別館


写真絵日記


2015年11月30日(月):リンゴを送る

ふじと王林

 前回、函館新道七飯大川IC横の 松浦果樹園(絵日記) に行った際に、王林やふじは11月末が良いと言われました。来年からは平日の営業時間は午後だけになります。
 写真はふじと王林の5キロ詰めです。札幌の兄に10キロ、川崎の娘に5キロ注文しました。今日か明日の出荷だそうです。自宅用も買いました。ふじが少し酸っぱかった。

さんていの入り口

 柏木町電停近くの そば処 さんてい柏木店 では、朔日(ついたち)に30食限定の「朔日そば」があります。選ばれた素材のお値打ち値段のプレミアムな蕎麦と書いてあります。
 明日が定休日なので、12月の朔日そばは今日提供と聞きました。先月 10月1日(絵日記) にはウニとウニの天ぷらの入った蕎麦でした。1月は朔日そばはありません。

今月の朔日そば

 12月の朔日そばは「函館男爵黒豚のうまみそば(税込950円)です。
 函館男爵黒豚(旬海道) はこちらではブランド品です。配合飼料を使わず、人間の食べている物を食べさせているそうです。詳しくは前記リンク先をご覧ください。
 豚肉はしゃぶしゃぶのような感じで、あっさりしていて柔らかでした。

高速で泳ぐウミアイサのメス

 川も覗いてみました。ダイサギはS川とM川で撮りました。アオサギは見ただけです。
 昨日の絵日記1枚目の写真のウミアイサは、M川遊歩道の近くを猛スピードで泳ぎながら、時々潜って漁をしていました。暗くて速いので不鮮明な写真です。
 こちらに 2013年3月5日撮影のウミアイサのペアの壁紙 (←クリック)があります。

2015年11月29日(日):緑の橋、赤い橋

中央はウミアイサのメス

 この秋初めて雪が少し積もりましたが、昼過ぎには殆ど融けました。
 車の窓ガラスと屋根に残った雪を落として、先ず川へ行きました。まだ水が多いです。
 Y川にはダイサギがいて、本流のM川には前に見たウミアイサのメスが泳いででいました。動きが速くて近くには来ないので、うまく撮れません。左下はキンクロハジロです。

緑の橋が映り込む

 河口へ行く、と国道の橋の近くの水中にダイサギが立っていました。
 尻尾の先が水に浸かる程度の深さです。見ている間に2度ほど水中を突いていました。
 国道の橋げたの色が水に映って、水面全体が濃い緑色に見えます。そこにたたずむダイサギはなかなか良い雰囲気に見えましたが、そのような効果が出たでしょうか。

赤い橋の映り込み

 食事をして、買い物をした帰り際に、大きい鳥がS川に降りるのが見えました。
 今度はアオサギではないかと、近くに車を置いて行ってみると、これもダイサギでした。
 今までと違うのなら3羽目になります。ここにかかる橋は短くて、橋げたに赤い部分があります。赤い映り込みに入れてダイサギを撮ろうと思ったのですが、動いてしまいました。

たたずむアオサギ

 その近くの川岸ではアオサギがたたずんでいました。休んでいるのでしょうか。
 人がよく通る遊歩道のすぐ脇で、写真を撮っても動じません。草だらけなのでカルガモやマガモも入れて撮りました。すっきりしませんね。
 もう1羽アオサギが少し下流へ飛んで来ましたが、やはり愛想好しでした。

2015年11月28日(土):水が深い

青葉出版理科テスト4年後期読み物

 今日になって風は治まって来ましたが朝はまだ雨が降っていました。
 東京のハユマと言う会社から、青葉出版理科テスト4年後期が送られてきました。小西さん有難うございます。ずっと前に使用許諾したシマリスの写真が何回目かの使用です。
 その度にメールを頂いていて、子供さんの目に触れるのは嬉しいです。

お尻が濡れている

 雨も止んだようと昼過ぎに出かけましたが、また降って来ました。
 とても不安定な天候です。一時は警報も出たほど雨が降り続いて、どの川も増水して流れが速いです。M川で見たダイサギはお尻が水に浸かっていました。
 濁流でこんな深さでは漁の獲物は期待できませんね。

