札幌市内のラベンダー畑

百合が原のラベンダー
百合が原公園のラベンダー。これは中央の花壇です。(2003年7月26日)
 富良野などのラベンダー畑は、すごく綺麗ですが、とても人気があって、シーズンには交通渋滞や混雑が起きます。訪ねるには覚悟と忍耐が必要です。

 小さいながらも、札幌市内にもいくつかのラベンダー畑があります。2003年7月26日・百合が原公園、27日・幌見峠、29日・サッポロさとらんど、と見に行きましたので、1ページにまとめてみます。

百合が原公園

展望塔が見えます  北区の百合が原公園については、花を訪ねての短編版や別館のミニ探訪でも取り上げています。2003年7月26日に訪ねました。

 百合が原公園ウェブサイト

 百合が原公園は札幌の中心から北東8kmに位置し、敷地面積は24.1haあります。
 四季折々の花壇が作られて、特別な施設以外は無料で入場できます。
 向こうに見える赤白黄の花は百合です。サイロを模した塔は展望台です。
 (この写真は 別館の壁紙プレゼント に置きました。)

道  狭いながらも、ラベンダーの中に道が作ってあって、ここを歩くことが出来ます。
 演出上手な公園です。

幌見峠ラベンダー園

花を見る人  相互リンクのYASさんのホームページで知った、円山の奥の方の(藻岩山と円山の間ですね)幌見峠のラベンダー園へ、2003年7月27日に行って来ました。
 駐車料が300円かかりますが、花の摘み取りをすると、その分割引になります。
 画面の左右に花畑が広がっていて、札幌の眺望をいれて撮るのは難しいです。

街が見える  時期が少し遅かったのか、畑はやや荒れた印象です。面積も他の2箇所よりは狭いです。
 ここの売り物は札幌市街地を見下ろす展望で、夜景の名所にもなっているようです。

サッポロさとらんど

蝶を採る子供さん  サッポロさとらんども、花を訪ねての短編版や別館のミニ探訪で取り上げています。2003年7月29日に訪ねました。
 サッポロさとらんどHPでも、ラベンダーの見頃は7月中旬頃までと書いてありましたが、ちょっと遅めでした。
 これは中央にあるラベンダー畑で、子供さんが蝶を採っていたりします。
 (この写真は 別館の壁紙プレゼント に置きました。)

牛も観覧車も  牛や馬もいます。観覧車も回っています。
 背後に見えるラベンダー畑は、上の写真と同じ畑です。
 さとらんどは入場は無料ですが、土日休日には駐車代がかかります。

ラベンダーの丘  もう一箇所、ラベンダーの丘と言われている場所があります。道路の法面(わきの斜面)を上手に使っています。
 ラベンダーの栽培面積では、多分、百合が原よりさとらんどの方が多いと思います。


 身近にラベンダーを楽しむのも良いですね。
 このページの写真の内3点を HTBの北海道花情報に投稿しました。どれか判りますか?


 2007年7月14日撮影の 北海道東海大学のラベンダー畑 が短編版にあります。

[作成:2003年8月23日、さとらんどのURL修正:2004年2月15日,2005年4月23日、
北海道東海大学のラベンダー畑のページと壁紙プレゼントにリンク:2007年7月23日]

もどる 花ホームへ 次へ

北海道花めぐりへ 峠を越えてウェルカムへ