別館


写真絵日記


2016年 9月27日(火):ヒメウが川に

3002号はこだてわいん号

 今回の健診スタッフは、昨日苫小牧での健診を終えてから函館に入り、今日と明日の会場の通信会社の健診会場をセッテイングしてくれました。おかげで今日は8時半集合です。
 12時半に午前の健診が終り午後は13時半開始です。昼食に外出しました。スタッフのA部君に読まれていたように、道路では市電撮影です。3002号 はこだてわいん 号です。

まる活水産のよくばりランチ

 柏木町電停の横のいつも行く蕎麦屋さんは定休日で、その近くの回転寿司 まるかつ水産柏木店 に入りました。税抜270円の皿が多いでしょうか、最高値は770円です。
 税抜1,000円のランチが2種類あって、その内の「よくばりランチ」を注文しました。小さい蕎麦の丼や茶碗蒸し、プリンまで付いています。支払いは税込950円でした。得したような・・

泳ぐヒメウ

 15時に健診が終りました。会場まで家内に迎えに来て貰い、昨日のゴイサギを見に行きました。今日も家内が見つけて撮ろうといていたら、目の前を小さいウが泳いで行きます。
 ヒメウです。顔も真っ黒なので冬羽でしょうか?ヒメウは海にいると思っていて、ここでは初めて見ました。家内の話ではカルガモに驚かされて飛んで行ったそうです。

ゴイサギいました

 昨日と同じような場所に今日もゴイサギがいました。
 半分眠っているようですが、時々羽繕いもしています。夕方で曇っていて遠いので、鮮明には撮れません。不思議なことにゴイサギはいますが、幼鳥のホシゴイが見えません。
 ゴイサギは2羽いると書いている方もいますので、これからも探します。

2016年 9月26日(月):ついにゴイサギ

餌を掘り出すエゾリス

 今週は明日から4日間市内の通信会社の健診で、今日はスタッフの移動日です。
 昼前に見晴公園に行きました。最高気温25.9℃と長袖では暑かったです。
 餌を掘り出しているエゾリスで、愛想無く行ってしまいました。家内は3匹見たそうですが、私はこの1匹だけでした。岩手・北海道豪雨の折れた木など片付けが進んでいました。

カエデ「大盃」の紅葉の始まり

 野鳥も来てくれないし、絵日記ネタに困ると思って撮った、緑のセンター前の紅葉の始まりです。札には「オオサズキ」と書いてありました。
 ネットで調べてみると、漢字は「大盃」です。自然の色合いのカエデの代表種だそうです。見晴公園は紅葉の名所ですが、まだまだ先の話です。その時は混雑します。

木の下で眠るカワアイサ

 帰りに川へ寄ってみました。今日はアオサギはいません。
 見える範囲はカルガモとカモメだけです。上流の方に歩いて探すと、水面側に伸びた木の下にカワアイサが眠っていました。近くにもう1羽いましたが1画面には収まりません。
 今日もオシドリは全く見られませんでした。南へ渡ったのでしょうか。

とうとうゴイサギを見つける

 カワアイサのいた場所より少し下流で、林の木の枝に止まったゴイサギを家内が見つけました。私はもっと水面近くの木の上を探していました。
 眠っているようですが時々薄目を開けます。虹彩が赤いので赤目に見えます。その後も周囲を丁寧に探しましたが、幼鳥のホシゴイがいません。出かけたのだと思います。

2016年 9月25日(日):田んぼアート完成

完成した?田んぼアート

 昼過ぎの特急で娘が帰ります。今回は途中で食事して、新函館北斗駅へ送りました。
 絵日記で2回紹介した、駅北側の窓から見える田んぼアートを見たい言って見に行きました。8月25日の田んぼアート7月15日の田んぼアート です。稲穂も実って完成ですね。
 前回とは「ほ」の字の色が違うと家内に言われました。7月は田んぼに水があります。

ホームのはやぶさ24号

 3月末に新幹線で上京しましたが、はこだてライナーで新函館北斗駅へ行き、在来線ホームから直接新幹線駅に入りました。今回は乗用車を公営駐車場に置き、私たちは入場券を買って、新幹線改札口から入りました。ホーム柵も大部分が透明ですね。
 娘からのメールでは、空席があったけど八戸駅でほぼ満席になったそうです。