海越し函館山 波は穏やか

 河口の方へ行ってみると水流が強いのでカルガモもいません。
 一番手前はM川の水面で、正面は函館山です。海面は波が小さく穏やかです。
 函館山の手前の画面右側に見える堤防は、つい最近知ったことですが 函館湯川漁港(はこぶら) です。駐車場やトイレも遊歩道などが整備され 交流広場 となっています。

休むウミネコ

 M川の堤防の先端に少数のカモメが止まっているのが見えました。
 私のカメラの1番望遠側の600ミリにして撮ってみましたが、全部がウミネコのようです。
 海が荒れた日はカモ類やコクガンなどは川の中や港内に避難することが多いようですが、今日のM川下流部ははカルガモが多くいただけでした。

2015年11月27日(金):しわしわ

dNHK函館の天気

 8週に1度の受診日で8時半に採血するよう言われていて、雨の中を出かけました。
 昨日は函館に大雨警報、夜間には大雨洪水警報が出ましたが、今日は暴風警報(と大雨注意報)で、雪は全く降りませんでした。NHKのデータ放送で16時の気温は6.2℃です。
 テレビ画面の写真を個人のホームページに無断で使っています。お許しください。

はま寿司のメニューから

 診察での血液検査も胸部X線検査も特変無く、投薬だけで次回も8週後です。
 昼過ぎに小降りになったので近所の はま寿司 函館本通店に昼食に行きました。
 天然中とろフェアをしています。写真は初めて見た「うにいくら軍艦(税抜150円)」と「あさりバター(税抜200円)」です。ウィークディなので通常の寿司は1皿(税抜)90円です。

地面のナナカマド

 買い物をして、帰りに本通のナナカマドの街路樹の道を通りました。
 荒れた天候の度に実がたくさん落ちたと書いています。今日もたくさん歩道に落ちていましたが、手前側にあり黄色い実は皮だけのようです。前に落ちた物でしょうか。
 他の実も皮にしわができているようで、こうなると野鳥には美味しいと聞きました。

まだ残っているナナカマド

 いつものパターンですが、まだたくさん実が残っている木もあります。
 今日写真を撮っていて気付いたのですが、全部の実がシワシワになっています。クリックで拡大するとよく判ります。最近の写真は断り書きが無い物はすべて拡大します。
 欲を出して河口へ行きましたが、雨風が強くなって無駄足でした。

2015年11月26日(木):名残りの雪

まだ室温14℃

 私は明日が8週に1回の受診日なので、仕事は今日までです。
 今日から荒れ模様になるそうで、風が強くなって来ました。室蘭の乳酸菌飲料会社のがん検診は7時20分開始なので、6時30分出発でした。超音波検査が加わります。
 終了間近の9時過ぎになっても、ストーブの温度計が示すように室温は14℃です。

名残りの雪

 2か所目は昼またぎで 室蘭中小企業センター での合同健診でした。
 3階の大会議室が健診会場です。手の空いたときに窓から下の駐車場を見ると、1台だけ屋根に雪を載せた乗用車がいました。室蘭は積雪が無いので持って来たのですね。
 クリックで拡大すると判りますが、右の2台は札幌ナンバーです。数字は消しました。

小さなグリーン

 室蘭中小企業センターは新しくはありませんがお洒落な建物です。3階には素適なサロンがありますが、勿論健診では使ったことはありません。
 暖房もよく効きますしエレベーターがあるので助かります。会議室には小さい観葉植物がいくつか飾られています。診察コーナーには2鉢あって、感じが良いですね。

車内で更新

 15時に今日の健診は終了しました。明日も健診は続くのでスタッフに挨拶をして、H田さんにバンで東室蘭駅まで送って貰いました。雨風強く、とても寒かったです。
 グリーン車は電源がありますので、写真のように店開きをして、絵日記を書いています。画像処理を考えてテンキー付の大型のノートPCです。今から見直してアップします。

