別館


写真絵日記


2016年 3月29日(火):リス優先

満開になったクロッカス

 午前中に31日から東京で泊るホテルへ着替えなどの荷物を送りました。
 その後、いつもより早い10時半過ぎに見晴公園に行きました。今日は風が無くて、気温も13℃まで上がって暖かかったです。25日の絵日記で取り上げたクロッカスは満開です。
 これなら遺愛女子高校のクロッカスも見頃かも知れませんが、明日は雨らしいです。

クルミを食べるエゾリス

 何か所かでちょこちょこヤマガラに餌をあげました。
 エゾリスをよく見る場所の近くでヤマガラやシジュウカラが寄って来るので、ポケットから剥きグルミを出していたら、何とエゾリスがこちらに走って来ます。
 やはりリス優先で、エゾリスに優先的に餌をあげてしまいます。

手に乗るヤマガラ

 野鳥の手乗りは苫小牧のある林が有名で、野生動物・野鳥編 に数ページあります。函館でも手乗りマニアが現れて、鳥もすっかり慣れました。ヤマガラは人を恐れません。
 立っているとヤマガラやシジュウカラが飛んで来て、近くの枝に止まって待っています。手を拡げて伸ばせば、この通りです。冬以外はしない方が良いのかも知れません。

頭の上が赤い

 家内と公園を奥の方まで歩きました。春になるとオシドリが歩いています。
 茶室の方の杉林で、家内がヤマゲラを見つけました。木を突いて餌を獲っています。頭の上が赤いのでオスです。連写を使ったら要らない画像を捨てるのが大変です。
 ここでは運が好ければ、子リスやクマゲラを見られるかも知れません。

2016年 3月28日(月):近場だけ

アサリと茸

 連日カーリング女子世界選手権をテレビ観戦でしたが、決勝戦は朝早くです。起きて見ていた家内が勝てそうと起こしてくれました、残念でした。選手全員が北見市の出身です。
 昼食は久しぶりに エル・アペティ(絵日記) に行きました。前にも食べたアサリと茸(税込1,100円)です。サラダは3品から2品選んで300円のサイドメニューです。

群れ飛ぶウミネコ

 エル・アペティは河口にあるので、そのまま鳥見をしました。
 河口にはウミネコが群れていて、干潮なので川下に流されては飛んで戻って来るので面白いです。群れ飛んでいる様子を撮りました。ピントは自動で合うので楽です。
 飛び物の練習と思って1羽の飛翔も撮りましたが、合格ラインには至りません。

カワアイサのオス

 3月25日にカワアイサのオスが2羽いた中州には、今日は1羽だけでした。
 横になっていたのですが、近くで写真を撮りだしたら起き上がりました。そのまま水に入りに行きそうなので、撮るのを止めて私が離れました。頭は緑色です。
 今日はオオバンが2羽いましたが、どんどん離れて行って撮れませんでした。

もうじき咲きそう

 連日風が強いですが、今日も12℃あって気温は高いです。
 前に蕾の様子を絵日記に出した玄関横のスイセンですが、蕾も大きくなりました。
 今週は31日木曜に新幹線で東京へ行きます。それまでにスイセンは咲いてくれると思います。咲きましたらその様子を絵日記でお見せするつもりです。

2016年 3月27日(日):海は大荒れ

荒れた海越しの函館山

 昼はカーリング女子の世界選手権をテレビで見て過ごしてしまいました。
 その後外出して食事に行きましたが、晴れていても風がとても強いです。車で下海岸(恵山戸井方面)に鳥見に行きました。こんな日はコクガンは港内に来ることが多いのです。
 最初のポイントの港から見た海越しの函館山です。荒波が押し寄せています。

斜路のコクガン

 2つ目に立ち寄った港の、舟を揚げ降ろしする斜路にコクガンがいました。
 干潮で現れる斜路の海藻を食べるのです。右に写っている海上のコクガンの口には長い海藻がぶら下がっています。コクガンはとぼけた愛嬌のある顔をしています。
 他の場所にもたくさんいました。北に帰るのはまだまだのようです。

