別館


写真絵日記


2018年 8月 5日(日):八雲へ日曜移動

遠いオシドリ

 今週は月曜は八雲町で火曜は江差町で健診です、その後は函館で仕事です。
 スタッフはバスで札幌から来るので、私はJRで八雲へ移動します。その前、昼頃にM川を覗いてみました。カワアイサは何か所か探しましたが、見つけられませんでした。
 オシドリは対岸の方を川上へ向かって泳ぎ去って行きました。

法被を着ている

 16時から函館駅前通が 函館港まつり のおどりのパレードのため通行禁止になるので、早目に家内に車で函館駅へ送って貰いました。
 深堀町電停にいた3001号NOMURA号です。運転手さんは赤い法被を着ています。行き先表示の方向幕の左端には GRAY×HOKKAIDO 150 と書かれています。

漁火通

 いつもは漁火通から海と函館山を撮るのですが、今日は前方の函館山は雲の中です。
 最高気温も昨日より低い20,7℃でした。猛暑の地方の方には申し訳ないですが、今日着いた八雲町は何と19.7℃だったそうです。札幌は25.5℃と夏日でした。
 道の左側は観光客に人気の回転寿司店です。

特急普通席

 大事をとって少し並んで、自由席に乗りました。
 会社では医師の移動は100キロを越すとグリーン車が当たるのですが、未満では普通車の自由席になります。まだ前方が空いていたので、撮影してみました。
 テーブルも付いたリクライニング席です。なかなかですよ。

2018年 8月 4日(土):雨で最高気温23.1℃

エクリプスのオシドリ

 午後から雨の予報でしたが、午前から小雨でした。5日間続いた真夏日も終わって、今日は肌寒いくらいで、結局最高気温は23.1℃止まりでした。しばらくこんな具合のようです。
 傘を差さなくとも大丈夫なので、昼頃に川へ行きました。オシドリのエクリプスは一昨日と同じ場所を泳いでいました。頭と背中に雨粒が付いています。

海のカワアイサのコンビ

 一昨日見た場所にも、いつも2羽で寛いでいる場所にもカワアイサはいません。
 前に見ている河口に行くと、川が海に注ぎ込む場所に2羽がいました。函館山を背景にした写真も撮りましたが、何の鳥か判らないような写真になりました。
 1羽が広げている左の羽が傷ついているのだと思います。普通に飛べますよ。

カモメの学校

 河口にはいつもたくさんのウミネコと少数のオオセグロカモメ、それにカモメの幼鳥が結構な数います。幼鳥は黒くて何カモメか私は知りません。
 この幼鳥たちは集まる傾向があって、カモメの学校のような雰囲気になります。手前の左から2羽目は頭を180℃回しているようです。体が実に柔らかいですね。

定住場所へ

 買い物済ませた帰りに、いつもの場所にカワアイサが戻っているか寄ってみました。
 ちゃんと帰っていました。ここを居場所に決めたようです。
 このままここで過ごしてくれたら、秋から冬にかけて夏羽から冬羽に戻っていく様子を、絵日記に記録できるのですが、さあどうでしょうね。

2018年 8月 3日(金):オオハンゴンソウ

売り物ブルーベリー

 家のブルーベリーが採り切れないほど実っていますが、残念ながら実が小さいです。
 そこで今日は毎年ブルーベリーを買っている七飯町の 築城果樹園 に行きました。農園では果物は自分で採る果物狩りが主流ですが、購入も出来ます。
 右の大きい実のパックを買いました。ジャム用の小玉は予約中でした。

オオハンゴンソウとチョウ

 七飯までは自動車専用道路の函館新外環と高速道路の函館新道を使います。
 果樹園ではトウモロコシや枝豆なども買って、そのまま田んぼに行きました。
 ヒバリは見ましたがコチドリはいません。毎年オオハンゴンソウを撮っている路傍で、白いモンシロチョウがオオハンゴンソウの花の間を飛び回っていました。

オオハンゴンソウ

 こんな感じの写真を毎年撮っています。
 オオハンゴンソウは一時期全盛を極めた外来植物ですが、最近は白い花のノラニンジンに負けています。暑い日が続いて、水不足で元気が今一な感じがします。
 この後でアオサギにも逃げられました。ゴイサギもいませんでした。

今日の最高気温(HTB)

 札幌などは真夏日を脱したそうですが、函館は今日で5日間連続の真夏日になりました。
 こんなことは記憶にありません。
 写真は「北海道花情報」でお世話になったHTB(北海道テレビ放送)の地方ニュースの天気予報の画面です。今日は室蘭などは気温が上がりましたが、釧路は涼しそうです。

2018年 8月 2日(木):3羽そろい踏み

オシドリがいた

 函館は今日も30℃を超えて、4日連続の真夏日です。エアコン使ってます。
 昼頃にM川へ行きました。昨日の写真に写っていたのがオシドリか確認しようと思ったのですが、そこから上流に向かって泳いで来ました。
 遊歩道側に寄って来たので、大きく撮り過ぎました。