2015年11月25日(水):雪国へ

今朝の市電は721号こくほ号

 昨日より1時間早い朝7時45分集合で、午前中は北斗市七重浜のトラックディーラーの健診でした。車は昨日より混んで、やっと車の間から721号市電こくほ号が撮れました。
 今朝も函館は積雪が全くありません。札幌は40cm以上の積雪で62年ぶりとのことです。終了後室蘭市に移動しましたが、七飯町から積雪があり、隣町なので驚きました。

有珠SAから望む噴火湾

 高速道路を移動すると、八雲町や長万部町では積雪が多く、伊達市に入ると少なくなりました。これは有珠サービスエリアから上り方面のサービスエリアを撮った写真です。
 海は噴火湾です。対岸の左側に見えるのが駒ケ岳です。残念ながら山頂には雲がかかっています。駐車場の周囲には雪が残っています。

有珠山と昭和新山

 これは来た方向を振り返って撮りました。
 正面の山が有珠山でその裏側に洞爺湖温泉があります。画面の右端にかろうじて昭和新山が写っています。右側の地面を見ると判るように、草の上には雪が残っています。
 13時過ぎにこのサービスエリアに着いて昼休みです。

かき揚げうどん ミニカニめしセット

 調べませんでしたが同じサービスエリアの食堂でも上りと下りで、前はメニューが違いました。噴火湾はケガニが獲れて、長万部の名物になっています。
 かき揚げうどんとミニカニめしセットで840円です。少し残しましたよ。東室蘭ではさるホテルの健診で、終わってそのままチェックインしました。室蘭も全く積雪がありません。

2015年11月24日(火):牡蠣のパスタ

小雨の中の8101号どーもくん号

 本当に珍しいことですが、集合時間が8時45分でした。こんな遅いのは初めてでは、と家内は言っていましたが、ベテランの看護師さんも同意見でした。有難いです。
 小雨が降っていました。途中すれ違った函館市電8101号どーもくん号です。超低床車のらっくる号が3台あるのに、只1台の部分低床車で、NHK函館放送局の宣伝塗装です。

横津連峰の雪

 昼またぎで流通団地の会館で合同健診をしました。みぞれが降っていましたが気温が高いので雪は積もりません。札幌では20cmもの積雪があったそうです。
 15時半からの七飯町の製麺工場の年2回目の健診に行くときに、周りの山には積雪が少しあるのに気付きました。工場についてから撮った横津連峰の一部です。

パスタリア店内

 帰りが少し遅いので、スタッフが泊まっているホテルまで迎えに来てくれる家内と、その近くのパスタ屋さんに夕食に行きました。本町交番裏の パスタリア(ぐるなび) です。  昨年4月11日にウニとイカの和風パスタを食べました。早くて他の客がいなかったので撮った店内です。テーブルは2卓で広いカウンター席があります。出るまでに5名来客がありました。

カキとキノコの味噌味しそ風味

 パスタ専門店でコーヒーやデザートもありません。和風スパゲティも種類が多いです。「この時期美味しい」とすすめているのが知内産のカキを使った5種類のパスタです。
 これは私の頼んだ「カキとキノコの味噌味しそ風味(税込1458円)」です。牡蠣とシメジがぷりぷりでした。隣はミニ大根サラダです。駐車場は狭いのでご注意ください。

2015年11月23日(月):着陸態勢

ふわふわ卵とじそば

 ここ数日同じような寒い日ですが雪が降らなのは有難いです。
 昼食は柏木町の そば処 さんてい柏木店 に行きました。前回は9月18日に季節のおすすめそばを食べています。家内は今日もその内の「ふわふわ卵とじそば(税込650円)」です。
 八百ねっと 高坂農園 の放し飼いの鶏の卵と 王様しいたけ を使っています。

梅おろしせいろ

 私はうどんも蕎麦も冷たい物が好きで、余程寒くない限り温かい麺は食べません。
 通年のメニューから「梅おろしせいろ(税込770円)」を頼みました。納豆もたくさん入っていて梅も大きいです。大根おろしが多いので納豆も最後は粘り気の無い豆だけになりました。
 12月の朔日(ついたち)そばは11月30日で黒豚の肉そばと言われました。

