別館


写真絵日記


2016年 5月28日(土):ご当選おめでとう


 一昨日札幌宿泊中、JR北海道から小包が届いていると家内のメールがありました。3月末上京の新幹線の切符をネットで購入時に、応募したのを忘れていました。
 右の皮製コースターが入っていて、お知らせはこんな で、当選は100名だけです。
 帰りの特急で知ったのですが、同じ物を車内で1,000円で売っていました。

農協ラーメン(塩味)

 昨日帰りに伊達市の田んぼにアオサギがいました。
 こちらでもそろそろアオサギやゴイサギが見られるか農耕地へ行きましたが、前半は少し遠いコムクドリが撮れただけです。近くのJA直売所 あぐりへい屋 で買い物をしました。
 カレーやラーメンが食べられます。農協ラーメン(塩味、税込420円)です。野菜が新鮮。

石の上のヒバリ、冠羽が立っている

 後半では殆どヒバリだけで、ノビタキやアオジは撮ったけど失敗です。
 地面の上にいるヒバリは少し目を離すと、もう場所が判らなくなります。この写真でその保護色と言うか迷彩色と言うか、そんな様子が判ると思います。
 このヒバリは頭の上の羽・冠羽を立てています。メスにも冠羽があります。

ヒバリのツーショット

 草の中にいてくれるとヒバリは目立つので判ります。
 ペアが一緒に行動していたので、同一画面のツーショット像を狙いました。
 手前のヒバリは冠羽を立てていて。奥のヒバリはすっきり頭です。実は冠羽はオスの方がよく立てるのだそうで、多分手前がオスで奥がメスと思われます。

2016年 5月27日(金):ピンクのハマナスも

手稲山が見えますか?

 朝ホテルまで担当保健師さんが車で迎えに来てくれて、手稲にあるハイヤー会社を訪問しました。市内の札樽道を走っていますが、バスから撮るより視界がかなり低くいです。
 正面に手稲山が見える場所ですが、この時間は曇って霞んでいて、山の稜線が薄く見える?程度です。昨日は札幌は夏日でしたが、今日はそこまで行きませんでした。

むぎの里のごま味噌うどん

 帰りに昼食に環状通の むぎの里 菊水元町店に入りました。昔の「味の民芸」です。
 季節のおすすめメニュー の「桜えびとキャベツのあさりうどん」を食べたかったのですが、温かいです。写真の「ごま味噌つけめん(税別890円)」はせいろのように麺は冷たいので、こちらにしました。色合い絶妙ですね。私には上品で複雑すぎる味でした。

白石区役所のライラック

 午後の過重労働面談が2人から1人になっていて、早く終わりました。
 それが判った段階で切符の手配をしたので、最初の予定より1便早く函館へ帰れます。
 毎年のように撮っている会社の向いの白石区役所のライラックを撮りに行きましたが、既に盛りを過ぎています。ちょっと本来の色より白っぽくなっているようです。

札幌歴北口のピンクのハマナス

 実は昨日、これも毎年撮っているJR函館駅北口のピンクのハマナスを見に行きました。
 少し咲いていて写真は撮ったのですが、今日は昼から晴です。もう一度撮り直しました。これが花が一番多く見える場所です。せっかく咲き始めが撮れたので、今夜にでも北海道テレビ・HTBの 北海道・花情報 に投稿します。列車の中で登別で書き終えました。

2016年 5月26日(木):ハマナス咲いた

歩道に

 午前中は一人で江別市のグラスウールなどの製造工場へ産業医として訪問しました。
 年に何回か来ていますので、乗るJRを決めて、起床や朝食時間を逆算します。
 例によって職場を巡視しました。途中来た証拠と言って、道路横断か所の歩道に書かれた「指差呼称」のマークを撮りました。こう言う試みが大事と思います。

道庁北池傍の

 午後は13時半にJR札幌駅北口で保健師さんの車で拾って貰い、タクシー会社の訪問です。11時半に札幌駅に帰ったので時間があります。昼食を取って道庁へ行きました。
 前庭の北池傍のハマナスが咲き始めていました。今年は暖かいので何でも早く咲きます。赤れんが庁舎前のハマナスも同じ位咲いていました。