休むウミウ

 下海岸唯一のビューポイントは海越しの函館山の撮影用なのですが、駐車場のちかくの波消しブロックの上にはよくウミウが止まっています。
 今日は7羽いました。こんな日は漁は出来ないので、羽を乾かしているウはいませんでした。顔も体も黒いので、とても撮りにくい鳥です。かなり淡くなってしまいました。

咲いたタンポポ

 毎年早く咲く、根崎町の海岸にある温泉施設の道端のタンポポを見に行きました。
 今年も何度か見たのですが、1輪しかなかったり見すぼらしい状態だったので発表しませんでした。今日は何輪かずつかたまって咲いていました。
 これなら北海道テレビ・HTBの 北海道・花情報 に投稿出来そうです。

2016年 3月26日(土):祝賀飛行

6機のブルーインパルス

 北海道新幹線開業日で イベントが目白押し です。航空自衛隊のアクロバットチーム ブルーインパルス もやって来ます。見物に函館港の人工島・ 緑の島 に行きました。
 45分位前に行ったのに駐車場は満車で人や車ががいっぱいです。15時少し前に先ず1機飛んで来て、続いて5機が来ました。これは6機揃ったところです。飛び物は苦手です。

函館山の方向から

 函館らしい風景を入れて撮ろうと心がけました。
 函館山の方向から現れたところです。午後は函館山はシルエットになってしまいます。もっと飛行機が大きく撮れれば良かったですね。人影は良かったと思います。
 始めは連写にしたのですが、慣れないので止めました。ジェット機は速いです。

5弁のサクラ

 今日のアクロバット飛行の紹介ページは こちら です。
 売り物だったようなのは写真のスモークで5弁の桜の花を描くことです。
 頭の上で6機が回転して見事な円が6個描けましたが、真上なのでワイド側にしても全景は入りませんでした。風が強かったのでスモークはじきに乱れてしまいます。

左端に駒ケ岳が見える

 旧青函連絡船摩周丸と駅方向のビルや横津連峰が画面に入った写真を狙っていたので、飛行機を大きく撮った写真がありませんでした。
 この写真では画面左端近くに駒ケ岳が見えます。函館市街地からは駒ケ岳は見えませんが、西部地区からはかろうじて見えます。満足したお客さんたちは拍手していましたよ。

2016年 3月25日(金):カワアイサが2羽

見晴公園のクロッカス

 最近夜中にカーリング女子世界選手権を見ていて眠いです。午前中上空でジェット機の騒がしい音がしていて、ブルーインパルスの明日の祝賀飛行の練習だったそうです。
 昼頃見晴公園に行くと、3日前にシジュウカラの水浴びを撮った場所に、今日はクロッカスが咲いていました。北海道テレビ・HTBの 北海道・花情報 に投稿します。

尻尾が切れたヤマガラ

 着いたときにマニアの方でしょうか、遠くで手乗りをしていました。
 今日は鳥もリスも来なかったので餌は与えていません。
 帰り際に近くにヤマガラが来ましたが、満腹なのか植木から出て来ませんでした。この写真は残念ながら尻尾の先が枝の陰で欠けています。撮り直す前にいなくなりました。

カワアイサのオスが2羽いる

 昼食後にM川を覗いてみると、先日オスのカワアイサが1羽いた場所に今日は2羽見えます。そんなに近くにはいないので、並んだ写真は撮れません。
 少し露出補正をしたので、クリックすると左のカワアイサの目も見えます。奥のカワアイサもカルガモも眠っています。晴れたり雪が舞ったりしていましたが野生はたくましいです。

リラックス

 近い方のカワアイサだけを画面に収めようとしていたら、それより前にいたカルガモが体を大きく伸ばしてストレッチをしました。驚いてシャッターを押してしまいました。
 明日は北海道新幹線の開業日で、今夜から色々な催しがあります。混雑するので家でその模様をテレビで見ようと思います。私たちが新幹線で上京するのは31日です。