アオサギ

 今日も川へ鳥見に行きました。昨日まで3日連続でダイサギの写真を使っていますので、今日も2羽撮りましたが遠慮します。上手い具合にM川の河口近くにアオサギがいました。
 真っ白なダイサギより模様があってお洒落ですが、その分目立ちません。水に背後の橋の影を入れました。水鏡も出来ています。空腹でないようで魚は獲りませんでした。

着陸態勢のJAL

 湯の川温泉のすぐ傍の高台に 函館空港 があります。
 風向きによって市街地の方から着陸しますので、自宅の1階の窓から飛行機が見えます。湯の川温泉のビルすれすれのように見えますので、そんな写真を撮ってみたいです。
 これは空が白いし、出来れば外国の飛行機の方が良かったですね。

2015年11月22日(日):イクラ狙い

ユリカモメがいっぱい

 最高気温5℃最低気温1℃の寒い日でした。昼頃旭川で15cmの積雪とニュースで報じていましたが、幸いこちらは晴れ間の多い1日でした。
 昼頃ユリカモメがいる北斗市上磯のH川に行きました。ユリカモメは川へ飛び込んで食事中でした。家内が100羽はいたと言うくらい多かったです。オオハクチョウは来ていません。

左から2羽目がイクラを咥えている

 ユリカモメの半分位が私たちのいる川上側に移動して来て、目の前で水中にダビングするのを見せてくれる大サービスでした。給餌を期待したのかも知れません。
 クリックで写真を拡大すると判りますが、右から2羽目の手前のユリカモメのクチバシの間にイクラが見えます。イクラ狙いについては 野生動物・野鳥編に1ページあります。

2羽のユリカモメがイクラを咥えている

 イクラを咥えているのを狙って撮ってもうまく行きません。多くのユリカモメが飛び込んでいる場面を撮って、後で画面をチェックします。今日は10余枚撮って2枚に写っていました。
 こちらは左右それぞれ2羽目が咥えています。暴れているサケを突いていますが、苦しくてサケは産卵してしまうのだと思います。自然産卵のイクラも水底にはあります。

今日のダイサギ

 所用があって函館へ戻ったのは15時過ぎでした。
 ユリカモメだけでは絵日記は苦しいです。夕日に染まったダイサギを狙って、近くの川へ行きました。S川の橋の近くのダイサギです。狭い川なので人馴れしないといられません。
 M川でも1羽撮りましたが、夕焼けも水鏡もありませんでした。

2015年11月21日(土):今日もダイサギ

カルガモが近くを通る

 朝から強風でしたが晴れて寒い日です。最高気温も1桁でした。
 昼過ぎに家を出る前に1雨あって、止んでも暗い曇り空になりました。
 M川でY川の合流部にダイサギがいて、犬の散歩の人が「シラサギがいますよ」と教えてくれました。足許をカルガモのペア通り過ぎて行きましたが気にしないようです。

川の中央で

 犬の散歩の人は見過ごしたのに、カメラを持った私たちが近付くと、飛んですぐ傍の川の中央に降り立ちました。干潮時で川はとても浅いです。
 風が強いので水面が波立って、水鏡は出来ません。魚を獲る気は余り無いようで、羽繕いをしたり首のストレッチなどをしていました。羽の先端と尻尾の関係が判りますね。

ヒドリガモ3羽

 河口部にも行ってみました。カルガモとカモメが少しいただけです。
 もっと海側に3羽の小さいカモが見えました。肉眼では種類は判りません。望遠側にして見るとヒドリガモでした。おでこが白い両側の2羽がオスです。クリックで拡大します
 ヒドリガモは海に近い河口部で少数が越冬します。上流には来ません。

水平線ですれ違う船

 水平線側は日が射して明るくなっています。
 通り過ぎる船の影が陽炎のようになって面白いと思て見ていると、2隻が交叉しました。カモメも飛んでいるので600ミリで撮りました。クリックして拡大すると判りますよ。
 絵日記に壁紙サイズの写真を使うようになったせいで撮った写真です。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について