別館


写真絵日記


2016年 7月29日(金):渡りに船

ぱぴあ八雲

 昨夜は八雲町に泊るはずでしたが宿が取れずに、6時45分集合で八雲に移動し、八雲町商工会のぱぴあ八雲での健診でした。受診者には昨年も先生だったと言われました。
 正午の終了後にスタッフは札幌へ帰り、私はJRで函館へ帰る予定なのに、道内は大荒れで夕方までの特急は運休です。道南は空も明るく雨も弱いです。

鷲ノ木遺跡トンネル

 同行している親しいセンターさん(臨床検査センターの職員)が函館の人なので、頼むと乗せて行ってくれるそう。「渡りに船」と思いましたが、少し違うかも知れません。
 お礼に昼食をおごり、私のETCカードを使って、道央道を通って函館に戻りました。大沼トンネルを過ぎたら晴れていて暑いです。今年初めての真夏日になりました。

キラリス函館

 五稜郭駅の駐車場まで家内に迎えに来て貰い、函館駅前の16階建てのランドマークタワー キラリス函館 の1階の部分オープンに行きました。今日は6店舗がオープンです。
 人出が多かったので画面に人を入れずに撮るのが難しいです。手前のカフェ&バー PRONTO はほぼ満席でした。1番奥に大きいサンクスがあります。

まるごと北海道ストア えぞりす

 家内は パン エスポワール がお目当てでしたが、そんなに大規模な店ではありません。
 私が気になったのは写真の北海道土産の「えぞりす」です。色々な北海道のお菓子が置いてあります。がごめ昆布の ねばねば本舗 のコーナーもあります。
 木に登っているのはエゾリスでしょうが、ちょっと似てないような気もします。

2016年 7月28日(木):大雨警報発令中

きつい階段

 ずーと雨が降っていて一日中大雨警報が発令されています。実際には小降りの時と本降りの時が入り混じって、空が明るくなることもありました。
 今のバスは大型トラックの車体で、椅子が凄く高くて外もよく見えません。階段も写真のように急で狭いです。ベテランの看護師さん達、よいしょと掛け声をかけています。

お辞儀の3種類

 午前中の電力会社の函館支店は3日目の健診なので、とても暇でした。
 午後も昨日と同じカー用品チエーン店に行きましたが、2日目なので受診者が少ないです。目に留まったのは笑顔の作り方や、お辞儀の仕方の社員教育用のポスターです。
 こういうことはサービス業の私も習ったことが無かったので、撮影して来ました。

杭の上のエゾリス(2016年7月21日)

 雨降りなので写真も撮れませんでした。
 と言う訳で、1週間前の7月21日の「夏リス大サービス」の写真を2枚見て下さい。
 出会って最初にあげたオニグルミを食べている写真をたくさん撮りましたが、これは食べ終えて手の内が見えない写真です。そういう写真を撮るように円山公園で教えられました。

木から逆さにぶら下がる(2016年7月21日)

 立っている写真も2枚撮ったのですが、ちょっとピントが甘い。エゾリスは立つけど、立って歩くのは見たことがありません。これは今別館のトップに使っている写真です。
 エゾリスはよく逆さまになりますが、頭に血が上る(下がる)ことはないそうです。後の緑が初夏の光景で、これは狙って撮ったのですよ。尻尾の先が欠けましたが。

2016年 7月27日(水):夏野菜かき揚げ

雨の街の市電812号ボーニモリヤ号

 昨夜から雨で、数日続くそうです。気温は余り上がりませんがむしむしします。今日も7時15分集合で、午後は2日間カー用品店最大手のチエーンへ健診に行きます。
 集合場所のホテルへ家内に車で送って貰う際はまだ小降りでした。ワイパーを使いながら前を走る市電を撮りました。ボーニモリヤデパートの塗装の812号で、ピンクの塗装です。

終了近くは空き椅子ばかり

 午前の電力会社函館支店の健診は、昨日予定以上の受診者だったので、2日目の今日は1日目より10名少ない90余名の受診者でした。終了近くには受診者も途絶えました。
 手前は受け付け待ちの待ち椅子で、右が採血、その後ろが心電図コーナーです。診察は左側奥で、その手前が視力血圧です。左側手前の陰に受付と計測・尿検査があります。

