卯原内のアッケシソウ 2006 Part.2

シギのカップルがいました
シギのカップルがいました(2006年9月17日)
何シギか確信が持てません。

シギも来ていました

国道の橋が見えます
国道の橋が見えます
 国道の橋です。横が駐車場の入り口で、車が続々入って来ます。
 2002年に来たときは見頃を過ぎていましたが、今回は一週間くらい早かったと思います。まだ、サンゴ草と言うほどは赤くないのも多かったです。

シギがいます(家内撮影)
シギがいます(家内撮影)

 対岸は網走側の岸辺です。
 このあたりは木道の先端に近く、水面が多くなります。このアッケシソウの群落内にシギが2羽写っていますが判りますか?

何シギでしょう?(家内撮影)
何シギでしょう?(家内撮影)

 これも家内の撮影です。
 シギのカップルを撮っていますが、何シギか判りませんでした。
 前に来たときはユリカモメがたくさんいましたが、今回は一羽も見られませんでした。

木道先端から戻る
木道先端から戻る

 木道の先端から戻るため岸側を見たところです。
 この辺のアッケシソウは緑でもなく、赤くもなく、茶色っぽい色でした。この後で本当にサンゴ草と言われるような赤い色になるのか、ちょっと心配になりました。

岸辺は人が多い
岸辺は人が多い
 こちらは色が悪いせいか人も少ないです。
 岸辺に見える右側のテントでさる演歌歌手が歌っていました。赤江三奈です、と名のっていました。
ステージに集まる人々
ステージに集まる人々
 ステージ前にはたくさんの人々が集まっていました。花?より歌ですね
 下を見ると、木道の近くは日照が不足になる分、緑のアッケシソウが多いのが判ります。

海側の光景
海側の光景
 振り返って海側を撮りました。
 青い部分は能取湖の海面です。そばまで車が入れるようです。

木道と青空
木道と青空
 岸に戻って木道を撮りました。
 青空がとても綺麗な日で、これにユリカモメが群れ飛んでいれば言うことはありませんが、それは欲張りですね。

こんな光景です(家内撮影)
こんな光景です(家内撮影)

 広い干潟にアッケシソウが群生し、紅葉しています。こういう光景は他では見られません。
 何度も見に来たいですが、遠いし、見頃に当たるのは難しいものです。

[作成:2006年10月8日]

もどる 花ホームへ 次へ

北海道花めぐりへ 峠を越えてウェルカムへ