松前町松前公園のサクラ

松前城門前
松前城門前。(2003年5月1日)

道南のサクラの名所

 北海道ではサクラとウメがほぼ同時に咲きます。
 温暖な道南地方はサクラの開花も他地方より早く、4月下旬から5月中旬頃まで楽しめます。
 サクラの名所も多く、松前町の松前公園(約1万本、250種)、函館市五稜郭公園(ソメイヨシノ1600本他)、函館公園(ソメイヨシノ500本他)、森町の2つの公園、「青葉ヶ丘公園」と「オニウシ公園」などが特に有名です。
 これは2003年に訪ねたものを2004年のシーズンに間に合うようまとめたものなので、開花時期などは今年用でお調べください。

松前公園について

桜前線本道上陸標準木
桜前線本道上陸標準木
 北海道で唯一の城のある松前町は、車で函館から2時間余かかりますが、北海道で一番早く咲くサクラの名所として有名です。松前城周辺の松前公園では、約1万本、250種類のサクラが、ほぼ1ヶ月間次々と花を咲かせます。
 主な種類は、早咲きのソメイヨシノ、ナデン、中咲きのアマヤドリ、イトククリ、遅咲きのカンザンなどです。
 松前町にあるサクラの多くはヤエザクラで、全国的にも希少とされています。

 「松前さくらまつり」は2004年度は第57回になりますが、例年より一週間早く、4月24日(土)から5月16日(日)です。
 詳しいことはこちらから:松前町HP>松前観光協会>さくらまつり行事予定

城門の内外

石垣の途中から
石垣の途中から。タンポポも綺麗でした。
 2003年5月1日に訪ねました。車は誘導に従った行ったら、幸運にもお城の近くに置けました。
 石段を登って行くのですが、写真のように好天で、ソメイヨシノが満開でした。タンポポも満開で、サクラのピンクに負けずに綺麗でした。

門内
お城の門から中をのぞむ。
 お城の門から中を覗いたところです。今回は城外の「血脈桜」など見に行く予定でしたので、中には入りませんでした。

メジロ
ソメイヨシノにとまるメジロ
 「桜前線本道上陸標準木」と言う表札のついたソメイヨシノの写真を上に紹介しましたが、この木はじめ多くのソメイヨシノに、たくさんのメジロがいて、蜜を吸っていました。
 北海道で初めてメジロを見て吃驚しました。
 望遠つきのカメラをご持参の方は、ぜひ探してみて下さい。

血脈(けちみゃく)桜

血脈桜
血脈桜

 乙女と血脈にまつわる伝説がある松前で一番有名なサクラです。
 「南殿(ナデン)」という八重桜の親木とのことで、推定樹齢は280年です。
 お城から少し離れた光善寺というお寺の庭にあります。案内標識もありますし、ここは見に来る人も多いです。

看板
血脈桜の看板
 血脈桜の伝説とは「寺の修理のために桜を伐採しようとしたら、住職の夢に娘が現れて、血脈(亡くなった人が仏になれるようにお坊さんが与える書き付け)が欲しいと頼み込んだ。そして翌朝、住職は桜の木の葉の間に前夜娘に与えた血脈が揺れているのを発見し、娘が桜の精であったと気付いて、木の伐採をやめたという」ものです。

ウメもツバキも

ウメ
松前神社のウメ
 お城の山側にある松前神社では、紅梅が満開になっていました。
 右に少し写っている白梅は「臥龍梅」と言う歴史のあるものだそうですが、まだ咲き始めでした。揃って咲く訳ではないのですね。

ツバキ
松前神社のツバキ
 ツバキもあちこちで丁度咲いていました。
 南国の花のイメージですが、道南では結構見られます。
 これは松前神社で撮りました

[作成:2004年4月4日]

もどる 花ホームへ 次へ

北海道花めぐりへ 峠を越えてウェルカムへ