イベント実施中

 赤れんが庁舎の前庭でイベントを実施中でした。写真には写っていませんが、左側にも屋台、車がたくさん並んでいます。「北のめぐみ愛食フェア」です。
 混んでいたので裏から見ただけですが、厚岸産の牡蠣売り場もありました。昼休みには写真のコロッケの車の前には長い行列が出来ていました。

道庁南池

 道庁の前のホテルで、先日マガモのヒナがかえって泳ぎ始めたニュースがありました。ここでもマガモの親子を今までよく見ています。北池と南池を探しましたがいませんでした。
 南側の池の島の端のキバナショウブを、対岸の赤い新葉のモミジを前景に入れて撮りました。どちらかにピントを合わせるか、両者にピントを合わせるか難しいです。

2016年 5月25日(水):261系スーパー北斗

末尾の1号車

 雨も午前中にはあがりました。昼過ぎの特急で札幌に出ます。
 今日は移動だけで明日から2日間産業医活動をします。
 車両は北海道新幹線導入時からこちらで 使用開始の261系で4月22日(絵日記) に初めて乗りました。スーパー宗谷とスーパーとかちで使われている車両です。

先頭車側面

 北海道の旅 の「北海道の振り子特急」に札幌駅で撮った写真が2枚載っています。
 今までの振り子特急281系と283系ではグリーン車は3号車でしたがこれは1号車です。
 261系は本当の振り子ではなく簡易振り子と言われています。塗装はJR北海道の 列車ガイド にあるような明るい物に変更されて行くようですが、まだ見たことがありません。

グリーン車内部

 細かいことですが新塗装では先頭側面の"Tilt261"の文字も、"HET(Hokkaido Express Train)261"と替えられます。北斗は古いので、段々と261系に置き換えられます。
 4月22日にも紹介したグリーン車の内部です。スーパー宗谷や旧・スーパー白鳥と同じ紺の人造レザー張りの椅子です。でも座り心地は281系の方が良いです。

旧スーパー白鳥の群

 函館駅の海側に新幹線開業と同時に使われなくなったスーパー白鳥の車両がたくさん置かれています。動き出してから反対側を見ましたが、先頭車だけで10両以上ありました。
 4月12日絵日記「旅路の果て」 は解体を待つスーパー白鳥の車体の話でした。札幌〜旭川の特急スパーカムイと同じ形式の車両です。次の働き先があれば良いですね。

2016年 5月24日(火):キアシシギが多い

仲好しキアシシギ2羽

 午前中に見晴公園に行ったら、幼稚園チャーターのバスが4両いて駐車場が満車です。他に駐車場もあるのですが、賑やかで鳥見やリス見は困難と思い海岸に行きました。
 下海岸の最初のポイントの1枚目で2羽のキョウジョシギを撮ったのですが、目が見えません。こちらは2番目のポイントの2羽のキアシシギで、ずっと一緒でした。

水の上に出た岩の上で

 3番目のポイントで水の上に出た岩の上にいたキアシシギです。
 キアシシギは近付くとピーッと鳴いて飛び去るのですが、このキアシシギは間に海面があるせいか逃げませんでした。1枚目と2枚目の写真は共に少々トリミングしています。
 キアシシギは多く見ましたが、探している小さいトウネンは今日もいませんでした。

霞む函館山

 まだ干潮だったので、帰りに最初のポイントをもう1度覗いてみました。
 お昼近くなって曇り空になって来ましたが、今日も朝からずっと霞んだ日でした。風も強くて寒いので長袖を着て行きました。海越しの霞んだ函館山です。
 クリックして拡大し、近くの岩礁を探すとシギチがいるかも知れませんよ。

開花が進んでいるブルーベリーの花

 鳥の写真だけだと、「また鳥ばかり」と言われますので、咲き始めた家のブルーベリーの花を見て下さい。20数年前に頂いた大きいブルーベリーが枯れてしまいました。
 収穫は減りますが、まだ2本残っています。今は庭の地面にはドイツスズランが満開で、とても良い香りがします。ブルーベリーとスズランは花の形や大きさが似ています。

