八雲町カントリーサイン/2006年10月28日
八雲町カントリーサイン/2006年10月28日

市町村合併とカントリーサイン1

 2004(平成16)年12月1日から、北海道でも市町村合併が始まりました。

市町村合併のページ
北海道庁発の最新情報を
 それまでは長らく212市町村ありましたが、2006(平成18)年3月31日までに180市町村になりました。そのために、消えたり、新設されたカントリーサインも多いです。

 このページではその新設されてカントリーサインを取り上げます。
 小さいカントリーサインの画像は、下記の 北の道ナビのカントリーサイン を使わせて頂きました。

全カントリーサインの一覧北の道ナビ のカントリーサインの一覧ページ。カントリーサインをクリックすると別ウインドが開き、そちらに大きいカントリーサイン、市町村の特色、HPへのリンクがあります。
 旧212市町村の全カントリーサインの一覧も PDFファイルシート で提供されています。

新設されたカントリーサイン

北斗市カントリーサイン  函館の隣町 上磯町と大野町カントリーサイン は平成18年2月1日に合併して、北斗市になりました。
 新しいカントリーサインの絵柄は当別のトラピスト修道院と北海道新幹線(新函館駅は大野駅付近に作られる予定)です。

八雲町旧カントリーサイン熊石町カントリーサイン は平成17年10月1日に合併して、町名は八雲町となりました。
 渡島支庁と檜山支庁にまたがる合併で、二海郡という郡が新設されて話題になりました。
 トップ写真が新しいカントリーサインで、八雲町の旧カントリーサインに海とアワビを描き加えた感じがしました。

せたな町カントリーサイン 瀬棚町、北檜山町カントリーサイン大成町カントリーサイン の三町は、平成17年9月1日に合併して、新町名は平仮名書きのせたな町になりました。役場は北檜山にあります。
 新カントリーサインは北檜山町のスイセンと瀬棚町の三本杉岩、大成町の親子熊岩が仲良く描かれていて、お互いの気配りがよく判ります。

安平町カントリーサイン 早来町、追分町カントリーサイン は平成18年3月27日に合併して、安平町になりました。安平(あびら)は実在の地名です。
 旧・早来町の名物の雪だるま、競走馬、旧・追分町の有名なアサヒメロンが描かれています。

むかわ町カントリーサイン 鵡川町カントリーサイン穂別町カントリーサインは平成18年3月27日に合併して、かな表記のむかわ町になりました。
 右が新しいむかわ町のカントリーサインですが、恐竜とシシャモを足した絵柄です。タンポポもあります。

新・日高町カントリーサイン 門別町カントリーサイン旧・日高町カントリーサインは平成18年3月1日に合併して新町名も日高町です。間に平取町を挟んだ飛び地合併です。
カントリーサインは足して2で割った絵柄と思います。

新ひだか町カントリーサイン/2007年7月1日
新ひだか町カントリーサイン/2007年7月1日

静内町、三石町カントリーサインは平成18年3月31日に合併して、新ひだか町になりました。
 日高地方とは海岸のイメージが強いですが、旧・日高町は海岸から離れています。「日高」の使用で駆け引きがあったと聞きました。
 絵柄は旧カントリーサインを足したままです。

釧路市カントリーサイン  平成17年10月11日に旧・釧路市カントリーサインは隣の阿寒町カントリーサインと、飛び地の音別町カントリーサインと合併しました。
 新しいカントリーサインの絵柄は幣舞橋と阿寒湖と音別フキです。

大空町カントリーサイン 東藻琴村と女満別町カントリーサインは平成18年3月31日に合併して、大空町になりました。女満別は道東でトップクラスの空港を持っています。
 カントリーサインは長らく未制定でしたが、新たなデザインが平成19年4月に 町HP に発表されました。右図(北の道ナビ)が新しいカントリーサインで、飛行機、シバザクラ、ミズバショウなどが描かれています。

枝幸町カントリーサイン 枝幸町、歌登町カントリーサインの2町は、平成18年3月20日に合併し、新町名は枝幸町です。
 新カントリーサインは歌登町の牛の頭に旧・枝幸町の毛蟹が乗ったデザインで、こういうのは好きです。

 次のページに続きます。

[作成:2008年1月12日、1,2ページ間の区切りをを変更6月22日
むかわ町カントリーサインをGIF画像から写真に変更:2008年11月14日]

戻る 旅ホームへ 次へ