北海道花情報2004・投稿作品自選集

2004年度を振り返って

 テレビ朝日系の放送局、北海道テレビ放送(HTB)のホームページ上の 北海道花情報 への参加の経緯は、花を訪ねてのトップに書きました。
 2004年度は前よりも投稿作品が少なかったですが、厳選した訳ではなくて、忙しくて例年のようにはあちこち行けなかったからです。
 好みの問題ですが、この年も周囲の雰囲気の入った、奥行のある写真を心がけました。でも、マンネリ化しているかも知れません。
 投稿作品の中から、自分で気に入っている写真をこちらにまとめます。なお、投稿後に花を訪ねてなどで発表したものは例年のように省きました。コメントは投稿時のものです。

自選集 Part 1

カタクリも満開
匠の森のカタクリ 道南で、カタクリの群生地として最も有名なのは、大野町の木地挽(きじひき)山の匠の森公園でしょう。
今日は晴れたり曇ったりの天候で、開き具合がパッとしませんでしたが、ほぼ満開状態です。
もうしばらくは楽しめます。
(2004年4月17日撮影)
カタクリ(大野町匠の森)

バラのようにゴージャス
八重のチューリップ 北区の百合が原公園のムスカリの道へ行きました。
臨時駐車場も作られ、人出も多かったです。
ムスカリの間に約45品種9000球のチューリップが植えられています。
八重のチューリップはバラのようにゴージャスですね。
(2004年5月15日撮影)
チューリップ(北区百合が原公園)


つつじまつり開催中
つつじまつり 恵山町のつつじ公園一帯には、60万本と言われるエゾヤマツツジがあります。
第36回恵山つつじまつりは、5月22日(土)〜6月6日(日)に開催ですが、今日は下の公園のほうは盛りを過ぎたような感じでした。山の斜面のツツジは、まだまだ持ちそうです。
(2004年5月30日撮影)
ツツジ(恵山町ツツジ公園)


ピンクのハマナス
ピンクのハマナス 先年にも投稿しましたが、札幌駅北口前にはピンクのハマナスがたくさん植えられています。
「ダグマー・ハストラップ」と言う看板があって、ハマナスとバラの交配種で、花はピンクの一重と書いてあります。
蕾もまだたくさんありました。
(2004年6月5日撮影)
ピンクのハマナス(札幌駅北口)


コデマリ改めオオデマリ
オオデマリ 水田に面した農家の庭先などで、白い花が集まって円形に咲く花をコデマリ(小手毬、バラ科の中国原産の落葉低木)と思っていました。
これは函館の公園で撮ったもので、ご指摘もあって、調べた見ましたら、オオデマリ(スイカズラ科で別名「手毬花」、国産)のようです。コデマリと違って花が全部真っ白です。お詫びして訂正します。
(2004年6月12日撮影)
オオデマリ(函館市見晴公園)


夏のイメージ
エゾノシシウド 恵山からの帰りに、戸井町でエゾカンゾウを撮るために車を停めたら、目の前にエゾノシシウドが咲いていました。セリ科の海岸に多い花ですね。
天気が良くて、海や空の青さが夏の感じでした。
(2004年6月13日撮影)
エゾノシシウド(戸井町海岸)


タンポポモドキが元気
タンポポモドキ セイヨウタンポポが終わると、タンポポモドキ(ブタナ)の季節になります。道北地方で、牧場全体が黄色に染まり、背後に利尻富士が写っている写真を良く見ます。
函館のこの場所での、セイヨウタンポポの写真を今年投稿しています。
(2004年6月20日撮影)
タンポポモドキ(函館市見晴公園)


カリフォルニアの州花
カリフォルニアポピー ヒマラヤの青いケシが咲いたというニュースを聞いて、南区の国営滝野すずらん丘陵公園
http://www.takinopark.com/
に行きました。カントリーガーデンでは、カリフォルニアポピーが鮮やかです。カリフォルニアの砂漠に自生して、州花になっているそう。
下の建物は中央口の休憩所です。
(2004年6月26日撮影)
カリフォルニアポピー(滝野すずらん丘陵公園)



[作成:2005年1月2日]

花ホームへ 次へ