別館


写真絵日記


2015年 3月30日(月):定番のクロッカス

ホワイトハウスのクロッカス

 昨夜入門掲示板にsakaさんが 遺愛女子中学・高等学校 のクロッカスの写真をご投稿下さいました。入り口で住所氏名車のナンバーを書けば入れて貰えます。
 建物は国指定重要文化財、通称「ホワイトハウス」の旧宣教師館で、その周囲にたくさんのクロッカスが植えられています。何故か紫と白色だけで黄色い花はありません。

壁紙サイズです

 2003年に映画「星に願いを」の函館ロケは前庭のクロッカスを生かして撮影され、撮影用のクロッカスも追加されました。映画のヒットで更に有名になりました。
 詳細は 花を訪ねて・短編版 の「函館市遺愛女子高校のクロッカス」をご覧下さい。クリックで 1366×768ピクセルの画像 が別ウィンドウに表示されます。
 この写真をトリミング無しで、北海道テレビ・HTBの「北海道・花情報」に投稿 します。

仲良く休みカワアイサのぺア

 午後は川へ行ってみました。そろそろオシドリがやって来そうです。
 M川の上流側にいるカワアイサのペアは最近離れていることも多く、家内は喧嘩したのだろうかと心配していました。今日も初めは100mも離れていて別居かと思いました。
 でもその内にメスが泳いで行って傍に上がり、並んで日向ぼっこをしていました。

遠すぎるカワセミ

 S川の公園の近くの川辺の木にはカワセミが来るので、カメラマンさんがよく貼り付いています。今日は誰もいないので、通りがかりに見るとカワセミが止まっていました。
 少し川幅があるので、600ミリの私のカメラでは50%縮小画像でもこのサイズです。全体像を右下の枠内に入れました、豆粒みたいですね。

2015年 3月29日(日):今年も巣造り

オニグルミを見つけた

 昨年春は イスカの当たり年(絵日記) で何度もイスカを見ているので、10時半頃見晴公園に行きました。今日は残念ながらイスカもウソも見つけられませんでした。
 公園の奥の方で見たエゾリスは、自分でオニグルミを探し当てて、こちらを見ています。その後に松の木に登って食べ始め、その様子を別館のトップ写真にしました。

穴を掘るヤマゲラのメス

 別行動をしていた家内と待ち合わせ場所の近くに、木の根元に新しい木屑が落ちていて、上に穴が開いています。家内は既に穴を掘ったヤマゲラを撮っていました。
 しばらく待つとそこへヤマゲラのメスが飛んで来て、木を突き始めました。昨年春は別の場所でヤマゲラの子育てを見ましたが、今年はこちらへ移ったようです。

手乗りのヤマガラ

 久しぶりに緑のセンターに寄ったら、開設時に贈ったポスターサイズのエゾリスの写真がまだ飾ってありました。最近はご無沙汰なので、嬉しいですね。
 出口近くの林の中で、ゴジュウカラやヤマガラが近くで餌を取っているので、家内が手に餌を乗せて見せました。案の定ヤマガラが何度も餌を取って行きました。

水を飲むエゾリス

 手乗りを止めて帰ろうとしたら、エゾリスが近付いて来ました。
 見ていると浅い川に入って、水を飲みだしました。たくさん飲んでいましたよ。
 見晴公園のキクザキイチゲが咲き始めていました。まだ近所の道端のムラサキツツジも咲きました。後程、北海道テレビ・HTBの「北海道・花情報」に投稿 します。

2015年 3月28日(土):新外環道のキツネ注意

知内町の湯の里のオオハクチョウ

 気温は14℃まで上がりましたが、相変わらず風が強いです。毎年この時期に、知内町で渡りの途中のハクチョウを見て、道の駅併設の食堂でカキフライ定食を食べています。
 なかなかハクチョウに会えませんでしたが知内町の山間部に当たる湯の里で、食事中のオオハクチョウの1群を見つけました。10羽以上いて一部は畦道で休んでいました。