丸亀製麺の夏野菜かき揚げ

 昼食は午後の健診先の近くの 丸亀製麺 函館西店に行きました。ここは駐車場が広いので私が勧めました。鶏天のTVCMのせいか混んでいます。
 私は鶏天は先日残しそうになったので、おろし醤油うどんに初めて見た「夏野菜かき揚げ(税込180円)を付けました。50円分大きくてナスビなどがたくさん入っています。

応接セットで診察

 全国チエーンのカー用品店の健診は昨年始まったそうで、私は初めての担当です。
 診察は会議室の角にある応接セットを使うことになりました。座り心地は良いのですが、椅子やテーブルが低いのが難点です。受診者は函館中の店舗から集まりますが、今日は20名弱で楽でした。エアコンも使えるのでスタッフが早速スィッチを入れていました。

2016年 7月26日(火):コハクチョウ食事中

函館山山頂は雲の中

 今日から3日間は午前中は電力会社の函館支店の健診です。集合時間が昨日より1時間早い7時15分です。今日の天気予報では一日中雲のマークだけでした。
 会場の4階会議室の窓から見ると、函館山の上の方半分は雲の中です。夜景を楽しみにしている観光客は心配ですね。昼過ぎには雲も山頂部に薄い雲を残すだけになりました。

昼には青空になりました

 ここの健診は毎年来ています。昨年は7月28〜30日でした。
 健診先の駐車場のバスです。先々週と同じ胃部バリウムと胸部エックス線撮影が1台で出来る併用車です。今日は受診者が100余名で胃バリウムも多く終了も遅れました。
 終わって外に出ると青空になっていて、27℃の夏日になりました。

食事中のコハクチョウ

 今日の受診者の方が7月17日に私がコハクチョウを撮っているのを見たと言われました。聞くと亀田川をよく移動していて、電力会社の前も通るそうです。
 バスが動く前に目の前の亀田川を見ると、少し上流でコハクチョウが水中に頭を入れて、水底の草を食べていました。全然人は気にしていないようで、悠々食事中でした。

やって来たのは北海道新幹線塗装のらっくる号2号

 午後は港の方の会館と自由市場の近くの信用組合の健診でした。
 暑いのでどちらも窓を開けて風を入れました。終了は16時半過ぎです。
 ここからは帰りは毎年市電を使っています。電停で待つと北海道新幹線塗装のらっくる号が来て、それに乗りましたが、客の多くが中国(台湾?)からの観光客でした。

2016年 7月25日(月):コウライキジのペア

杉並町電停の8101号どーもくん号

 今日から先々週と同じバスの健診です。バスは先週は知内町などに行っていました。
 今週一番遅い8時15分集合でしたが、道路は予想した渋滞もありませんでした。
 杉並町電停の前の交差点で停まったときに、電停にいる部分低床車8101号どーもくん号を撮りました。いつもと違って、市電を画面の端に入れてみました。どうでしょうか?

飛行機雲(昭和タウンプラザから)

 今日は 昭和タウンプラザ に近い会館で午前午後通して特定健診や合同健診です。
 昼食に産業道路を歩いて昭和タウンプラザに向かうときに、横津連峰の上空に大きい飛行機雲が見えました。函館には空港があるので飛行機雲はよく見ます。
 昭和タウンプラザから撮りました。鮮明に見えるのは気象条件が関係するのでしょう。

愛知県渥美のマスクメロン

 家に帰ると、先週遊びに来ていた弟から 渥美マスクメロン(田原市観光ガイド) が届いていました。私は愛知県の渥美半島で育ちましたが、子供の頃にも周囲にマスクメロンが転がっていて、有難さが判りませんでした。拡大すると食べ頃が読めます。
 夕張メロンもそうですが、自分で買って食べることはまずありません。

庭先のコウライキジペア

 早く帰れたので川へ行ってみました。今日もオシドリは1羽だけで寛いでいました。
 帰りによくコウライキジを見て、20日には一家族がいた場所に、今日はペアがいました。手前のメスはとても小振りですが、子供ではないと思います。
 成鳥が何羽もいるようなので、先日の一家の記事ではないのかも知れません。

