰りは国道でなく田んぼの中の道を通りました。
 1ヶ所ですが道路の左右にいました。これは近い5羽の群れの一部です。

遠いハクチョウ

 反対側にはちょっと離れてたくさんのオオハクチョウがいましたが、三々五々と少しずつ離れて餌を取っていました。家内が数えたら25話いました。大きい群れではありません。
 こんなに雪が多いとなかなか農耕地が現れず、渡り鳥は苦労すると思います。ハクチョウは海で休息をするのもいます。先日仕事で移動するときに海のハクチョウを見ました。

2013年 3月26日(火):右往左往

カワアイサのペア

 今日も風が強い寒い日で、晴れると思うと雪も舞って不安定です。
 午後M川の河口付近から覗くと遠くの方にカワアイサのペアが見えます。近付きましたがこちら岸からは傍に行けません。一回りして対岸に車を置きました。
 遊歩道に上がると、川を降って来たようで真ん前にいます。

今度は降る

 川幅が広くて、対岸ぎりぎりにいます。私のカメラは35ミリ換算で600ミリになりますが、25%縮小画像でこの程度の大きさです。でも2羽が離れると1画面に入りません。
 対岸やこちら岸の遊歩道の人の動きなどを気にして、目の前を右往左往してくれます。間に羽繕いをしたり水中を覗いたりしていましたから、追い詰められた感じではありません。

湯の川電停を出る函館市電718号郵便局号

 家へ帰ろうと湯の川温泉電停の交差点で車を停めると、電停に初めて見る塗装の市電が入って来ました。北海道新聞の広告だった718号で、郵便局の塗装になっています。
 少し進んでから引き返して、終点の湯の川電停で追いつきました。しばらくして走り始めたところです。自動車が間に入って真横に近いアングルは撮れませんでした。

まだ無広告の8010号

 どこかで待ち伏せして撮ろうと、車で追いかけて追い抜いて、深堀町の交差点で待ちましたがもう通り過ぎた後でした。右往左往させられましたが、次回のチャンスを待ちます。
 簡易保険の塗装の郵便局の市電8006号が 北海道の旅・道南と函館の「市電の光景」にあります。眼前を通り過ぎた8010号はまだ無広告です。函館は積雪はゼロです。

2013年 3月25日(月):まず咲くからマンサク

湯の川電停

 午前中は家内のお供で湯の川方面などへ車で行きました。
 駐車場に車を置いて、市電を何枚か撮りました。自動車の間を走行していても撮れることがたくさんあります。この写真は湯の川電停の8002号はこだて べいこく号です。
 「函館市電2010〜3」の2ページ目では電停の写真が主になります。

久しぶりのコゲラ

 昼食後に花情報用のマンサクの花を撮ろうと見晴公園に行きました。
 まだあちこちに雪が残っています。せっかく来たからとリスや野鳥も探しました。
 よくエゾリスに会う辺りにカラ類が多数いて、コゲラも1羽いました。余り大きさに違いが無いですね。ずんずん登って行くので頭の欠けた写真を何枚も撮りました。

マルバマンサクの花

 先週に亀田川岸のマンサクが満開になったと各テレビ局が映像を流していました。
 後追いするのも嫌なので行きませんでした。私がHTB(北海道テレビ放送)HPの 北海道花情報 に毎年のように投稿しているのは見晴公園のマルバマンサクの花です。
 早春に咲くことから、まず咲く→まんずさく→マンサクと訛ったと言われています。

餌をくわえるゴジュウカラ

 ドラミングがいくつか聞こえて、アカゲラも撮りましたが遠かったです。
 ゴジュウカラが近くの木の幹にいました。何か咥えていてゆっくり動いていました。シジュウカラなどよりも大柄な鳥で、見かけによらず愛想好しです。
 一連の写真を見ると、木の下の方に餌を隠したようです。

2013年 3月24日(日):タラのポワレ

市電の光景3より(2012年7月18日撮影)

 昨夜、その前日には完成していた 北海道の旅 の「函館市電2010〜13」の第1ページ目「市電の光景3」をアップしました。次は「市電の車外」を準備中です。
 「市電の内部」が1ページ予定で、その後は2010年から現在に至る特殊車両も含む全函館市電の紹介のページを作ります。これは何ページになるか未定と言う大作!です。