たたずむホシゴイ

 帰宅してもまだ早かったので、川へ行ってみました。
 Y川とM川の合流部の岸にホシゴイが1羽立っていました。ゴイサギはアオサギより大分小さく、ゴイサギ幼鳥のホシゴイは始めはとても小柄で、段々成鳥と同じになります。
 枝陰から撮ったのですが、近かったので2枚撮ったら気付いて飛び去りました。

樹上のアオサギ

 対岸に回って上流まで野鳥探しです。カワアイサは犬走りから逃げ去りました。
 上流の方に2羽のアオサギがいたのですが、友達ではないようで、鳴き叫びながら飛び回っていました。1羽が対岸の木の上に止まったので、背景を変えて何枚か撮りました。
 アオサギやダイサギは冬になると、市街地の川に戻って来ます。

2016年 9月24日(土):知内町へ

今日は焼きアワビを注文

 7月は弟と、8月は息子や孫と行ったかき小屋知内番屋(絵日記) へ今日は娘と行きました。家内や娘は焼きウニを楽しみにしていましたが、今日はありませんでした。
 代わりに焼きアワビ(サービス価格で税込580円)を頼みました。冷凍物のようで踊り焼きにはなりませんでしたが、焼けると柔らかくて美味しかったです。

特盛りがんがん焼き

 貝は前回も頼んだカキ10個他が入った がんがん焼き特盛り(絵日記) を注文しました。4つ入ったホタテも大きくて税込3,000円の価値は十分あります。
 がんがんで持って来てくれた時には既に焼けているので手間要らずです。他に、じゃがバター塩辛ホイル焼き(税込380円)も食べ応えがありました。

青函トンネルから出て来る

 青函トンネルをくぐった北海道新幹線は知内町で地上に出て来ます。
 そこが見える場所に展望台があってビューポイントになっています。トンネルに出入りする上り下りの時間の一覧表もありました。下りはやぶさ11号がトンネルから出て来ました。
 もう少しカメラを右に向けてトンネルの全部が写っていれば良かったです。

はやぶさ11号

 目の前を通り過ぎるまでに数枚は撮影出来ます。
 意外なことに10両編成の全車両が1画面に収まりました。先頭車両だけを大きく撮ることも出来ました。運が好ければ貨物列車と交差する場面も撮れるそうです。
 知内町の道の駅の2階も展望所になっていて、新幹線の撮影ポイントです。

2016年 9月23日(金):果物買いに

あぐりへい屋の厚沢部産プルーン

 昨夜からの雨が昼近くに小降りになりました。
 果物が少なくなったので購入しようと、先ず JA新はこだて直営売店 あぐりへい屋 に行きました。写真の厚沢部産のシュガープルーンがたくさんあり、1パック280円と安いです。
 左はパープルアイで、熟すと甘いと言うようなことが書いてありました。

枝からぶら下がるプルーン

 リンゴは みやご果樹園 に黄王とつがるがあって、黄王(1個100円)を買いました。
 ブルーベリーは毎朝ヨーグルトに入れて食べ、切らしてしまいました。築城果樹園 へ行きましたが、もう終わったそうです。昨年は冷凍物を売っていましたが、今年は無いそうです。
 畑にはプルーンが鈴なりですが、これは収穫にはまだ早いそうです。

函館駅の売店のいかめし

 娘がお土産を買いたいと言うので、JR函館駅の売店 四季彩館 へ行きました。
 お土産も函館だけでなく全道の有名な品が購入出来ます。
 これはいかめしを集めたコーナーでで、知らない物がたくさんありました。クリックして拡大すると、包装の文字が読めます。右は森駅の駅弁 いかめし阿部商店 の商品です。

サケを食べるカモメの幼鳥

 帰りにM川へ寄ってみました。最近ここで木に隠れたゴイサギを撮られて方がいます。
 中洲ではサケの死骸をカモメの幼鳥が食べていました。この川にはサケが遡上しますが、ニュースにもなりません。産卵を終えて死んだサケをホッチャレと言います。
 雨で濁流になっていて、ホシゴイもゴイサギも見られませんでした。