カキフライ定食

 知内町の道の駅〜しりうち に併設された農村活性化センターには 食事処ヤママル(はこぶら) と言う食堂があります。地元産のカキやニラを使った料理が多いです。
 公私共々よく使っていて、カキフライ定食(税込800円)は毎年何度か食べています。カキフライは5個で、中がジューシーで、2日連続で食べた健診スタッフもいました。

新外環道のキツネの絵柄の動物注意

 3月15日の絵日記で、前日14日に函館ICから赤川ICまでが開通した自動車専用道「函館新外環状道路」(新外環道・しんそとかんどう)を紹介しました。
 ここに立っている動物注意標識のキツネの絵柄は初めて見る物で、狸と並んでいる絵柄のキツネと同じです。北海道の旅 の「動物注意」に追加しようと思っています。

スイセンも咲きました

 こちらの民家では、我が家も含めてクロッカスは満開状態になりました。
 スイセンについては3月23日の絵日記で自宅玄関前のスイセンが咲きそうと書きました。昨日花が開き始めて、今日は完全に咲きました。自宅の物なので北海道花情報には投稿しません。近所の道路脇のムラサキツツジは咲き始めていて、明日撮ろうと思っています。

2015年 3月27日(金):ハクチョウはいない

農作業が始まっている

 24日に大沼の近くでオオハクチョウを見たので、もう一度行きました。
 今回は行きに大野平野の農耕地を夏にたどるコースを全部通ってみました。
 もちろん雪は全くありません。あちこちで農作業が行われていて、苗を覆うビニールトンネルが光って見えます。ヒバリの声を聞きましたが、姿は見えませんでした。

カワアイサの小島

 小沼は半分くらい、大沼はまだ半分以上が氷結しています。
 水鳥はとても警戒心が強く、車を停めると逃げる程です。オシドリのオスを数羽見て、1羽は撮れたのですが枝被りでした。今日は田畑にも湖面にもハクチョウはいませんでした。
 これは大沼の岸から遠い小さい島ですが、カワアイサがたくさんいます。

今日は駒ケ岳が見えました

 3月19日の絵日記で使った写真と同じ大沼の場所から撮っています。
 最近2回は大沼へ行っても駒ケ岳が見えませんでした。今日は黄砂ののような春がすみなのか、遠くがぼけてはっきりしません。今回は凍った部分がかなり少なくなっていました。
 ここにもカワアイサのペアがいたのですが、逃げ足が速いです。

逃げるウミアイサ

 夕方M川沿いのスーパーに行く家内のお供をしました。
 川を覗いてみるとアオサギがいて、ちょっと驚きました。上流を泳ぐウミアイサのペアもいました。遊歩道を追いかけて数枚撮りましたが、じきに飛んで逃げて行きました。
 常連さんのようになったカワアイサのペアは全く逃げなくなって、対照的です。

2015年 3月26日(木):波高し

海越し函館山

 快晴で最高気温も11℃になりました。
 風は強かったですが海の様子を見に下海岸(戸井恵山方面)へ行きました。
 考えていたよりも強風で、そのために波がとても高くて、鳥見どころではありません。海越しに見た函館山ですが、波の高さが判ります。手前の海上にカモがいます。

皆ヒドリガモです

 港の外で、波消しブロックとの間の波の低い場所にヒドリガモがたくさんいました。
 本州では珍しいカモではありませんが、当地では冬には余り多くはありません。北国への渡りの途中かも知れません。
 頭が赤いのがオスで黒っぽいのがメスです。海藻を食べていました。

波とコクガン

 コクガンは余り見ませんでした。今年は早く帰り始めたのかも知れません。
 旧戸井町の海岸の波消しブロックの外の岩礁に1群のコクガンがいました。後の画面いっぱいに白く写っているのは高い波です。
 こんな所でも餌を取っていて、野生はたくましいといつも思わされます。

8008号NCV号

 風と波のせいもあり行先を誤りました、まともな写真は撮れませんでした。
 それで昨日函館駅前で撮った函館市電の写真を見て下さい。NCV は当地のケーブルテレビ会社で、昨年夏からの新塗装です。マスコット名は「チャンネル ヒカリ」です。
 例によって、クリックすると 1366×768ピクセルの画像 が別ウィンドウに表示されます。

