旅のタイトル
美幌峠牧場のシカ(2002年4月26日)

旅の目的、宿泊先

 暖冬暖春で、2002年は新緑も開花も早く、特に新緑が「春紅葉」と言われるほど鮮やかです。
 昨年同様、大型連休の前半、2002年4月26日〜4月28日、家内と車で2泊3日の道東旅行をしました。旅の主な目的は、エゾシカとシマリスの写真を撮ることでしたが、後者には早すぎたようでした。
 
 今回の宿は1日目は屈斜路プリンスホテル(オフシーズン料金の最終日)、2日目は釧路市の公営、山花温泉の洋室を、共に2食付きで予約しました。
 タイトルの写真は、1日目の美幌峠牧場のエゾシカで、これは家内の撮影です。

 今回は2日目前半に屈斜路湖周辺、後半に阿寒湖周辺を探索?しましたので、この日は2ページにして、旅行記を作りました。

ジャンプ出来ます→ 第2日目前半 第2日目後半 第3日目

第1日目(4月26日金曜日、晴れ:代休)

新高速道路を通って

 日曜移動した代休の日で、人より一日早く連休に突入し、張り切って札幌を午前8時に出発しました。
紋別道  高速道路を旭川北で下り、上川を経て、北見峠と浮島峠の分岐点まで行くと、建設中の高速道路「紋別道」の一部が最近開通して、無料で通れます。インターチェンジ「浮島」から「白滝」までの一区間ですが、一般道やJRより上を通るので、見晴らしに期待していました。でも、車高の低い乗用車では下は見えません。

遠軽のシバザクラ  遠軽町の太陽の丘えんがる公園には、経験では滝上より早く咲くシバザクラがあります。
 行ってみましたが、写真のようにまだ早かったです。昼食も、勤務で泊まる当地のホテルの日替わりランチという日常的なものになってしまいました。

女満別・網走にて

ユリカモメ
 前の週(19日に)、仕事後に半日、北見網走方面を一人でドライブしたのですが、そのとき撮ったユリカモメと水芭蕉を、家内のリクエストで、もう一度見に行きました。
 網走湖の一番海から離れた部を女満別湖といいます。そこには写真のユリカモメが渡りの途中で休んでいます。頭が黒いのは夏羽です。前回は冬羽もいたのですが、今回は見られません。

終りの水芭蕉  水芭蕉は、前回は満開で、花を訪ねてに「網走湖畔・呼人の水芭蕉」というページを作りました。わずか1週間なのに、今回はこんな感じでした。花の見頃は微妙なものとあらためて知りました。

峠の牧場にて

エゾシカの群  美幌峠の頂上の少し手前(美幌町より)に、美幌峠牧場があります。ここはエゾシカがたくさんいることで有名です。詳しくは、野生動物のページの「牧場のエゾシカ」を見て下さい。
 タイトル写真もここで撮ったものです。夏や秋にも来てみたいと思いました。

ユキウサギ  ラッキーにもここで、ペアのユキウサギを見つけました。冬毛が抜け落ちている最中で、まだら模様です。早速、野生動物のページに「まだらのユキウサギ」というページを作りました。ユキウサギについては、前に作った「走れ!ユキウサギ」で紹介しました。

屈斜路プリンスホテル

部屋の窓から  屈斜路湖畔のリゾートホテルですが、昨年東館(新館・208室)が完成して、通年営業となりました。連休前日なので、(インターネット予約)オフシーズン料金(5月31日まで、ツィンで一人2食付きで1万円)で宿泊できました。部屋はすべて湖に面しており、刻々と変わる光景を見られるのは素晴らしいです。一番高い山は斜里岳です。

屈斜路プリンスホテル

 夕食は、レストランでバイキングでした。ローストビーフが美味しかった。
 豪華な夕食で、タラバガニとズワイガニもありましたが、毛蟹はなかった・・・。

 この日の走行距離は423キロでした。

[作成:2002年6月17日、レイアウトと写真のリンク先変更:2003年11月4日]

旅ホームへ