2016年 9月22日(木):恵山南茅部観光

可愛い鹿の絵

 ここ数年、娘は年末年始にだけ帰省しているので、夏の観光を勧めて昨夜帰りました。
 今日はお客様歓迎の定番の、恵山の麓の ホテル恵風 に昼食に行きました。最近よく見る「動物注意」の電光掲示板です。日本語は「野生動物の飛び出しに注意願います」です。
 イカ刺しはすでに売り切れていて、海鮮丼にしました。

縄文時代体験学習室

 食後は群発地震が続いた川汲のある南茅部地区に行きました。
 函館市縄文文化交流センター の 北海道唯一の国宝 中空土偶(北海道Likers) を見るためです。とても優しい顔をしています。ここで出土した展示物もとても多いです。
 写真は縄文時代体験学習室で作ることが出来る物品です。時間があればどうぞ。

道の駅・縄文ロマン南かやべのクルミソフトクリーム

 併設された道の駅 縄文ロマン南かやべ は国内唯一の国宝のある「道の駅」と言われています。道の駅としては規模は大きくありませんが、食べ物などのお土産はあります。
 ここのソフトクリームにクルミの粉をまぶした、じょうもんクルミソフト(税込280円)を注文しました。縄文人もオニグルミを食べていました。香ばしくてエゾリスの気持ちが判ります。

函館牛乳のあいす118

 帰る途中に回り道をして、函館牛乳の あいす118 に立ち寄りました。
 もうアイスは食べませんが、娘が知らないと言うので、海の見える高台の立地条件を見せるためと、夕食用のコロッケを買うためです。閉店ちかくでもお客さんが多くいました。
 明日は知内町へカキを食べに行くつもりですが、一日雨の予報です。

2016年 9月21日(水):ホシゴイは2羽

生簀イカ

 今週は仕事はお休みです。今夜遅く娘が新幹線で帰省し、明日から函館観光です。
 関東在住の2人の妹と息子に生簀(いけす)イカを送りに 中島廉売 に行きました。魚通り のお店で、毎年来ています。頼んで皮を剥いて送って貰いました。
 朝市や自由市場と比べると、規模はずっと小さいですが「市民の台所」で安いです。

昭和橋の715号シゴトガイド号

 そこから近い昭和橋たもとのスーパーに行きました。
 亀田川のコハクチョウをしばらく見ていないので、何回か車を停めて川を見ましたがいません。河口にもいませんでした。岩手・北海道豪雨があったので、どうしたか心配です。
 昭和橋を走り過ぎる715号シゴトガイド号です。進行方向に小さく函館山が見えます。

タイヤに乗った1羽目のホシゴイ

 午後に湯の川の先に買い物に行き、途中で川を覗いてみました。
 中洲にはカワアイサはいません。昨日見付けた場所より下流の対岸にホシゴイがいました。何と流れ着いたタイヤの上に乗っています。
 一番川幅がある場所なので、こんな大きさにしか撮れませんでした。

片足立ちの2羽目のホシゴイ

 カワアイサを探してもっと上流へ行くと、対岸のホシゴイの足に先ず気が付きました。片足を上げて立ち、リラックスしています。確認すると下流のホシゴイはそのままです。
 2羽いるとは今日初めて気付きました。この近くに親のゴイサギもいるかも。
 カワアイサは河口で寛いでいました。通えば色々のことがありますね。

2016年 9月20日(火):ホシゴイ馴れたか

遊歩道を塞ぐ倒木

 西日本は台風16号で大荒れですが、北日本は落ち着いた天候です。
 この夏以降初めて川沿いに海岸まで歩くことにしました。冬には色々な冬鳥が見られるのですが、まだ期待薄です。運が好ければカワセミに会えるかも。
 市民会館の近くで倒木が2本川にかかっていて、遊歩道も通れませんでした。

羽を乾かすウミウ

 S川沿いに河口近くまで歩くと、ウミウが漁をしていました。
 潜って進むのも私が歩くよりずっと速いです。離されてしまいましたが、河口の岸に上がるところが見えました。羽を広げて乾かします。何故か口を大きく開けました。
 ここには最近2羽のウがいます。もう1羽は立っているだけでした。