2015年 3月25日(水):駅前で市電撮影

餌を食べるエゾリス

 見晴公園で何度もウソを見ているので、風が吹き荒れていましたが昼前に行きました。
 離れて歩いていた家内がリスに餌をあげているのが見えました。馴れていて近寄って来たそうです。先日のエゾリスは餌を埋めていましたが、今日は食べています。
 強風で耳の総毛も尻尾の毛も激しく揺れています。まだ冬毛ですね。

アカゲラ

 公園の奥の方でアカゲラを見つけました。
 高い木の上で餌を探しています。遠くて小さく見えたので、コゲラかと思いましたが、よく見るとお腹の赤いのが判りました。後頭部が赤いとオスです。
 高い木の上で仰ぎ見て撮ると、なかなか顔が写らないのですが、これは目も見えます。

函館駅前で交差する市電

 昼から家内のお供でJR函館駅前のデパートに行きました。1時間ほど時間があったので函館駅前に市電を撮影に行きました。市電だけの信号で曲がるので撮り易いのです。
 交差する724号と3002号です。どちらも水産会社の宣伝塗装なのが函館らしいです。
 クリックすると 1366×768ピクセルの画像 が別ウィンドウに表示されます。

函館駅前電停

 JR函館駅前交差点の函館山側に市電の函館駅前電停があります。
 昨年11月26日から新しい電停に替わりました。スロープがゆるくなっています。
 写っている市電は715号と3003号です。ここは函館市電の電停で1番利用客が多いそうで、2番目は確か五稜郭公園前電停と思います。背後の函館山には少し残雪があります。

2015年 3月24日(火):今度はオオハクチョウ

ここには8羽写っています

 5日前の19日に大沼付近の田畑は雪で覆われていて、大野平野の農耕地でコハクチョウやマガンを見ました。今日は最初にその農耕地の方に行きましたが、何もいません。
 大沼周辺の田んぼに行ってみると、雪の降る中でハクチョウの群を見つけました。10羽以上はいたのですが、この写真には8羽しか写っていません。遠くに他の群もいるようでした。

オオハクチョウです

 車を降りて撮りに行ったので、歩いて段々離れて行きます。
 こちらはクチバシの黄色い部分が多くて、その先は尖っています。これは当地でよく見るオオハクチョウです。コハクチョウより体が大きいのですが、並ばないと判りません。
 雪の舞う中を走り回って、やっと会ったオオハクチョウでした。

小沼の岩礁

 大沼を一周しましたが大部分がまだ氷結していました。
 小沼の方は小島がたくさんある方は氷は殆ど融けていて、渡りの途中の鳥が泳いでいました。数的にはマガモが圧倒的に多く、アオサギもたくさんいます。
 岸から逃げ出して、少し離れた岩礁に止まったアオサギです。

笹色ツートンの723号函館市電

 函館市内は比較的天気が好くて、昨夜少し積もった雪も昼にはとけてしまい、空も明るかったです。しかし風が強くて、最高気温6℃とは思えない寒さでした。
 日課のように川を覗いて、帰る途中で市民会館傍ですれ違った723号車です。この塗装は笹色ツートンと言う古い標準塗装ですが、今はこの1台だけになりました。

2015年 3月23日(月):そろそろ咲きそう

そろそろ咲きそう

 昨日まで連日10℃超でしたが、今日は雪も降って、最高気温は4℃でした。
 風も強くて一転とても寒くなってしまいました。それでも我が家の玄関前のスイセンは蕾に色がついて来ました。そろそろ咲きそうです。
 HTBの北海道花情報 には、自宅を含む個人の家の庭の花は投稿しません。

隠れているつもり?カワアイサのメス

 寒いですが絵日記ネタはないか川へ車で行きました。
 いつもの木の下に今日もカワアイサのぺアがいて、葉の無い枝の下で水に入って休んでいました。隠れているつもりだろうかと家内が言いましたが、そうなんでしょうね。
 こちらはメスです。見られるのが嫌なのか川下へ泳ぎ去って行きました。