2016年 3月24日(木):あと2日

生花です

 今日はJR函館駅にお土産を買いに行きました。着く頃アラレのような雪が降りました。
 こちらの方が昨日行った新函館北斗駅より売り場も品揃えも圧倒的に多いです。待合ホールで大きい花の飾りを作っていました。上の方はサクラです。ツバキもありました。
 家内が聞いたら黄色い花以外はすべて生花とのことです。

つながるニッポン祭り会場

 明後日3月26日が 北海道新幹線 開業日です。二次交通ポータルサイト も出来ました。
 駅の外では つながるニッポン祭り の特設会場も用意が進んでいます。混み合うと思うので来る気はありませんが、函館駅上空のブルーインパルスの祝賀飛行は見たいです。
 後方に光って見えるのは横津連峰の冠雪で、昨夜増えたようです。

魚べいの東北新幹線

 上磯イオンと道道100号を挟んだ場所に、道南初の 魚べい 北斗七重浜店が昨年12月9日にオープンしました。回転レーンのないオールオーダー型の「回転しない」店舗です。
 今日初めて入りました。皿を運ぶ高速レーンが3段あって、最上部は新幹線の「はやぶさ」です。でも帯の色が違う「JR東日本」の東北新幹線でした。これも北海道へ来ます。

吉田食品ひとひらのシロハヤブサ

 昨日行って定休日だった 吉田食品 へ行きました。今月直売所を中島廉売から西桔梗町へ移しました(<毎日新聞)。3月21日NHKの夕方のニュースで直売所「和創菓ひとひら」と菓子材料で制作中のシロハヤブサが取り上げられました。入り口に飾られていました。
 凛(りん)と言う名です。シロハヤブサは北海道新幹線のマークになっています。

2016年 3月23日(水):出庫する新幹線

車両基地から駅に向かう北海道新幹線

 流通団地の方のお菓子屋さんに行ったら定休日でした。
 食事後来週の東京行きのお土産を買いに新函館北斗駅に向かいました。車両基地から新幹線車両が駅に向かって高架に上がろうとしています。車を停めて窓越しに撮りました。
 車両基地で外に出ている新幹線は何度か撮りましたが、これは初めてです。

Bento Cafe

 3月13日にプレオープンした新函館北斗駅内の 北斗市観光交流センター は19日にグランドオープンしました。今は隣の市営駐車場は無料です。
 家内の買いたかったお菓子は2階の 「BENTO CAFE 41°GARDEN」 で売っています。ここには休憩スペースがあり駅弁を買って食べることが出来ます。

ハクチョウの群

 行きは農耕地の中の農道を通ったのですが、ハクチョウもガンもいません。
 帰りは新函館北斗駅と国道5号線の七飯町峠下を結ぶ最近整備された道を通りました。
 遠くにたくさんのハクチョウが見えましたので、農道を通って近付きました。車から降りなかったので逃げません。後は七飯町です。大部分がコハクチョウでした。

羽ばたくオオハクチョウ

 広い範囲にハクチョウがいましたが、所々でオオハクチョウが混在していました。
 これは一番外れで撮った写真ですが、羽を拡げているのはオオハクチョウです。左右や前にいるコハクチョウより少し体が大きくて、首が長いです。
 決め手はクチバシの黄色い部分が大きいのがオオハクチョウです。

2016年 3月22日(火):今日はシジュウカラ

水浴びするシジュウカラ

 所用を済ませて、昼前に川を覗きましたが成果はありません。
 予定していた見晴公園に行きました。遅かったので手乗りマニアも見えません。
 温室の近くの水場で2羽のシジュウカラが水浴びをしていました。近寄ると1羽は離れましたが、こちらは楽しそうに水浴びを続けていました。

体を乾かすシジュウカラ

 水浴びを終えると近くの木に止まりました。
 近いのでズームをそのままで撮ったら、ちょっと大き過ぎました。画面右端の白いふさふさの芽はハクモクレンです。この角度なら黒い顔でも目も写ります。
 シジュウカラはスズメを別にして、函館市で1番多い野鳥だと思います。

