[短編版] 北大植物園のミズバショウ

開園日には満開のミズバショウ
開園日には満開のミズバショウ(2007年4月29日)

場所、花、時期

絵を描く人、写真を撮る人、観賞人
絵を描く人、写真を撮る人、観賞人
 2007年4月29日、ゴールデンウィークの2日目が、北大植物園(北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園)の開園日で、その午前中に訪ねました。中央区北3条西8丁目で、北海道庁の少し西側になります。
 ライラック並木に向かう橋の周囲は絶好のミズバショウの観賞地です。この日もたくさんの人が写真を撮ったり、絵を描いていました。
 岸辺にはアズマイチゲやエゾエンゴサクも咲いています。

たくさん咲いています
たくさん咲いています
 北大植物園は明治初期からの古い歴史を持ち、設立当初から一般に公開されいます。その一部は石狩の原始林の姿を保っていますが、残念ながらエゾリスはいませんし、キタキツネも現在はいないようです。
 ミズバショウはカキツバタの咲く水路などにもたくさん咲いています。
 今年はミズバショウは残念ながら、開園日の今日はもう満開過ぎの感じでした。

(付録)アメリカミズバショウ

アメリカミズバショウ
アメリカミズバショウ
 大通から歩いて植物園に来たさい、塀の外から中を撮影している女性がいました。見ると温室の近くの池の岸辺に黄色いミズバショウが咲いいます。
 調べてみると北米原産のアメリカミズバショウ(キバナミズバショウ)で、初めて見ました。ギョウジャニンニクほどではありませんが臭いそうです。

[作成:2007年4月29日]

花ホームへ

北海道花めぐりへ 峠を越えてウェルカムへ