2003年初秋・道北の旅 Part2

寝台列車
朝方、名寄で見た寝台列車。北斗星の特別編成?(2003年9月21日)
ジャンプ出来ます→ 第1日目

第2日目(9月21日日曜日、晴れ時々曇り)

 名寄のホテルを出て美深に向かう途中、踏み切りでカメラを構えた方が数人いました。急いで車から降り、カメラを用意を瞬間に、北斗星と思われる寝台特急が、宗谷本線を稚内方面に走行して行きました。食堂車で朝食をとっている人々も見えましたが、それは撮れませんでした。
 このページの上の写真がその列車です。ネットで調べても何物なのか判りません。

美深のトロッコ王国再訪

にうぷ駅  美深の町から20キロオホーツク側に進むと、トロッコ王国美深の会(7月の訪問を機会に相互リンク) の運営するトロッコ王国があります。廃止された美幸線の線路を、エンジン付きのトロッコで10キロ操縦出来ます。
 旧にうぷ(仁宇布)駅舎です。ここで受け付けします。右の写真パネルの前でレクチャーを受けます。

 7月の体験記:美深のトロッコ王国
 今回の体験記:Part2 疾走・初秋の風
とても楽しかったので、すでに別ページにまとめてあります。

折り返し  トロッコの折り返し点の模様です。手前が私たちが乗ったトロッコです。
 ここは道道美深雄武線の高広パーキングの横で、道路をはさんだ駐車場からは高広の滝も見えます。
 写真の右奥の建物はトイレです。全車が向きを換えるには時間がかかりますので、十分トイレを利用できます。

帰りは道の駅巡り

コスモスロード  昼食は名寄の、行きつけの蕎麦屋さんでとりました。
 帰りは、日頃余り走らない沼田町や北竜町側の国道239・275号線沿いの道の駅巡りをすることになりました。写真は士別市の温根別町のコスモスロードです。有名らしいですが、北海道花情報 に投稿するには、既に見頃を過ぎていました。

道の駅の蕎麦屋さん  幌加内町は日本一の蕎麦の生産地です。この時期は、刈り取られた畑が半数、実がついた畑が半数でした。
 写真は幌加内町道の駅の中にある蕎麦屋さんです。水車もあります。

蕎麦うち  店の入り口の隣の窓から、蕎麦うちの実演も見られます。
 お腹が空いたままで来ればよかった・・。

北竜門  北竜町は北海道一のヒマワリ畑で有名ですが、道の駅の門も変わっています。
 私はドラゴンズのファンなのでこの北竜門が好きです。

ムクドリの群
 この近くでムクドリの大群を見つけました。
 近付けば逃げるので、たくさんいても撮るのは難しいです。

 他に雨竜町、浦臼町、奈井江町の道の駅によって、そこからは高速道路を使って札幌に戻りました。

 北海道の道の駅:北海道地区「道の駅」連絡会事務局による総合情報。

[作成:2003年10月10日]

戻る 旅ホームへ