道央地区

ふきだし公園(京極町)

 羊蹄山の湧水汲みの超定番です。ウィークディでも、人が沢山来ています。
ふきだし公園(2002/3/21)  1997年今の仕事に入って、京極での健診の昼休みに初めてふきだし公園へ行き、その水量に感激しました。その後はポリタン族となって、車で時々汲みに行くようになりました。
 写真は2002年3月21日撮影です。まだ雪が残っています。

冬はソリです(2002・3・21)  ここは取水口も多く、水量は驚くほど豊富ですが、駐車場から水汲み場までがかなり長い坂で、お店で無料で借りれる手押し車を使わねばなりません。知っている人には、会いたくない姿です。
 3月に行ってみたら、車ではなくてソリを貸してくれました。容器は家から持っていったものです。

名水プラザ  水汲み場の近くに売店や食堂があり、容器なども売っています。
 ここの上のほうに、名水プラザがあり、中のレストランは「名水何とか」と名水が頭に付いたメニューが多いです。
 ふきだし公園の人気のおかげで、ここは通年(年末年始を除く)営業しています。

横内観光農園(真狩村)

 真狩とニセコの間で道々66号線・岩内洞爺線の真狩よりにあります。羊蹄青少年の森パーキングのそばです。ふきだし公園に次ぐ羊蹄山の湧水・カムイワッカ(神の水)汲みの名所です。
 個人の経営ですが水は自由に汲めます。売店では土地の名物のほか、タンクも売っています。取水口も多く、何よりも車でその傍まで行けるのが楽です。
 最近は専らここで汲んでいます。

初夏の横内観光農園

 国道5号線からだとニセコの道の駅の所で真狩(留寿都)方面へ入ります。
 体力に自信のない人におすすめですが、テレビなどで紹介されることが多くて、最近はよく混みあいます。

さかもと公園(ニセコ町)

さかもと公園全景  前2者が羊蹄山の湧水でしたが、ここはニセコの湧水です。
 昭和29年8月、昭和天皇が「甘露である」と感想を述べられたことから「甘露水」と呼ばれています。ニセコのグランドホテル(タンクを売っています)の前のさかもと公園にあります。

取水口  取水口は1個所ですが写真のように3本に分かれていて、水量は多いです(2001年8月再訪)。毎分1リットル、1日1,440トン?(看板にそう書いてある)が公園内から湧出しているそうで、小樽保健所検査済みとのことです。
 やはり車ですぐ傍まで行けます。
 5号線から30分位かかるのが難点かも。

倶知安駅前の水(倶知安町)

倶知安駅前の水  水マニアの間ではかなり有名です。2002年3月12日、後志支庁の方お二人に場所を教えて頂いたときは、水飲み場は雪の下に埋まっていました。「日本一美味しい水道の水」とお二人は口をそろえて言っていました。
 2002年5月26日再訪。何と、水を飲むために蛇口はすべて上向きで、噴水のように上がるタイプなので、飲むことは出来ますが、容器には汲めません。美味しいので残念です。
 看板には、「日本一の水:この水は羊蹄山(エゾ富士)の麓から湧出するおいしい水です。四季を通して変わらない水温で、まろやかな味わいは『日本一の水』といわれています。」と、書いてあります。
 キャラクターは「ジャガ太くん」と言い、倶知安町のカントリーサインにも使われています。

三階滝公園(伊達市、旧・大滝村)

甘露法水の観音様  大滝村(伊達市と合併)から白老に向う道々86号線沿いの公園で、紅葉の名所です。美笛峠を越すさい、寄ってみるといいでしょう。
 食堂や売店もある整備された公園に案内板があって、それで確認して滝のすぐ先で汲みました。昔の金山が閉山になって鉄格子が張ってあり、中に観音像が見えます。

甘露法水の水汲み場  有り難い雰囲気で、「甘露法水」という名水はビニールのホースから出ています。ホースは2本ありましたが、水量(季節による−2000年9月行きました)は少なめでした。たくさんタンクを持った夫婦の後で待たされましたが、情報交換の会話となりました。外人の娘さんがミニペットボトルを持って並んだので驚きました。

 写真は2002年6月1日に撮りました。水量は多く、たくさんの人が順番待ちをしていました。
また、公園の売店でポリタンクを売っています。(以上、2002年6月1日追記)

湧水・ホロホロの恵(伊達市、旧・大滝村)

水汲み場   2007年7月13日に伊達市の道の駅〜フォーレスト276大滝 へ行きました。一億円トイレが有名で、隣に きのこ王国 という施設があって、100円のきのこ汁が人気です。
 その駐車場に湧水があると画像掲示板で苫小牧のみっこさんが教えてくれました。店員さんによると2006年9月に出来たそうです。

