経歴
 愛知県で育ち、北国に憧れ、北海道大学医学部に入学し、1969年(昭和44年)に卒業。北大第2外科に入局しました。

 卒後2〜3年目を、初期研修で市立根室病院で過ごしました。
 初めての道東生活で、周囲から大事にしてもらい、いい想い出でいっぱいです。ここで長女が生まれました。

 その後大学に戻って医局でしばらく研修。
 その間、短期出張・応援出張で、北は下川から南は函館とあちこちへ行っています。長男は札幌生まれです。

 1976年(昭和51年)国立函館病院に固定(就職)しました。
 良き同僚、良き患者さん恵まれ、消化器外科を担当して20年間勤務しました。仕事にも恵まれ、日本外科学会の他に、日本胸部外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会の認定医(専門医)の資格も取り、優秀な研修医の指導もしました。
 恵まれなかったのは給料(国立の医者は安い)位です。

 20年勤めて厚生大臣(小泉純一郎さんだった)の表彰も受けたので、かねてからの希望通り、円満に退職しました。


ブラウザーの閉じる(×)ボタンで、お戻り下さい。

ウェルカム
 検索エンジンなどからの訪問者で、ウエルカムページを経由していない方、上にメニューフレームの表示されない方は、是非ウェルカムページへ!
 ご挨拶、ご注意、特別リンクなどがあります。左上のアニメをクリック!