欲張るシジュウカラ

 手乗りもしてみました。不思議なことに今日は近くにシジュウカラが何羽かいて、いつも早く来るヤマガラより先に餌を持って行きました。
 このシジュウカラは1番大きい餌を咥えました。手の平で露出とピントを合わせて待ちますので、顔の黒いシジュウカラは全体に黒っぽく撮れてしまいます。

口を開けるシジュウカラ

 大きく口を開けるシジュウカラが撮れました。
 でもやはり全体に黒くて、画像処理ソフトで加工すると白っぽい写真になってしまいます。単純に考えると露出補正をして、シャッターも連写にすれば面白い写真が撮れそうです。
 恥ずかしい話ですが、今日も何枚か何も写っていない空撮りがありました。

2016年 3月21日(月):1羽だけのキレンジャク

ネコヤナギを食べるヒヨドリ

 昼頃川沿いに歩るいて、河口までの中間位の湯の川温泉電停に行きました。
 家を出てすぐにネコヤナギの綺麗なヤナギにヒヨドリが止まって、ネコヤナギを食べています。何でも食べるなと思って見ていると、遊歩道沿いの木にもたくさんいます。
 木の芽を食べているのです。ピーヨピーヨと賑やかです。

1羽だけのキレンジャク

 その木の芽を食べるヒヨドリの中に1羽のキレンジャクがいるのに気付きました。
 今春はナナカマドや川沿いのツタの実が無くなって、キレンジャクは来ないと諦めていました。真下から枝の隙間を探して撮りましたが、飛び移ったり強い風で揺れます。
 たくさん撮りましたがお腹ばかり。細い羽が密生しているのが判ります。

湯の川温泉電停の9602号

 キレンジャクはヒヨドリと一緒に飛び去りました。
 フキノトウはありましたが、まだタンポポも咲いていません。
 湯の川電停には北海道新幹線塗装のらっくる号2号9602号がいました。次の終点湯の川電停に向かいます。後5日で北海道新幹線は開業しますが、この塗装は残るのでしょうか。

稜雲亭の梅そばセット

 昼食は市民会館2階の 四季彩 湯の川 稜雲亭(<めーどinはこだて)に入りました。
 この時期よく食べる「梅そばセット(税別980円)です。ピンクの蕎麦はウメの味がします。天ぷらが5つも付いていますからヘルシーではないですね。
 帰りも同じ道を通りましたがキレンジャクもヒヨドリもいませんでした。

2016年 3月20日(日):顔見知りのよう

餌が無いよと言う?ヤマガラ

 晴れたり曇ったりでしたが、最高気温が7℃と最近では寒い日です。昼頃見晴公園に行きました。風が冷たくて手袋を持ってくれば良かったと思いました。
 いつもの場所でヤマガラやシジュウカラが周りに集まって来るので、手に剥きグルミを載せましたがすぐ無くなります。補給をしなかったらヤマガラが催促するように乗っています。

たくさんあって迷う?ヤマガラ

 こちらの写真は帰り際に家内の手を撮った物です。
 家内はたくさん餌を手に載せるので、ヤマガラも迷っているようです。手乗りシジュウカラも2枚撮りましたが、動きが速いので失敗作もたくさんあります。
 昔はこんなではなかったねと家内が言いましたが、手乗りマニアのおかげ?です。

カワアイサ、オオバンと3羽のカルガモ

 川も覗いてみました。M川にはいつものカワアイサのオスがいて、カルガモが傍にいます。カワアイサを撮っていたら、下流からオオバンが泳いで来ました。
 今度はオオバンを撮りに行きました。オオバンはそのまま上流へ泳いで行き、カワアイサやカルガモと一緒になりました。まるで顔見知りが会っているように見えました。

カルガモ2羽と上と別のオオバン

 下流の方へ遊歩道を歩いているときは陰になって見えませんでしたが、川岸に2羽のカルガモと上とは別のオオバンがいました。遠い橋の上から撮ったのでトリミングしています。
 食事をしているカルガモに近寄ったオオバンが挨拶しているように見えました。昨日見たオオバンが別行動をしているのか、ここで越冬したオオバンかは判りません。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について