写真絵日記



合計ホスティング・レンタルサーバー 今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

2017年10月22日(日):嵐の前

箱館ハイカラ號

 台風21号はまだ海上ですが、大雨の被害がもう本州でも出ています。ご注意ください。こちらは今日は静かで、最高気温は16.9℃ですが、明日は雨で10℃の予報です。
 家内がコインランドリーへ行くので、一緒に行って初めてスニーカーを洗いました。待っている間に前を通る市電を撮っていましたが、今日は 箱館ハイカラ號 だけにします。

パイプのツタ

 その後に車で川を覗きに行きました。
 途中、湯の川温泉のS川の岸で降ろして貰い、歩いて河口に向かいました。鳥はカルガモばかりでしたがその中にコガモが1羽混じっていました。
 途中の、川を横切るパイプの周りのツタは、赤から緑のグラデュエーションです。

河口のウとウミネコ

 河口で合流するM川にはたくさんのカモメがいましたが、皆ウミネコです。
 海の前の砂場には、ウミウが拡げた羽を乾かしていました。独特の姿です。海が荒れているので川へ来たのでしょう。海鳥も港や海岸に避難します。
 カモメが飛んで来るので、画面に収まるように撮りました。

サケの頭を食べる

 上流に回って、支流のY川を覗くと、オオセグロカモメがサケの頭をかじっていました。
 数日前からサケの死体(繁殖後に死んだのは「ホッチャレ」と言います)があったのですが、哀れな姿になりました。M川にもサケが転がっています。
 こちらでも1羽のコガモを見ましたが、珍しい鳥はいませんでした。

2017年10月21日(土):市電の交叉

ドウダンツツジの紅葉

 超大型の台風が近付いています。ご注意ください。
 こちらも今日は一日雨でした。小降りの午前中に庭のドウダンツツジを撮りました。一部だけ紅葉になっています。やはり日照の関係でしょう。
 午後外出して川を覗きましたが、カルガモがたくさん騒いでいました。

8004号と8005号(2017年10月12日)

 そんな訳で、今日は在庫の写真を見て下さい。
 10月12日に五稜郭公園前電停付近で撮った、カーブで交叉する3組の市電の写真です。当日の絵日記は市電の写真は箱館ハイカラ號だけでした。
 これは朝、車の助手席から撮った8004号と8005号です。トリミングしています。

8010号と8007号(2017年10月12日)

 曇った日なのでコントラストはありませんが、影が邪魔にはなりません。
 丸井今井デパート函館店 の向いに今年4月開業した シエスタハコダテ 前から撮ると交差点の後にビルが無いので、いかにも田舎町と言う雰囲気になります。
 市電は8010号と8007号です。8000形は函館市電で最多の形です。

8009号と3004号(2017年10月12日)

 こちらの写真の背景になっているのが シエスタハコダテ です。丸井今井デパートとは地下道で繋がっています。黒い外層でなかなか都会的です。
 地下1階から3階が商用スペース、4階が公共スペース、その上はマンションです。
 市電は8009号と3004号です。3000形は4両あってエアコン付きです。

2017年10月20日(金):五稜郭公園で鳥見

草を食べるヒドリガモ

 昼過ぎまで晴れの予報でしたので、五稜郭公園に行きました。今日は最高気温は18.1℃と高く、紅葉はまだまだです。途中で雨が降って来て驚きました。
 外堀を歩いている家内からオオバンが2羽いるとメールがあり、そちらに行くと多くのヒドリガモが岸で草を食べていました。エクリプスも終りかけで、オスとメスが区別できます。

ホシハジロ

 オオバンは堀の反対側を速く泳いでいて、時々潜水していて撮れません。
 オナガガモの間にホシハジロのメスが見えたので、遠かったですが撮ってみました。
 白いアイリングに黒い目で、メスの姿形です。オスのエクリプスを図鑑やネットで調べると、メスと同じ色合いの写真はありません。目が赤いと書いています。これはメスのよう。

