えんがる公園・1千万本のコスモス園

コスモス園の看板
コスモス園の看板(2006年9月18日)
日本最大級と書いてあります。手前の混合コスモスは5分咲きとのこと。

太陽の丘えんがる公園と虹のひろばについて

 遠軽町の 太陽の丘えんがる公園 は昔から芝桜が有名で、2003年5月27日に私も仕事後に行って、撮った写真を花情報に投稿 しました。

上から見た光景
上から見た光景
 太陽の丘の奥に広がる10ヘクタールの広大な花畑が「虹の広場」で、ここ数年は北海道一のコスモスの名所(1,000万本あるそうです)と言われています。キバナコスモス(2006年9月18日の訪問日で9分咲き)が有名で、普通の混合コスモスは5分咲きとのことでした。

壁紙サイズのこの写真が ここをクリック で表示され、ダウンロード可能です。

ヒャクニチソウが満開

ヒャクニチソウが満開
ヒャクニチソウが満開

 この日、虹の広場で一番綺麗だったのはヒャクニチソウでした。作付け面積も広く、あちこちに植えられています。
 たくさんに色があるものですね。

クジャクチョウ
クジャクチョウ
 蝶のことは詳しくないのですが、写真のクジャクチョウは越冬蝶として有名です。
 本州では高山でないと見られないそうですが、北海道ではよく見られる蝶です。
 ヒャクニチソウにたくさん止まっていました。

ヒャクニチソウの中で記念撮影
ヒャクニチソウの中で記念撮影

 ヒャクニチソウ畑の中で娘さんが記念撮影をしています。その向こうの黄色い畑がキバナコスモスです。

主役はキバナコスモス

観覧車が回っています
観覧車が回っています
 左側の普通のコスモス(混合コスモスと呼んでいました)は5分咲きとかでまだ花が目立ちません。
 右側に広がるキバナコスモスが主役ですね。とても広いので観覧車が回っていて、展望台も作られています。

キバナコスモスの向こうを観覧車が行く
キバナコスモスの向こうを観覧車が行く

 天気が曇り空だったのが残念でした。
 車に乗るより歩く方が、細かいことも判って好きです。

キバナコスモス
キバナコスモス
 キバナコスモスの下の方に、丈の短い明るい黄花のコスモスが混ざっていました。
 終わった花も蕾もあって、近くよりも遠くから見るものですね。

混合コスモス
混合コスモス
 混合コスモスは5分咲きとのことですが、やはり終わった花も蕾もあって、余りぱっとしません。
 滝川の丸加高原の例を見ても、なかなか揃っては咲かないし、満開に当たるのは難しいと思います。

ヒャクニチソウとキバナコスモス
ヒャクニチソウとキバナコスモス
 帰り際に、太陽の丘虹のひろば管理棟(Tel:01584-2-0488)近くから手前にヒャクニチソウを入れて、キバナコスモスを撮りました。
 こんなにたくさんのキバナコスモスとヒャクニチソウが咲いているのは初めてみました。

 斜面で見応えのあるロケーションに1千万本のコスモス、時期を合わせて好天の日に再訪したいものです。

[作成:2006年10月1日]

もどる 花ホームへ 次へ

北海道花めぐりへ 峠を越えてウェルカムへ