水を飲むカワアイサ

 その少し下流の岸の木の下にカワアイサのコンビがいました。
 食事に来たようです。2羽揃った写真も撮れたのですが、ちょっとぶれていました。1羽は木の下の見えないところに入ってしまい、残った1羽は水面に浮かんでいます。
 これは水を飲んでいる姿だと思います。こんな仕草をします。

松倉の冷やしラーメン

 昼食は久しぶりに川の近くの そば処 松くら に行きました。
 ここは蕎麦などの量が多くて、残してしまうので最近あまり入りません。
 冷やしラーメン(税込780円)はカニ風味などが入っていて、毎年食べています。たれが塩ラーメン風でそんなに酸っぱくなくて食べやすいです。

3羽そろい踏み

 食事後に家内が、カワアイサが木の下から出ているかも知れないと言うので、もう一度行ってみました。カワアイサは2羽が中洲の上で休んでいました。
 そこへ上流からオシドリが戻って来て、中洲へ上陸しました。3羽そろい踏みです。私が見ている間はこれ以上は近付きませんでした。2016年7月3日の絵日記 をご覧ください。

2018年 8月 1日(水):居たのかも

遠くから

 午前中は来客があって、午後は産業医事業場の職員との面談がありました。
 今日も真夏日です。16時過ぎにM川を覗きました。
 上流から望遠を600ミリにして、堰を撮りました。乗っている4羽は皆カルガモです。後で右の方の浅場に立って眠っている1羽に気付きました。これはオシドリかも知れません。

風に吹かれて

 満潮のようで水が多くなっています。
 いつもの場所の狭くなった川岸にカルガモ2羽と一緒にカワアイサのコンビが眠っていました。右の1羽は私が近づいたので警戒しているのか、目が光っています。
 すっかりここに居ついたようです。絵日記ネタになってくれそう。

子供は大きい

 昨日オシドリを撮った場所にも行ってみました。
 1枚目の写真の怪しい鳥に気付いたのは先ほど写真を見ていた時で、この時は探しませんでした。足元を大きくなった子ガモ2羽と母さんカルガモが泳いでいきます。
 カルガモの幼鳥は背中の模様が不鮮明で、黒っぽく見えます。

今日の収穫

 買い物を済ませて家に帰ってから、家内がブルーベリーの収穫をしました。
 鳥に食べ荒らされているのですが、毎日暑いので採っていませんこんなにたくさん収穫があったのに、まだこれ位残っているので、明日は私が採るように、と言います。
 これは本当の「地物」ならぬ「自物」ですね。

2018年 7月31日(火):今日も真夏日

カワラヒワとスズメ

 休みに入って色々雑用があります。合間を縫って川へ行きました。
 Y川の浅瀬では今日もカワラヒワやスズメが水浴びをしています。何羽か一緒のところを狙いましたが、覗くと逃げてしまいます。右がカワラヒワで、夏鳥です。
 同じ方向を見ています。何を見ているのか判りませんでした。

オシドリのエクリプス

 街側の遊歩道を歩くと中洲の反対側の岸にオシドリが見えました。
 そちらに車を回して、遊歩道から見ると、メスの羽色でクチバシが赤いです。オスのこの夏越しの姿をエクリプスと言います。眠そうでじきに眠ってしまいました。
 今年何度か見ていますが、違うオシドリかもしれません。

昼寝するカワアイサコンビ

 人だけ渡れる橋を通って、対岸まで歩きました。そちらの川下に最近エクリプスのカワアイサのコンビが居ついています。
 今日は早目に行ったせいか、眠っていました。例年はもう少し上流で夏越しをするのですが、今年は川岸の林が伐採されてしまいました。最近は毎回ここで会うことができます。

熟したブルーベリー

 庭のブルーベリーが熟して来ましたが、鳥にたくさん取られてしまいます。
 朝早くはヒヨドリも来ていますが、昼はスズメが犯人のようです。食べてくれれば文句は言いませんが、地面にいっぱい落として行きます。
 スズメは実を取って遊んでいるだけでしょうか?証拠写真を撮りたいです。

2018年 7月30日(月):とうとう真夏日

3001号NOMURA号

 今日だけ先週と同じバスの最後の函館の健診に当たります。
 朝から高温注意情報が出た日で、空が真っ青です。
 JRA函館競馬場の前を通過する3001号NOMURA号です。3000形は4両しかなくて、屋根にエアコンが付いています。窓も閉まっているので、エアコンを使っているのでしょう。

専用扇風機

 今日は一日を通して流通団地の中の会館での合同健診です。
 窓を開けると明るくて風通しが良いのですが、エアコンはありません。会場に3台用意してあった扇風機の1台を診察ブースに入れてくれました。
 風は当たるけど室温が高いので辛いです。水を500ml全部飲みました。