オナガガモのメス

 こちらはオナガガモのメスで、クチバシが黒いのはメスだそうです。
 人馴れしやすい鳥なので、3羽くらい揃って、すぐ傍を泳いで行きました。
 オスは文字通り尾が長く、茶色の頭と白い首が目立つ派手な鳥で、オオハクチョウとよく行動を共にいています。函館の川では殆ど越冬せず、本当の旅鳥です。

オオバン(家内撮影)

 オオバンの写真は家内の撮影の物を使わせて貰いました。
 オオバンは大沼公園でも繁殖していて、こちらの川で越冬することもあります。
 亜瑠西社の北海道野鳥図鑑の観察難易度では、今日のカモ3種は共に★★(地域によって普通に見られる)ですが、オオバンは★★★とそれより少し珍しいそうです。

2017年10月19日(木):今朝も見晴公園

ベンチの上のモミジ

 晴れているので午前中に見晴公園に行きました。
 ミヤマカケスが2羽木の上で騒いで飛び回っていましたが、撮れませんでした。
 鳴き声を追いかけて芝生広場を渡ると、ベンチの上にモミジの枝が置いてありました。「紅葉狩り」と言う言葉は紅葉を見て愛でると言う意味で、これも拾った物と思いますよ。

向いは緑のセンター

 函館の最高気温も14.2℃まで上がりましたが、最低気温は2.1℃でした。+です。
 紅葉も進みません。緑のセンターの向いの紅葉は、こうして光を通して撮ると紅く見えますが、表から順光で見ると赤茶色の葉です。今日は幼稚園児が団体で来ていました。
 このままだと見晴公園の紅葉の見頃は来月始めになりそうです。

多分アキアカネ

 お山の傍のベンチにアカトンボが集まっていました。尻尾だけ赤いのはアキアカネだと思います。トンボやセミを採っていたのは小学生の頃なので、自信はありません。
 暖かい所に集まるようで、日当たりの良いベンチには居心地が良いのでしょう、私のジャンパーの背中にも止ったと家内は言いましたが、それは撮れません。

尻尾が欠けたヤマガラ

 昨日エゾリスを見た木の枝に、最初に剥きグルミを置いて来ました。
 行ってみると餌は無くなっています。ヤマガラも飛んで来るので、犯人はそうだと思い待っているとヤマガラが来ました。餌を取るのが速い、画面の隅で尻尾も欠けてしまいました。
 家内はエゾリスを見たそうですが、人出が多いせいか、速くて撮れなかったそうです。

2017年10月18日(水):見晴公園もまだ

外国人観光客

 昼過ぎに見晴公園に行きましたが、曇り空になってしまいました。
 はこだてもみじフェスタ は10月21日(土)〜11月12日(日)、ライトアップ時間は16:00〜21:00です。照明灯など用意されていますが、紅葉はまだまだです。
 観光バスで来ていたアジアからの観光客が緑のセンターの前を歩いています。

ゴジュウカラ

 公園の奥の方には紅葉狩りの人はいません。
 エゾリスやキツツキを求めて歩いていると、給餌台のある家の傍で2,3羽のゴジュウカラが木の上を回りながら餌を取っていました。このポーズは独特の物です。
 この後会った家内はエゾリスとミヤマカケスを見たそうです。

餌を食べ終えて

 10月1日と8日にエゾリスを見た木に、来たとき剥きグルミを少し置きました。
 帰りに寄ると、上の方の枝でエゾリスがクリを食べていました。皮を剥いて食べるので時間がかかります。これは食べ終えて動き出したところです。
 この後地面に降りて、遠くに走って行きました。

ダイサギ

 買い物などしてから、帰り道のM川を覗きましたが、カルガモとマガモだけです。
 諦めて車で帰る際に、S川の橋を渡ると、上流にダイサギが見えます。行って撮りましたが、人通りの多い場所でたくさんの人が見て行くのに逃げません。悠々としています。
 強風で羽も水面も乱れました。こんな水鏡も面白いと思います。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について