説明看板  水汲み場の説明の看板です。
 検査機関は苫小牧臨床検査センターの間違いだと思います。私の勤務先の仕事での取引先です。
 250メートル離れた場所から無菌で水を引いていることなどが書いてあります。
 軟水です。きのこ王国の食堂でも無料で飲めます。

蛇口部  きのこ王国の一番左に しいたけ広場 があり、その手前に水汲み場があります。
 ポリタンクの見本がいくつか置いてあって、しいたけ広場の入り口でタンクが購入できます。
 水を汲むのは無料です。下向きの蛇口もいくつかあって、水量も豊富です。すぐそばまで車で行けるのが魅力ですね。
 なお、ホロホロとはホロホロ山(標高1322m)のことです。 

名水ふれあい公園(千歳市)

名水ふれあい公園(2000/11/4)  千歳から支笏湖に向う道道16号線・支笏湖公園線に、水道局が公園を作ってくれていて、水が汲めます。駐車場から取水口まで、かなり遠くて、大きいタンクを持って歩くと重労働です。
 日本100名水に選出された、ナイベツ川の湧水源は、水道の源泉のため立ち入りは禁止されていて、ここではその模様が池に再現されています。汲める水は水道局の浄水済みのものですが、人気があって、水汲みに来る人が多いです。

 整備された親水公園で広い駐車場や清潔なトイレがありますが、売店はないのでタンクは買えません。

千歳神社の御神水(千歳市)

神社の階段  千歳神社の名水のことは画像掲示板への常連さんの投稿で知りました。有名な青葉公園の下(国道36号線沿い)に千歳神社があります。
 ここには給餌台があって、冬は野鳥だけでなくエゾリ○も来るようです。看板に水汲み場の案内があります。
 2004年8月12日は2回目の訪問ですが、今回はポリタンクを持参しました。

水汲み場の全景  水汲み場の全景です。右の看板には、萬古の生命を湛える清めの水「御神水 幸井(さちい)の水」と書いてあります。階段中途の手水場とここに、苫小牧保健所の水質試験結果書が掲示してありました。頻回に検査をしているようで、採水日は2004年8月2日でした。深さ57メートルの井水で、水温は9℃と冷たいです。
 水質に問題はありません。飲んでみると、やはりとても冷たいです。

採水中  水は2本の管から出ています。プラスチックのホースが置いてあって(紐で縛ってあります)、これを使うと効果的に水をタンクに入れられます。水量は豊富です。
 ネット上に余り情報がありませんが、汲みに来る人は少なくないようです。

馬追の名水(長沼町)

 長沼オートキャンプ場の近くにあり、ここで聞けば教えてくれるし、地図のコピーがおいてありました。整備のための寄付金箱があって、100円入れて来ました。
馬追の水気味場
 水量は2本は普通。立派な駐車場と簡易トイレがありますが、まず地図には載っていませんし、案内標識は判りづらい方です。
 個人の土地だそうです。

白石神社の湧水(札幌市白石区)

 国道12号線沿いの白石本通14丁目の白石神社は歴史のある神社で、恵佑会札幌病院と敷地を接しています。この水のことは、勤務先のスタッフに教えられて知っていました。
湧水口  たまたま、恵佑会病院に入院してしまい、2001年9月18日行ってみました。神社の病院側は谷(窪地)になっていて、谷の下に右の写真の湧水口があります。
 水量は多くは無いですが、水質検査報告書が貼ってあり、神社の境内ですからよく整備されています。地元の人でしょうか、水汲みの人もよく来ます。

 2007年12月初めに訪ねた、相互リンクのれおさぬさんによれば、工事の関係か水質が悪化し、再検査した結果飲料に適さないと判断されたらしく、今では飲むことができなくなりました

天狗山伏流水(小樽市奥沢)

北の誉酒造  仕事で2002年 2月27日、小樽の北の誉酒造に行きました。名水が有名です。
北の誉酒造HP:明治43年創業の小樽の日本酒メーカーで住所は、小樽市奥沢1(電話0134・22・2176)。勝納川伏流水が、仕込み水です。

 写真の右側の小さい建物が、一般の人が汲めるようにした水汲み場です。(写真は2002年4月6日撮影のものに差し替えました。)北の誉では「天狗山の伏流水」で100メートルの深さから汲み上げているとHPで書いています。

 マップは北の誉酒造のHPにあります。国道5号線から近く、駐車場も完備し、一年中開放されています。味は癖のない感じ?で、井戸水なので意外に温い印象でした。

もどる 旅ホームへ 次へ