2002年春・屈斜路阿寒の旅 Part3

阿寒湖
阿寒湖(2002年4月27日)
ジャンプ出来ます→ 第1日目 第2日目前半 第3日目

第2日目(4月27日土曜日、晴れ)後半

摩周湖のシマリスは?

摩周湖から見た斜里岳  次いで摩周湖の第1展望台へシマリスを求めて行きましたが、こちらも空振り。
 シマリスの看板だけでリスはいませんでした。随分ゆっくり寝ているのですね。
 写真は摩周湖から見た斜里岳です。

阿寒湖・ボッケの遊歩道

阿寒湖のボッケ  弟子屈から阿寒横断道路を通って、阿寒湖へ出て、湖畔のボッケ(写真のように熱い泥が噴出しているところ)探索路を歩きました。野鳥の声はよく聞こえましたが、撮れたのはアカゲラくらいでした。沢山の人が歩いていました。昼間なのでシカもリスもいませんでした。

ボッケの地図看板  パンフレットにあった地図の一部です。
 基点は阿寒湖畔エコミュージアムセンターで、これは環境省が運営しています。実は3日前の4月24日にオープンしたばかりなのです。環境省が所有・管理するエコミュージアムやビジターセンターの中では国内最大規模の施設で、年間入場者数十万人を見込んでいます。
 案内は環境省の自然保護事務所HPにあります。

船着場  遊歩道の終点近くに船着場があります。天気は良いのですが、風が強くて、人がとても多いのは少し異様な感じです。

釧路市丹頂鶴自然公園

アオサギ
 今夜の宿泊は釧路市の山花温泉リフレなので、途中の釧路市丹頂鶴自然公園に立ち寄りました。丁度給餌時間で、おこぼれを狙って、沢山のカラスの他に沢山のアオサギが来ていました。トンビ、カモメ、ドバトも餌を狙っています。

幼鳥  写真は外から来た野生の幼鳥で、2羽でダンスをしていました。

 この日は、186キロしか走っていないです。その分?歩きました。

[作成:2002年6月17日、レイアウトと写真のリンク先変更:2003年11月4日]

戻る 旅ホームへ