北海道花情報2006・投稿作品自選集

自選集 Part 2

追分通のシロバナハマナス
シロバナハマナス 札幌市の西の方で手稲区と西区の境界に追分通があります。その中央分離帯にはたくさんのシロバナハマナスが植えられていて、私の知る限り、一度に見られるシロバナハマナスは、ここが最多です。
シロバナハマナスの実は何色と思いますか?2002年8月27日に、その年の北海道花情報に投稿しています。総集版で見られます。
(2006年6月14日撮影)
ハマナス(白)(札幌市追分通)

危うしニセアカシア
ニセアカシア ニセアカシアの花が咲きはじめました。
昨年ニセアカシは環境省の定める特定外来生物の「要注意リスト」に加わり、道外の一部では伐採が進められています。最高級のはちみつが採れるため、養蜂業者に危機感が広がっているそうです。
北米原産のニセアカシアは繁殖力の高さから、在来植物を駆逐する恐れがあってのリスト入りです。
(2006年6月18日撮影)
ニセアカシア(札幌市白石区)


ピンクのハマナス
ピンクのハマナス 毎年のように花情報に投稿している、JR札幌駅北口のピンクのハマナスです。
ハマナスには赤、白、一重、八重と色々ありますが、ここまでピンクは他では見たことがありません。
バラとの交配種なので大きい実はつかないよう。
(2006年6月20日撮影)
ハマナス(ピンク)(JR札幌駅北口)


花フェスタ2006札幌
花フェスタ2006 今日から始まりました。 会期と時間は2006年6月24日(土)〜7月2日(日)、午前10時〜午後6時(最終日は午後5時まで)で、 会場は札幌市大通公園2丁目〜8丁目です。
呼び物は西2丁目会場の、16m×16mのサイズに色とりどりの花を敷きつめた巨大なフラワーカーペットで、デザインは道内の農業高校で募集し、花苗の育成から設置までを高校生が手がけました。使用した花苗の数は全部で約26,000鉢とのことです。
(2006年6月24日撮影)
マリーゴールド他(札幌市大通公園)


かの浜薔薇よ
かの浜薔薇よ 函館の大森海岸の啄木小公園に行きました。ハマナスと「潮かをる 北の浜辺の砂山の かの浜薔薇よ今年も咲けるや」の短歌が刻まれた啄木座像を絡めた写真を撮りましたが、少し花が淋しいです。後は函館山です。
(2006年7月1日撮影)
ハマナス(函館市啄木小公園)


長万部町国縫のアヤメ
国縫のヒオウギアヤメ 長万部町国縫(くんぬい)には野生のノハナショウブの群生地がありますが、牧草地にはヒオウギアヤメも咲きます。こちらの方が花期が早いですが、数は少ないです。
(2006年7月2日撮影)
ヒオウギアヤメ(長万部町国縫)


黄色い絨毯
黄色い絨毯 大沼公園に七飯町の大沼国際セミナーハウスがあります。その奥のほうの建物の裏にイベント用なのか空地がありますが、今日覗いてみると、菜の花畑のような色合いでした。
近寄って見ると、タンポポモドキが黄色い絨毯のように咲いていました。
(2006年7月8日撮影)
タンポポモドキ(七飯町大沼)


長さがまちまち
フランスギク 今日昼食をとった白糠町の道の駅「しらぬか恋問」の駐車場と道路の間に咲いていたフランスギクです。厳しい条件の所なので茎の長さがまちまちでした。
昔、根室地方の道路の路肩の法面でたくさん見ました。路肩の補強に植えたのだそうです。フランスギクは私にとって道東の花です。
(2006年7月11日撮影)
フランスギク(白糠町道の駅「しらぬか恋問」)


霧の中のスカシユリ
海岸のスカシユリ 白糠町の道の駅「しらぬか恋問」は国道38号線沿いで太平洋に面しています。
付近の道路脇はエゾカンゾウが多いのですが、海側にはエゾスカシユリもあります。荒れた海を背景にしようと探しましたが、群生は撮れませんでした。
(2006年7月11日撮影)
エゾスカシユリ(白糠町コイトイ)


野菜畑のマリーゴールド
マリーゴールド畑 マリーゴールドは地中の寄生虫のセンチュウの忌避作用が知られています。七飯町での畑へのマリーゴールドの導入は、ニンジンや大根などへのキタネコブセンチュウの被害を防ぐため、平成2年から始まりました。平成6年から導入補助が開始されて急増し、クリーン農業、環境保全型農業として注目されています。
そのまま梳き込んで肥料(緑肥)とする花は、景観(形成)作物と呼ばれ、北海道ではミニヒマワリやキカラシが多く見られます。七飯のマリーゴールドは、アフリカントールという大型の品種で、4作目毎に栽培すれば効果があるようです。そろそろあちこちで見られるようになりました。
(2006年9月8日撮影)
マリーゴールド(七飯町本町)


大通公園のマリーゴールド
大通公園のマリーゴールド マリーゴールドは初夏から咲き始め、北海道でも秋遅く、初雪の頃まで咲き続けます。花色が豊富で、丈夫で乾燥にも強く、花壇や鉢植えに好まれます。秋の花壇の主役ですね。
根の成分が土壌線虫を抑止する性質もあるので、他の花の脇に植えると病虫害予防に効果があるとされます。
今日の昼の大通公園はすっきり秋空でした。
(2006年9月11日撮影)
マリーゴールド(札幌市大通公園)


超ミニにはかわいそう
超ミニヒマワリ 長万部町の大型ドライブイン「長万部かに市場」は大きな花畑を持っていますが、今年最後と思われるミニヒマワリが咲いていました。
膝くらいしかない短さで、超ミニには寒風がかわいそうです。
(2006年10月25日撮影)
ヒマワリ(2006年10月25日撮影)



[作成:2006年12月9日]

戻る  花ホームへ