2016年 7月24日(日):寒いけど

我が家のブルーベリー

 北海道では太平洋岸だけ気温が上がらず、今日の最高気温は21℃でした。たまに日が射すだけの曇り空です。札幌は今日も27℃と夏日になっています。
 寒い日続きでもブルーベリーが熟して来て、21日に家内が1回目の収穫をしています。これは今日の状態で、青い実が増えたので今日私が2回目の収穫をしました。

カワラヒワの給餌?

 昼頃に見晴公園に行きました。日曜のせいか人出が多かったです。
 遅かったせいか格別な成果はありません。帰り際に足許から2羽の鳥が飛び立って、少し離れた木に止まりました。撮った写真を見るとカワラヒワでした。
 向う側のカワラヒワが給餌をしているような感じです。近寄ったら逃げられました。

泳ぎ去るエクリプスのオシドリ

 川へ回ってみると、昨日の中洲にオシドリが上がっていました。
 近い対岸に車を回すと、水に入って泳ぎ去るところでした。段々遠くなって行きます。クチバシが赤いので、昨日のエクリプス(メスのような羽色になるオスの夏羽)でしょう。
 最高3組のオシドリの子連れを見た年もありましたが、今年は1組も見られませんでした。

松くらの冷やしラーメン

 カルガモの子連れは公園と川で、今日私が2組、家内は3組見ています。
 昼食は湯の川温泉の そば処松くら へ行きました。ブログはこちら です。
 ここの冷やしラーメン(税込780円)はカニ風味も入っていて見た目がデラックスで、薄味で好きです。先日はまだと言われましたが、今日はありました。寒くても夏です。

2016年 7月23日(土):まどろむオシドリ

函館市電りんりん号716号

 北海道の太平洋岸は気温が上がらず曇り空です。他地域は夏日になりました。
 函館は最高気温も20℃で、風が強くて時々細かい雨が降り、長袖で過ごしました。
 昼前に用事で湯の川方面に行き、市電撮影をしました。長年デザインの変わらない716号りんりん号は 函館けいりん の宣伝車両です。正面が目玉なのは今はこれだけです。

丸亀製麺鶏天ざるうどん

 昼食は 丸亀製麺 函館店に行きました。季節限定メニューが増えていて、今日初めて見る写真の鶏天ざるうどん(並税込590円)を注文しました。
 大きな鶏天4個に大根おろし、しょうがとすだちが付いています。鶏天は美味しいけど4個は私には多すぎました。残さず何とか頂きましたが、次からは遠慮します。

見晴公園の池

 小雨模様ですが午後は見晴公園に行きました。
 野鳥の声は色々聞こえますが、暗い曇り空で見つけられません。
 カワセミや春にはオシドリの見られる池です。崖の上には東屋が見えます。周りの葉は繁って夏本番の光景ですが、今日は何もいませんでした。

エクリプスのオシドリ

 帰りに川を覗いてみました。
 オシドリは何処へ行ったのだろうと家内が言いました。エクリプスのオシドリをしばらく見ていませんでしたが、1羽がカルガモと一緒に中洲へ泳いで来ました。
 水に足を入れて、うつらうつらしています。クチバシが赤いのでこれもオスです。

2016年 7月22日(金):ヒバリに足環が

JR東日本なら東北新幹線

 1か月ぶり2回目の 魚べい 函館本通店での昼食です。前回6月21日には、七重浜店にあった高速レーンの新幹線は無かったと書きましたが、今日の席には新幹線が来ました。
 拡大するとよく判りますが、車体端に「JR東日本商品化許諾済」と書かれています。七重浜店と同じ東北新幹線です。横のラインの色が違いますが、細かいことは良いですか?

