手前の岸には残雪があります
手前の岸には残雪があります(2008年3月30日)

冠雪駒ケ岳

2008年 3月30日(日)

車の窓から見た駒ケ岳 車の窓から見た駒ケ岳
 この日は雲一つ無い快晴でした。風が弱くて波が小さく、トップ写真のように駒ケ岳が大沼に水鏡になっていました。日当たりの悪い岸には雪も残っています。
 たくさん写真を撮りましたので、写真集のようなページを作ってみました。


 大沼周辺は、明治36年から道立公園として自然が守られ、公園施設が整備されてきた、全国でも最も古い自然公園の1つです。大正4年に、三保の松原(静岡県)、耶馬溪(大分県)とともに、新日本三景に選ばれました。昭和33年に国定公園に指定され、大沼及び駒ケ岳は国の特別保護区域です。
 同公園は駒ケ岳を中心に大沼、小沼、蓴菜(じゅんさい)沼で構成される美しい自然と、原生林や野鳥の宝庫で、乗馬やゴルフなどのスポーツ施設、ホテルやペンションなどの宿泊施設が点在する道南の一大リゾート施設として賑わっています。
 駒ケ岳は標高1,131mの活火山で、今も活発な火山活動が見られます。


船着場へ船が戻って来る 船着場へ船が戻って来る
 最初は遊覧船の船着場に行きました。この時期でも定期船ではありませんが、小さい船は運航しています。
 大沼公園と駒ケ岳については大沼公園・春夏秋冬という連作があります。上記説明文もそこから取りました。
船着場から見た駒ケ岳
船着場から見た駒ケ岳

 船着場から見た駒ケ岳です。大沼には島がたくさんあります。
 船が通るので波があって、水面に映る駒ケ岳(水鏡といいます)は、はっきりとはしません。

観光客は大部分が外国人 観光客は大部分が外国人
 大沼地区はアジアからの観光客がとても多いです。
 夏には電車のように縦に連なった自転車によく乗っています。
 この日、船着場にいたのは殆んどがそんな人たちです。

遊覧ボートが走行中
遊覧ボートが走行中

 次いで、大沼小沼間の道で、鉄道と併走する道から、レストラン ターブル・ドゥ・リバージュ(地図も見られます)の側に少し入った場所へ行きました。ここは大沼越しの駒ヶ岳の眺望が良いです。  遊覧ボートが走行中です。ある程度まとまった人数で遊覧ボートを出して貰います。
 せっかくの駒ケ岳の水鏡が、大きい波紋で乱れています。

岸辺には少し雪が残っていました
岸辺には少し雪が残っていました

 道路から湖岸に降りて写真を撮りました。ページトップの写真もそうです。
 小さい島を画面の端に入れて撮りました。岸辺には少し雪が残っています。

小沼から見た駒ケ岳 小沼から見た駒ケ岳
 小沼の鳥やスイレンをよく見に行く場所から撮りました。
 ちょっと前景が賑やかです。

手前は函館本線の線路です
手前は函館本線の線路です

 大沼の町と国道5号線を結ぶ道路の湖側に函館本線の線路があります。
 SL 函館大沼号が運行されるときは、この辺は鉄道ファンが多く集まり、ガードマンが付いたこともありました。
 こちらは開けているので小波があって、水鏡は見られませんでした。

特急北斗が来ました 特急北斗が来ました
 写真を撮って車に戻るときに、丁度下りの特急北斗がやって来ました。
 狙って撮った写真ではありません。
 山は冠雪しているときが美しく、それが水鏡になっていたら尚更です。

 トップ写真を 壁紙サイズの写真(←クリック)を壁紙プレゼントに置きました。

[作成:2008年3月31日、壁紙のリンク先変更:20011年4月10日]

戻る