好い天気でした

 午後になると晴れる予報なので久しぶりに大沼公園に行きました。アオサギの池ではダイサギが餌を獲っていて、アオサギはぼーっとしていました。
 白鳥台セバットには「大沼・ラムサール条約湿地」の看板が立てられていて車椅子用のスロープも新設されていました。これは別の場所の大沼の東屋の傍の同じ看板です。

メインディッシュ

 昼食はこれも久しぶりに湖畔の ターブル・ドゥ・リバージュ で3種類あるランチの中間のリバージュランチ(1600円)を頼みました。前菜やデザートも美味しかったです。
 メインディッシュは肉と魚から選べて、これはタラのポワレ きのこと野菜のサラダ仕立てです。他にパンとコーヒーが付きます。窓から駒ケ岳が見えてのんびりしました。

ダイサギが見えますか

 リバージュへ向かう道からは駒ケ岳の眺めが綺麗で、よく撮影します。
 風の無い日でしたので、湖面が氷結していなければ駒ケ岳の水鏡が撮れたでしょう。
 この写真を撮ろうとしていて気付いたのですが、島の周囲は水面が出ていて、ダイサギが1羽いました。駒ケ岳もダイサギもと欲張ったらこんな写真になりました。判りますか?

2013年 3月23日(土):亜種ダイサギ

腿(もも)はピンク

 青空でも淡雪が舞っていたり、風も強くて寒い日です。
 今日は歩いて川へ行きました。途中の会館や病院の上にはダイサギが計4羽いました。追いかけて来たように下流の川岸の草むらの上に降り立ちました。
 ダイサギは亜種ダイサギと亜種チュウダイサギがいるそうですが、これは前者です。

松の上でゆらゆらと

 もう1羽がすぐ近くの木の上に舞い降りて来ました。強い風にゆらゆらしています。
 亜種チュウダイサギは日本に夏鳥として飛来し、道南で夏季に見られるのはこのようです。冬羽では足が黒いです。亜種ダイサギは冬鳥として本州以南に飛来し、本道では渡り時期に見られるそうですが、これは足が黄色っぽく、函館に冬にいるのはこちらですね。

2羽のウミウ

 河口には今日は2羽のウミウがいました。寒いのに1羽は潜水したばかりのようで、羽を広げたり閉じたりして乾かしていました。寒くなくて風が弱いと広げっ放しにします。
 砂の上でもっと良いポーズで撮れたのですが、雪がたくさん降って来て、それが写って汚い写真になりました。体色が違うのが多いですが、これはどちらも同じような黒さです。

群れるウミネコ

 水の中で元気に浮いているカモメもいましたが、多くが写真のように1ヵ所に群れていました。最高気温も1〜2℃と低く、寒さと風を集団で防いでいるのでしょう。
 左奥にいるのはヒドリガモのペアです。今日はカワアイサもウミアイサも見ませんでした。帰りに市電を4区間使うと7,000歩強になります。寒さもそろそろ終わりでしょうか?

2013年 3月22日(金):似ています

市民会館前電停

 最高気温7℃の予報ですが、時々強風が吹いて、雨も断続的に降っています。せっかくの休みなのに昨日から家に閉じこもって、市電のページの作成を始めました。
 昼に外出したので、出がけにM川を覗いて行くことにしました。市民会館前電停には市電が2台いました。719号人権号は「回送」車で1区進むと駒場車庫です。

ウミアイサだった

 いつもの場所にカワアイサのペアとこのメスがいました。
 風が強くて吹き飛ばされそうで、落ち着いて写真が撮れません。雨も降っていて暗いです。カワアイサのメスと思って撮ったのですが、写真を見直すとウミアイサでした。
 単独ではサイズの違いは判りませんが、真っ直ぐのクチバシはウミアイサです。

こちらはカワアイサ

 こちらはオスと一緒にいて、クチバシの先が曲がっているのでカワアイサです。
 私が遊歩道の手すりにとり付いたのに気付くと、雌雄別々の方に泳いで私から遠ざかって行きました。カワアイサはこちらでは通年見られて、夏はオスはエクリプスでメスそっくりになります。

さんてい柏木店の季節のかき揚げそば

 昼食は久しぶりに柏木町電停近くのそば処 さんてい柏木店に入りました。
 創業1950年(昭和25年)で桜並木・桜ヶ丘通りのそばにあります。季節のそばなど創作メニューが豊富です。今日は季節のかき揚げそば(820円)にしました。
 かき揚げには函館産のイカがたくさん入っていてサクサクです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について