上湧別町チューリップ公園

風車
オランダ風車は展望台です。(上湧別町/2003年5月26日)
 2003年5月26日、仕事で上湧別町を通りましたので、夕方チューリップ公園に立ち寄りました。
 北海道一を誇るチューリップ畑は丁度開花の絶頂期で(5月20日からの1週間は必ず花が咲いていると、上湧別町のHPに書いてあります)文字通り豪華絢爛でした。夕方で色が少し変(地味?)ですが、雰囲気は伝えられると思います。

上湧別町とチューリップ

二人連れ  上湧別町では、昭和30年代から輸出用のチューリップ球根が栽培されましたが、昭和40年代に安価なオランダの球根が世界市場を制覇し、チューリップ栽培は徐々に衰退しました。
 昭和51年には町の花にチューリップが指定され、老人農園だった現在のチューリップ公園の場所に、昭和57年からお年寄りたちがチューリップを植えはじめました。

ヘリコプター  年々チューリップ畑が広がり、国道を通過する人々の注目を集めるようになりました。昭和62年にはオランダ風車も建ち、公園も整備されて、昭和63年に町立の「チューリップ公園」として指定されました。その後も毎年、公園の拡張と整備がなされ、現在では、7ヘクタールの広大な花畑に120品種120万本の色とりどりのチューリップが咲き誇ります。
 オホーツクに遅い春が訪れる5月上旬から6月上旬まで、公園ではチューリップフェアが開催され、切り花販売や球根の予約販売などの催しも行われ、多数の観客で賑わいます。

 なお、入園料は2004年度は 大人(高校生以上)500円、小人(小・中学生)250円です。
 最盛期には、写真の左に写っているヘリコプターの遊覧(5月中旬〜下旬)で空からの眺めも楽しめます。
 (上湧別町のチューリップ公園のHPや公園の案内板から引用させて頂きました。)

展望台からの眺め

展望台から  オランダ風車の展望台に登ってみました。もう開園時間を過ぎていますが、見物は出来ます。
 といっても18時過ぎなのでもう人は余りいません。これは家族連れでしょうか?

記念撮影  記念撮影をしているグループもいました。どちらを向いても花ばかりで、いい写真が撮れそうです。

兄弟でしょうか?  楽しそうに花畑を歩いてくるのは兄弟でしょうか?
 昼間だったら人が多くて、こんな写真は撮れません。

バス停からの眺め

バス停から  国道242号線沿いに少し小高くなっている場所があり、ここからは公園の奥まで見渡すことができます。バス停もここにあり、帰りにここから撮りました。遅いのでもう人は殆どいません。

テレビスタッフ  夕方のニュース番組でしょうか、テレビスタッフが来ていて放送をしていました。遠くバス停から見ただけで詳細は判りません。スタッフは花の中を引き上げて行きます。
[作成:2003年7月25日、料金改定記載:2004年4月1日]

もどる 花ホームへ 次へ

北海道花めぐりへ 峠を越えてウェルカムへ