[短編版] 函館市の「桜ヶ丘通り」

通称「桜ヶ丘通り」
通称「桜ヶ丘通り」。生活道路です。(函館市/2003年4月29日)

場所、花、時期

車もたくさん通ります
車もたくさん通ります
 函館の松陰町、柏木町、人見町、乃木町にまたがる800メートルの直線の桜並木は、「桜ヶ丘通り」という通称で知られています。
 2車線の閑静な住宅街の中の生活道路が桜のトンネルになります。
 約100本のソメイヨシノは昭和の初めに地元の方々が私費で植え、手入れをされて来ました。

人も歩いています
人も歩いています
 2003年4月29日訪ねました。5分咲きくらいで綺麗でした。花を見る人もそぞろ歩いています。
 この道路の入り口は函館市電の柏木町電停の近くで、電車線から始まっていますのですぐ判ります。
 近所の蕎麦屋さんに行ったら、期間限定の珍しいものが食べられました。

[作成:2004年4月9日]

花ホームへ

北海道花めぐりへ 峠を越えてウェルカムへ