冬(大沼の鳥)

ホテルのレストラン  2001年12月27日に大沼公園のハクチョウとカモ類を見に行きました。
 昼食は、春の項で紹介した、JR北海道系列のホテル、クロフォード・イン大沼でとりました。ここのレストランは外が見えるようななっていて、鳥が来ます。この写真でもシジュウカラが来ていますが、大きくしないと見えません。

ダチョウのランチセット  ダチョウ(大地鳥)のメニューは2種類で、「今話題で女性に人気のダチョウのフィレ肉を使用したメニューです」と書いてあります。前回食べたのは「大地鳥のカレー(ミニサラダ付)890円」でしたので、今回は「大地鳥ランチセット(スープ、サラダ付)850円」を頼みました。洋風どんぶりとの説明でしたが、あっさりした味でした。コーヒー追加は100円です。

アカゲラ  一番近い給餌場は、ヤマモミジの木で、動物の脂身が金網で打ち付けてあります。
 ここには写真のアカゲラ(キツツキです)はじめ、たくさんの鳥が来ていました。

ミヤマカケス  少し離れた、ブナの木には何かいそうな空洞があって、やはり脂身が付けてあります。
 これはミヤマカケスです。綺麗な大きい鳥ですが、鳴き声が煩いです。

シジュウカラ他

 ヤマモミジの木の脂身に止まっているのは、右はシジュウカラです。左は、帰って図鑑で調べたら、ハシブトガラのようです。
 次々に鳥が来るので、立ち去りがたい感じでした。

ハクチョウとカモ  お目当てのハクチョウの観察ポイント・白鳥台セバット(セバットとはアイヌ語で狭まった場所の意味とか)では、給餌する人が多くて、鳥たちが大騒ぎ。
 ここには40台駐車できる無料の駐車場があります。
 小さいのは殆どマガモです。ウトナイ湖ではカモは殆どがオナガガモですから、この点は不思議。
 別館の壁紙コーナーにカモの群れの写真と駒ケ岳の風景を一枚置きました(後に削除)。

キンクロハジロ  写真はキンクロハジロというカモで、名前のように、目が金色で、頭は黒く、オス(左右にいる)の羽が白いカモです。潜水して餌をとるので、狙って写しても、お尻や水面の波の写真を撮ってしまいます。宮島沼でよく見ました。あまり人のそばには来ないカモです。

[レイアウトと写真のリンク先変更:2003年12月6日]

もどる 旅ホームへ 次へ