2001年春・道東の旅 Part 3

アカゲラ
タンチョウ大好きさんのバードテーブルのアカゲラ。
室内から座ったまま、ガラス越しに撮りました。(2001年5月2日)

ジャンプ出来ます→ 第1日目 第2日目 第4日目

第3日目(5月2日水曜)

霧多布から南弟子屈の熊牛原野へ

 この日も、前日までと同じような(快晴だけど寒い)天気です。

霧多布岬  南弟子屈の熊牛原野(正式な地名です)には、今年、冬の一番寒い時に埼玉から移住して来られた、「タンチョウ大好き」こと、中島浩さんの新居があります。私はホームページを作る前からファンで、2月下旬に釧路で食事をしました。ギャラリーが出来たらお伺いする約束で、今日はお昼にパンを焼いて待っていて下さるとのこと(昨日も根室で御馳走になっている)。時間に余裕があります。
 家内と相談して、上の写真の霧多布〜厚岸経由で行くことにしました。
 霧多布では、駐車場のラインを塗ったりしていて、観光客はまだいません。

標茶町カントリーサイン  厚岸大橋を渡って、国道44号線に入り、釧路との中間位の上尾幌から道道221号線(塘路厚岸線)へ右折して、塘路湖を目指します。ゆるやかな峠道で、写真の標茶町のカントリーサインを撮った辺には、エゾエンゴサクがチラホラ咲いていました。
 塘路湖からは、国道391号線(釧路から弟子屈へ行く道)に入ります。塘路湖もシラルトロ湖も、一瞥しただけですが、タンチョウもエゾシカも見れませんでした。シラルトロ湖の漁船と雄阿寒岳の遠景の写真は、旅のページに使いました。

中島邸から道の駅「摩周温泉」まで

中島邸 中島さんの家は、国道391号線を、北上し、標茶町と弟子屈町の境界の橋を渡ってすぐの道を、左に900mほど進んだ右手道路脇の三角屋根の家、とメールを貰っていました。国道わきに「温泉つき熊牛分譲地」の大きい看板があって、すぐ判りました。
 隣はペンションで、向かいは牧場の牧草地です。
 写真の左手がギャラリーの入り口で、7月頃オープン予定です。それまででも、連絡しておけば見せてくれるとのことでした。奥さん手造りのパンなどを御馳走になり、道東談義をしつつ撮ったのが、上のアカゲラです。

 道の駅「摩周温泉」  この夜は、津別のホテルに泊るのですが、うっかりしたことに、津別峠が通れるかどうか調べてありませんでした。
 余り長居は出来ず、次の目標地の弟子屈の道の駅に行きました。
 写真のように小さい道の駅です。もっとシカの写真が欲しいということで、阿寒横断道路(国道241号)を通ることになりました。ここまで来て摩周湖にも屈斜路湖にも寄らないのは、ある意味では贅沢なことです。

阿寒から津別まで

阿寒町カントリーサイン  阿寒横断道路は、かなり厳しいカーブが続きますが、雄阿寒岳などの眺めが素晴らしく、また、野生動物・特にエゾシカによく遇います。
 まだ道路わきは雪が多いです。
 写真は阿寒町のカントリーサインで、言わずと知れたまりもと阿寒湖です。
 シカは山の草木の生育状態に左右されるのか、前年は連休明けに、横断道路にたくさんいたのですが、今日はいませんでした。

道路わきのエゾシカ  阿寒湖畔でまりも国道と合流する先には、やはりエゾシカがたくさんいました。
 写真を一枚、壁紙プレゼントコーナーに置きました。こちらの写真のエゾシカは、3頭が道路脇にいて、車をとばしているとき、跳び出されたら怖いですね。
 阿寒湖畔から津別に行くには釧北峠をとおりますが、余り急でない峠です。
 津別の町にも見所はたくさんありますが、昨夏来ている(陸別のオーロラハウスに泊りました)ので今回はパスです。

 ホテルはここから屈斜路湖畔に向かう道道598号線(屈斜路津別線)の、津別峠の直前の山の中にあり、案の定津別峠はまだ冬季閉鎖中でした。途中にサケマス孵化場やスキー場があり、30分位(23キロ)でホテルフォレスターに着きます。

宿舎「ホテルフォレスター」について

 (株)津別町振興公社の経営で、住所は 〒092-0222 網走郡津別町字上里、
電話 01527-6-3333、FAX 01527-6-3311 です。
フォレスター外観  1997年増築で、真新しい感じです。パークゴルフ場やキャンプ場を持ち、森の中に散策路も設けられています(まだ雪で歩けません)。
 和室18、洋室:トリプル7、和洋室1、定員96名です。
 温泉は、アルカリ性単純温泉で、岩を組んだ露天風呂など、温泉の風呂の種類も多くて、各々が広いです。街から遠いせいか、日帰り入浴者もそれほどいません。

フォレスターロビー  写真はロビーで、食堂もそうですが、広いガラス窓越しに屋外が見渡せます。
 泊った洋室は、広さは十分で「木の町」を感じさせるお洒落なつくりです。電話もケーブルが外せて助かりました。吃驚したのはテレビの地上波が受けれないことで、チャンネルはすべてBSです。どれ位山の中か実感させられます。パークゴルフ場を散歩したら、シカの糞がいっぱい落ちていて、やはり夕方エゾシカが10頭くらい出て来ました。最初のページのタイトルの写真です。雪が融けた一週間くらい前から来ているそうで、追い払ったり柵をする訳でもなく、共存している感じです。

 食事はレストランで食べます。立派な食事で、従業員さんの接遇態度も良くて、お薦めのページに後日このホテルを詳しく紹介いたします。

 この日の走行距離は前日と同じく252キロでした。

もどる 旅ホームへ