咲き始めたオオハンゴンソウ

 そのまま農耕地に鳥見に行きました。最高気温24℃で風が強かったです。
 オオハンゴンソウが咲き始めました。まだ蕾の方が多い感じです。
 毎年のように撮っている場所で、今年も背後に北海道新幹線の高架を入れて撮りました。昨年7月24日にここで撮り 北海道花情報に投稿 しています。続けてはまずいです。

足環を付けられたヒバリ

 今日はヒバリばかりたくさん撮れました。アオサギは遠かったです。
 このヒバリは道路の端で気持ちよさそうに何度も砂浴びをしていて、逃げません。たくさん撮って、後で写真を確認していて右足に足環が付いているのに気付きました。
 白神岬辺りで捕まって、足環を付けられたのでしょう。怖かったでしょうね。

カワラヒワ

 今日は鳥はヒバリだけ、と思っていたら、撮ってくれと言わんばかりのカワラヒワがいました。背後の濃淡は横津連峰です。3枚目のヒバリもこれも少々トリミングしています。
 カワラヒワは亜瑠西社の北海道野鳥図鑑の観察難易度ではスズメやヒバリと同じ★1つ「ごく普通に観察できる」ですが、すばしっこいのでなかなか撮れません。

2016年 7月21日(木):夏リス大サービス

禁断の技

 最高気温が23℃で少し風もある爽やかな日です。
 10時頃に見晴公園に行きました。餌やり自粛通達が出てからは遠慮していたのですが、ヤマガラが近くの木に止まってこちらを見ています。
 禁断の技ですが、つい手の平に剥きグルミを乗せました。嬉しそうでしたよ。

杭の上でクルミを食べる

 1時間後帰る頃、エゾリスが木から降りて来て歩いて行きます。
 写真を撮りながらついて行くと、こちらへ近寄って来ました。せっかく来たので剥きグルミをあげると、空腹だったようで近くて食べています。耳がネズミみたいな夏リスです。
 さまざまなポーズで3個位食べていました。大サービスです。

草を食べるエゾリス

 その内に少し離れた場所で、地面から草を取ってって食べ始めました。
 手の所に見えるのはタンポポの葉のようです。2枚食べていました。
 エゾリスのページ にもタンポポの葉を食べるエゾリスが登場します。ベジタリアンと言うより、栄養学的な要求がきっとあるのだと思います。キノコも食べますよ。

木の上で周りを見る

 最後は満腹になったのか、木に登ってしまいました。
 ゆっくり移動していたので何枚も撮れました。上の方で遠くを見回しているようです。
 耳の総毛(ふさげ)は全くありませんが、まだ体には長い毛が生えているように見えます。もっと暑くなると体もツルツルになって、大きいネズミみたいになります。

2016年 7月20日(水):コウライキジ一家

コウライキジ一家

 東京に向かう弟を昼前に函館駅へ送りました。3泊4日の接待?で疲れ気味です。
 帰りに久しぶりに川を覗きました。カワアイサもオシドリもいません。
 よくコウライキジを見る草地の人家との境界部に親子連れのコウライキジがいて、塀の横から撮りました。右端から2羽目はやや大きく顔の模様も違います。母親でしょうか。

コウライキジのオス

 人家に入れないのでやや遠く、今日の3枚は少々トリミングしています。
 これはコウライキジのオスです。本州のキジとは首の前の白い模様などが違います。
 初めはメスやヒナたちと一緒にいたのですが、私が気付いて近寄った頃から家族と離れ、この後は1羽だけで飛んで逃げました。意気地なしですね。

母さんキジとヒナたち

 ヒナと母さんキジは餌を取りながら、歩いて離れて行きました。
 草刈りをしてない部分に入ると、顔しか見えなくなってしまいます。
 ヒナが何羽いるかは写真を見て判りました。後姿ですがこの写真にはヒナは6羽写っています。農耕地で子連れのコウライキジ一家は見ていますが、この場所では初めてです。

出庫する3002号はこだてわいん号

 午後に近所の川岸の遊歩道を少し歩きましたが、カルガモのヒナはいませんでした。
 帰りは電車通りを通りました。駒場車庫から出庫した来た3002号 はこだてわいん 号です。線路を横切っているのが判ると思います。今年のデビューですが、実は左右が色違いで、薄い色はこちら でどうぞ。5月18日の絵日記の写真です。印象が違いますね。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について