2004年夏・日本海岸の旅 Part2

ジャンプ出来ます→ 第1日目前半 第2日目

第1日目後半(8月10日火曜日、晴れ時々曇)

 増毛の町と留萌市街はただ通り抜けただけです。
 次は小平(おびら)町の道の駅でコーヒーを飲もうと車を進めます。この頃は快晴で、海も空も綺麗なブルーでした。

道の駅 おびら鰊番屋

日本海
道の駅から望む日本海
 小平町の道の駅 おびら鰊番屋(北の道の駅より)には、昭和30年まで日本海に押し寄せたというニシンの、当時の網元の栄華の様子を今に伝える歴史的建造物・旧花田家番屋(国指定の重要文化財)が敷地内にあります。
 海側にはこんな建造物も立っていて風情を感じます。

道の駅も古そうに仕上げています
道の駅も古そうに仕上げています
 道の駅自体もこの鰊番屋にあわせて、古い木造の建築物風に仕上げてありますが、中はちゃんとエアコンもある新しいものです。売店や食堂があります。
 札幌を朝出て稚内へ行くと、ちょうどここでお昼になるので、よく昼食をとりました。

水槽のニシン
水槽のニシン
 売店と食堂の間に大きな水槽があって、ニシンがたくさん泳いでいました。
 そう、ここではよく鰊蕎麦を食べたものです。
 海鮮料理がお薦めです。

苫前〜羽幌

崖の上の風車
 小平町から苫前町に向かうと、崖の上にたくさんの風力発電の風車が見えます。
 昔から苫前は風車の多い町として有名です。風車が好きなので、一度じっくり撮影に来たいものです。国道はこの辺は232号線です。

羽幌の道の駅
羽幌の道の駅
 羽幌町は天売、焼尻島へのフェリーの発着場があります。
 写真は羽幌町の道の駅 ほっと・はぼろ(北の道の駅より)のメイン施設「サンセットプラザはぼろ」です。真っ白な豪華客船をイメージし、宿泊施設、温泉、屋外プールなどがあります。何回か宿泊予約を依頼しましたが、いつも満室でした。7階展望ラウンジからは、天売島、焼尻島などが一望できます。

はぼろバラ園
はぼろバラ園
 道の駅の裏側にある、北北海道随一のバラ園「はぼろバラ園」です。300種以上、2000株のバラがあり、ここでしか見られない種類のバラもあるそうです。
 バラのソフトクリームも売っています。
 バラは見頃は8月上旬までがピークですが、手入れが良くて9月末まで咲いているとのことです。

初山別とおまけ

初山別村 岬の湯
初山別村 岬の湯
 札幌から寄り道をしないで約4時間で 初山別村 に着きます。宿泊は、しょさんべつ温泉 岬の湯です。この建物が村営のホテルですが、新館は Cosmic-Inn と言います。
 ナトリウム塩化物泉の天然温泉があり、洋室ツイン2名使用で、2食ついて一人7350円と格安です。
 ホテルについては、後程お薦めのページに掲載する予定です。

畑で何か食べるシカ
畑で何か食べるシカ
 時間が少しあったので、北の隣町の遠別町の道の駅に足を伸ばしました。
 スタンプラリーのスタンプ押しが目的でしたが、利尻富士も雲の間から見ることが出来ました。

 帰り道、遠くの畑の中で何かを食べているエゾシカを見つけました。

こっちを見ています
こっちを見ています
 車を降りて、イタドリの間をこっそり近づきましたが、気付かれてしまいました。
 これ以上深追いは諦めましたが、久しぶりにエゾシカを見て嬉しかったです。双眼鏡で見ていた家内は若いメスのようだと言っていましたが、380ミリの望遠でははっきりは写せません。

初山別村の天文台
初山別村の天文台
 初山別村の観光施設がある場所は、みさき台公園と言います。有名なしょさんべつ天文台があります。
 夕方行ってみましたが、本曇りになって小雨も降ってきたので、入るのを止めました。この点は残念です。

[作成:2004年8月15日]

戻る 旅ホームへ 次へ