2016年 5月23日(月):今日は帰るだけ

これから踊らされるアワビ

 今日は昼までに真っ直ぐ函館へ帰っただけで、育成牧場のような目玉がありません。
 先ずは昨夜食べたアワビの話を。今回の旅行には追加注文でアワビの刺身(税別単価2,050円)と踊り焼き(税別2,600円)を2組依頼しました。写真は踊り焼き前のアワビです。
 焼かれている写真も撮ったのですが、身をくねらせて可哀想なのでこちらを。

ピリカダム

 昨日は八雲町から道道42号を通りましたが、今日は国道230号で長万部町国縫(くんぬい)へ出ました。こちらの方が高速道路まで近くて早いです。
 美利河(ピリカ)ダム を通ります。周辺マップ にあるようにダム湖を車で一周できるのですが、今回初めて回りました。湖面の反対側からダムを見た写真です。

国縫のスーパー北斗

 国縫へ出てから気になっていた「野生あやめ群生地」を見に行きました。花を訪ねて の「長万部町国縫のノハナショウブ」は2003年の撮影です。その後は余り保護されていないようで、2014年7月の観光協会ブログ では雑草の中で咲いています。
 まだ早かったです。丁度札幌行の特急スーパー北斗が近くを通過しました。

噴火湾パノラマパークからの眺め

 国縫ICから道央道を利用しました。昨日は2つ函館側の落部で降りたので、今回の方が移動が時間的には短くなります。休憩場所は 八雲ハイウェイオアシス だけです。施設は 噴火湾パノラマパーク を利用していますが、何と月曜日が定休日でした。
 トイレは建物外にもありますが、観光バスも2台もいて、乗用車もたくさんいました。

2016年 5月22日(日):八雲町和牛育成牧場

ハーベスター八雲の海のスパゲッティー

 今週は水曜から2泊で札幌で産業医活動をします。
 ゴールデンウィークは地元で過ごしました。ちょっと祝い事もあって、今日は せたな町の温泉ホテル に1泊しアワビ料理を食べることにしました。
 昼食は ハーベスター八雲 で冷たい「海のスパゲッティー(税抜890円)」を食べました。

八雲町和牛育成牧場展望台

 最初に八雲町落部(おとしべ)の 落部公園 に寄りました。5千本のツツジがある広大な公園でしたが、ツツジには少し早かったです。つつじ祭りは6月5日からです。
 今回の旅行の目玉は前から来たかった 八雲町和牛育成牧場 です。凄い山の上でカーナビのお蔭でたどり着きました。車で自由に傍まで行ける展望台です。

和牛がのどかに草を食む

 快晴でしたがもやが出ていて、遠くの方は霞んで見えません。
 ここからは左に大沼公園の駒ケ岳、右に羊蹄山が見えるのは有名なのですが、今日は全く見えませんでした。見下ろすと牛がのどかに草を食んでいます。
 黒毛和牛が多かったですが、ホルスタインや茶色の牛もいました。

雪山ははっきり見えない

 雪山も遠くに見えますが淡いのでピントが合いません。やっと撮れました。
 案内板によると 雄鉾(おぼこ)岳 のようです。天気の好い時にまた来たいものです。
 仕事でよく通る道道42号を使ってせたな町へ来ました。交代で運転するので走れます。明日は長万部町へ出て函館へ帰ります。エゾシカを探しましたがいませんでした。

2016年 5月21日(土):近い対岸

今日のキアシシギ

 今日も快晴で、昨日に引き続き北見市が32℃と全国最高気温です。
 函館は海が近いせいか今日は最高気温22℃と夏日にならず爽やかでした。
 干潮に合わせて下海岸(戸井恵山方面)で鳥見をしましたが、たくさんいたのは写真のキアシシギだけで、他にはイソヒヨドリが撮れただけです。今年はトウネンが見られません。

対岸は下北半島

 空気が澄んでいたのか対岸の下北半島が綺麗に見えました。
 旧戸井町の汐首岬が本州との最短距離で、対岸の青森県下北半島大間町までの距離が17.5kmです。汐首岬には「北海道 〜本州最短地点」の標識が立っています。
 今日は海上に低い霧がかかっていて、白い薄雲も漂って幻想的でした。