会場とバス

 昼休みに外へ出てみました。今日は函館も真夏日の30℃超です。
 会館は余り大きい建物ではないので、胃部胸部併用車の大きさが目立ちます。
 健診バスは勿論冷暖房付きなので、こういう日はバスの中が一番快適です。会館の後ろに森が見えますが、ここには森田の池と言う公園があります。

小さいクリの実

 その林の入り口のクリの実を毎年絵日記ネタにしています。
 見に行くとまだとても小さいです。見晴公園のオニグルミの実が大きいくなっていたので、少々意外でした。函館は海霧と海風で、夏は過ごしやすいのですが・・
 家に帰ったら室内も30℃になっていて、エアコンが大活躍です。

2018年 7月29日(日):歯があります

帰って来た

 台風12号の被害を受けられた方々にお見舞い申し上げます。
 今週は明日1日だけ市内で健診に当たります。水曜は産業医活動があります。
 昼頃川を見に行きました。家内はいない、と言いましたが、川下からカワアイサ2羽が泳いで来ました。河口の方に食事に行っていたのでしょう。1羽は水中を覗いています。

岸で寛ぐ

 じきに岸に上がりました。
 カルガモが少しいましたが、カワアイサの方が強いようで、近寄るとカルガモがカワアイサから離れて行きます。
 この場所が今年の居場所に決まったような感じがします。

歯がある

 写真が少ないので、昨日撮ったカワアイサの歯が見える写真をご覧下さい。
 全体像は上中央の小さい写真で、これの50%縮小画像をトリミングしました。
 拡大すると、左のカワアイサのクチバシの内側に、鋭いギザギサの歯が見えます。ネットでもカワアイサの歯の写真は何枚か公表されています。本来鳥は歯は無いそうです。

2018年 7月28日(土):コゲラの止まり方

普通の鳥みたい

 雨も無さそうなので、昼前に見晴公園に行きました。
 最近は途中から園内は家内と別行動です。東屋の近くで、ヒガラなどが飛んでいます。少し大きい鳥が枝に止まりました。横枝に水平に止まっていますが、よく見るとコゲラです。
 こんな止まり方はキツツキらしくはありません。

キツツキ風止まり方

 今度は上向きの枝に垂直に掴まりました。体を縦にしたこれがキツツキ風のつかまり方です。足の後ろの指が他の鳥とは違うそうです。
 北海道のコゲラは亜種エゾコゲラで、コゲラはスズメ位の小さい鳥で、地味な色合いなので目立ちません。木を突くドラミングの音も小さいので、見逃してしまうことが多いようです。

ピントが甘い

 家内は公園の下側の池の傍でエゾリスを撮っていました。
 その写真を絵日記に使わせて貰おうと思ったのですが、公園の出口で木から逆さに降りてくるエゾリスを見つけました。すぐに上がって行って、この1枚しか撮れませんでした。
 よく見るとピントが甘くて、リスのひげも見えません。拡大しないで下さい。

今日のコンビ

 帰りに川の方に回ってみました。
 今日は他を探さないで、最初からカワアイサのコンビがいつもいる場所に行きました。当然のように2羽が並んで寛いでいました。
 この川は獲物の魚も多いので、このまま居ついてくれそうです。

2018年 7月27日(金):函館は29.9℃

CT検診バス

 昨夜買い物から帰ったら、同じホテルの駐車場に他機関の見慣れぬバスが置いてありました。間にトラックが2台いたので、私たちの健診バスと並んでいたわけではありません。
 今朝は7時半集合でした。バスの窓を開けて撮りました。肺がん検診用のCT写真を撮るバスです。スタッフ一同初めて見たそうで、新しいのでしょう。重いので車輪が多いです。

健診会場

 検診はホテルの近くの八雲商工会の会館 ぱぴあ八雲 での合同健診です。
 毎回のように来ているので会場のことはよく判ります。健診に使うホールはとても広いので、隣とはかなり離れています。手前左が診察、右が心電図のブースです。
 胃と胸部の撮影はバスですが、他に聴力検査は別部屋で行います。

ロビーから

 ぱぴあ八雲に入ると立ち入り自由の大きいロビーがあります。勉強している(多分)学生さんもいました。館内は禁煙でゲームも禁止だそうです。
 昔から無料の無線LANが使えて、奇麗な大きいトイレもあります。
 今年は建物の中のロビーから健診バスを撮ってみました。

道央道通過中

 15時半に健診が終り、来週の健診が函館でスタートなので、バスとライトバンを函館まで移動します。他のスタッフは八雲駅からJRで札幌に帰りました。
 私はバスに乗りましたが、座席が高いので外がよく見えません。室蘭以南の道央道は片側1車線が多いですが、周囲は雄大な景観です。函館は29.9℃だったそうです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について