仲好しカワアイサ

 今度は河口部が合流するM川沿いの遊歩道をさかのぼります。
 遠くからいつもの仲好しカワアイサが泳いで来ました。体型と色合いで判ります。
 中洲の近くで待っていると、水中を見たり潜ったりしていましたが、2羽で中洲に上がりました。いつも一緒にいます。時々何か話し合っているように見えることがあります。

魚を狙うホシゴイ

 今日はホシゴイは水面近くの枝に立っていました。川の中を見て魚を探していたのかも知れません。人も通るし、私たちがカメラを構えて見ていても気にしないようです。
 枝から枝に移ったり、写真のように水の中に立ちました。見ている間に魚は獲れませんでした。その内近くの枝に上がって、動かなくなりました。人馴れして来たようです。

2016年 9月19日(月):ゴジュウカラが来る

クルミを回すエゾリス

 午前中に干潮に合わせて2か所の海岸に鳥見に行きましたが、成果がありません。
 天気も良いのでそのまま見晴公園に行きました。休日なので家族連れが多いです。
 一昨日3匹のエゾリスに会った場所へ行くと、じきにオニグルミを持ったエゾリスを見つけました。くるくる回して割りやすい場所を探します。もう1匹現れて、写真も撮れました。

体を伸ばすゴジュウカラ

 車に戻ろうと東屋の近くを歩いていたら、ゴジュウカラが飛んで来ました。
 近くに止ってこちらを見ているので、剥きグルミを手の平に乗せて差し出しました。待っていたとばかり手に乗ってクルミを取って行きました。体は長いですね。
 ゴジュウカラの次にはシジュウカラが来ました。ここではヤマガラは遠慮がちです。

体を曲げるゴジュウカラ

 ゴジュウカラが次々に来て、今日はこんな写真が5枚撮れました。
 ヤマガラが1番人に馴れやすくて、いつもはヤマガラが多く来るのですが、この時は警戒心が強いと言うゴジュウカラが何度も来ました。誰かが馴らしたのでしょうか。
 別の場所ではヤマガラがたくさん来ていましたから、特別なんでしょう。

別の場所のホシゴイ

 帰りに川を覗いてみました。今日はカワアイサは見れませんでした。
 目的は昨日のホシゴイ探しです。昨日の木の穴のようになった所はもぬけの殻です。対岸の別の木を見ていて家内がホシゴイを見つけました。枝に乗って寝ているようでした。
 その内に奥の方に枝を伝わって歩いて行きました。起きていたのです。

2016年 9月18日(日):ホシゴイ見つけた

ツガルの落ちリンゴ

 涼しくなりましたが今日は雨は無い予報です。
 野菜や果物を買いにJA新はこだて直売所 あぐりへい屋 に行きました。4個320円のツガルがあり、家内が確認すると、落ちリンゴだそうです。傷の目立たないものを購入しました。
 野菜とブルーベリー(1パック400円)は買えましたが、プルーンはありません。

左のプルーンはパープルアイ

 七飯町へ回って、先ず2軒の果樹園の直売所へ行きました。落ちものだと言うパープルアイが1パックあっただけで、黄色いリンゴ黄王を2個買いました。
 プルーンはのぼりを立てていた マルサン宮田果樹園(絵日記) で右の普通のプルーンと左の超大型の パープルアイ(絵日記) 、どれも1パック400円を各2パック購入しました。

今日の仲好しカワアイサ

 買い物ついでに川も覗いてみました。
 満潮で水に広く浸かった中洲には今日も2羽の仲好しカワアイサがいました。
 確証はありませんがどちらもオスのような気がします。そうならばこれから段々冬羽(繁殖羽)に変わって行くので、その過程が面白いです。

ホシゴイ見つけた

 遊歩道沿いに川上に歩いて行くと、ヤナギの木にホシゴイが止っていました。丁度窓のように隙間になっている場所だったので見つけられました。目が鋭いです。
 ホシゴイはゴイサギの幼鳥で、シマシマの模様があります。今年はカモメに追われているところや遠くから見ただけで、近くで撮れたのは初めてです。通うのは大事ですね。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について