はま寿司のあさりうどん

 昼食は、家から一番近い回転寿司の はま寿司 函館本通り店へ行きました。こちらではフェアは「生本ずわいと貝祭り」ではなく「大とろと貝祭り」です。
 寒いので暖かいサイドメニューの「あさりうどん(税抜250円)」を注文しました。これは全国版のメニューには無いですね。前に食べたときはアサリは10個で今日は9個でした。

1輪だけ開いたムラサキツツジ

 函館は北海道では暖かいので、花も早く咲きます。伊達市の花通信員の方が引退されて、今年の HTBの北海道花情報 はまだ私の投稿だけです。
 最近は別の場所のムラサキツツジを投稿していましたが、今年はそれ以前に投稿していた、家の近くの街路樹のムラサキツツジを出します。1輪だけ咲いて、もう少しです。

2015年 3月22日(日):やきとり弁当ぷち

家内の手から剥きグルミを貰う

 昨日函館公園にウソがいなかったので、今日は見晴公園に行きました。  相変わらずカメラマンが多いです。じきにエゾリスに会いました。少し離れて尻尾を掻いていたので、しゃがんで呼んだら寄って来ました。餌をあげても埋めてしまいます。
 家内の手から剥きグルミを貰っているところですが、これも埋めました。

ヤマゲラのオス

 公園の中心部で、何回かヤマガラが手乗りする場所でヤマガラを探していました。
 すると足の近くをヤマガラならぬヤマゲラが通り過ぎて、近くの木に止まりました。頭が赤いのでオスです。本州のアオゲラの北海道亜種ですが、こっちらの方がハンサムです。
 昨年は子育てを長期間見せて貰いました。同じ鳥かも知れません。

近寄らないエゾリス

 公園の奥の方で餌を探しているエゾリスを見つけました。
 こちらは全く近寄って来る気配がありません。その内にオニグルミを見つけて、邪魔されないように木に登ってかじり始めました。カリカリ音がするのでよく判ります。
 顔にコブがあるように見えますが、多分冬毛の脱毛のせいだと思います。

やきとり弁当の中(左)とぷち(右)

 昨夜ネットを見ていた家内が、地元のコンビニ ハセガワストア のやきとり弁当に20日から「ぷち」が出来たと教えてくれました。やきとりと言っても豚肉を使っています。
 ぷちはご飯の量が少なく、鶏肉使用で、野菜も多く女性向(<北海道ニュースリンク)とのこと。左が中で右がぷち(税込380円)で共に味は「たれ」です。少ししょっぱかったそう。

2015年 3月21日(土):函館公園へ

函館公園から函館山山頂を望む

 数年前に 函館公園 にウソがたくさん来てニュースになりました。同公園は函館山山裾にあり、五稜郭公園に次ぐサクラの名所です。天気も好いので車で昼前に出かけました。
 タンポポも早く咲くので、それも狙いです。動物舎側から見た函館山山頂です。すがすがしい青空でしたが、風が少しありました。最高気温は12℃になりました。

空き地にあったフキノトウ

 裏口から正面まで公園を縦断しましたが、注意深く探してもウソは見られませんでした。前記ホームページの野鳥歴にはウソは2月末から3月一杯にに載っています。
 たくさん来て花芽を食べるとサクラの開花数に影響するので、ウソは桜守には悪役です。公園の近所の空き地にはフキノトウが密生していました。もう食べられませんね。

青柳町電停付近の8006号JACCS号

 公園の前が啄木に歌われた青柳町の電停です。ここはどちらから見ても高くなっていて、市電撮影の絶好の場所です。クリックで 1366×768ピクセルの画像 が表示されます。
 写真の8006号JACCS号は原色塗装は避ける新基準の塗装です。札幌ナンバーのオートバイ来たいたカメラマンさんが線路に腹ばいになって通り過ぎた市電を撮っていました。

海越しの市街地と湯の川温泉

 帰りに少し回り道してS吉漁港の方に廻ってみました。
 その近くでコクガンとかキアシシギなどを撮っています。風が強くなって来たので波が高く、白波も立っていました。見えるのは大森海岸と湯の川温泉です。
 ここにも漁港にも成果はありませんでした。鳥は1枚も撮れない日でした。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について