貨物船でしょうか

 沖に大きい船が見えたので、望遠側にして撮りました。コンテナを積んだ貨物船でしょうか。クリックして拡大すると山の木々も見えます。
 青函トンネルが距離が短いこちらに出来なかったのは、海がとても深いと言う技術的な問題からでした。その下北半島に原発が作られていて、心配する声も上がっています。

駐車場のレトロバス

 午後もう一度河口を覗いてみましたが、ユリカモメはいませんでした。
 熱帯植物園の裏の駐車場に写真のレトロバスが停まっていました。運転手さんもいて、乗客の帰りを待っているようです。北の星観光バス・タクシー のボンネットバスです。
 ホームページによると色違いで2両あり、正席が16席、補助席が4席だそうです。

2016年 5月20日(金):皆★1つだけ

ヒバリ

 天気予報では最高気温は22℃でしたが、実際は26℃になり夏日でした。
 家内が七飯町仁山のレストランに行きたいと言うので、途中農耕地で鳥見です。
 ヒバリとコチドリがたくさんいて、どちらも撮れました。写真のヒバリは草の中にいると動かないと判らないことがあります。17日の絵日記のコチドリは小石の道では見えません。

ノビタキのメス

 ノビタキはまだそんなに多くはないようですが、あちこちで見られます。
 ビニールトンネルの枠のノビタキのメスです。オスは顔黒で撮影が難しいです。
 今は新函館北斗駅と国道5号の峠下を結ぶ交通量の多い道路になった農道で、前に 野生動物・野鳥編の「ノビタキ子育て中」の写真を撮りました。今は殆どいません。

カワラヒワ

 夏になると写真のカワラヒワと言う鳥が大挙してやって来ます。
 農耕地だけでなく川原などにもいますが、とても逃げ足が速い鳥です。
 枝被りを車から撮れました。今日の写真は少しトリミングしています。実は今日の3種類の鳥は、亜瑠西社の北海道野鳥図鑑の観察難易度がスズメと同じ★1つです。

森の丘のCafe 青い空

 写真が訪ね当てた七飯町仁山の 森の丘Cafe 青い空(北海道ファンマガジン) です。
 facebook にもイベント情報などがあります。丁度オープン1周年とか。
 メニューはカレーとかピラフとかナポリタンなどで、今日はナポリタンとアイスコーヒーを注文しました。懐かしい味と思います。リスは見るけどシカは来ないそうです。

2016年 5月19日(木):恵山つつじ公園へ

キアシシギが2羽キョウジョシギが1羽

 函館市の活火山恵山には 恵山つつじ公園(はこぶら) があり、5月17日開花 しました。
 恵山つつじまつり は22日〜29日ですが、混む前にと今日行きました。
 潮が退いていたので途中で鳥見をすると、5月14日と同じ場所にキアシシギやキョウジョシギがいました。2羽の細くて淡い色の鳥がキアシシギです。とてもよく見るシギです。

恵山つつじ公園

 やはりまだ少し早いですが満開になっている木もあります。
 恵山山麓に自生するツツジは一帯で約60万本と言われ、公園ではエゾヤマツツジやサラサドウダンが約2万本咲き誇ります。写真の銅像は「潮騒の娘」と言います。
 花を訪ねて に1ページあります。北海道テレビ・HTBの 北海道・花情報 に投稿します。 。

まだいたコクガン

 行きに女那川の河口を覗いたら、シラサギが1羽いました。足とクチバシが黒いです。
 帰りにはもういませんでしたが、河口でウミネコの傍に2羽のコクガンがいました。昨年は5月6日に見て絵日記で取り上げましたが、それより10日以上遅いです。
 ユリカモメ、コガモなども春の北帰が遅くなっているそうです。

函館市電812号Boni-moriya号

 昼食は今年初めて椴法華の ホテル恵風 で取りました。帰りは山道の鉄山経由の道道を通りましたが成果はありません。函館へ戻って湯の川温泉の電車通りに出ると・・
 昨日まで散々探したピンクの市電が走って来ました。Boni-moriya デパート の宣伝塗装の812号です。函館市電の車両紹介のページ 以外では初の画像かも。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について