2004年夏・日本海岸の旅 Part3

ジャンプ出来ます→ 第1日目前半 第1日目後半

第2日目(8月11日水曜日、曇時々晴)

初山別村にて

ホテルのロビー
ホテルのロビーからは海が見えます。
 写真はホテルのロビーです。右側の窓からは海が見えます。
 奥の部屋は食堂です。
 洋室は2階で、シングルがオーシャンビュー、ツインは反対側になっています。

みさき台公園
みさき台公園
 朝、再びみさき台公園に行ってみました。
 左側はキャンプ場になっています。天文台の他にもレストランなどたくさんの施設ががあります。

海を見る人々
海を見る人々
 雲が多くて余り好い天気ではありません。
 写真の海岸は北に当ります。今日は利尻富士は見えませんでした。

再び羽幌にて

はぼろサンセットビーチ
はぼろサンセットビーチ
 羽幌にはサンセットビーチと言う有名な海水浴場があります。
 ちらと覗いてみましたが、涼しい日で人影は多くはなかったです。
 水平線に見えるのは左が天売島で右が焼尻島です。

北海道海鳥センター
羽幌にある北海道海鳥センター
 昨日行ったはぼろバラ園の山側に北海道海鳥センターがあります。
 天売島はオロロン鳥で有名ですが、同島ではめっきり数を減じています。
 海鳥センターは環境省の施設で、入館無料です。

海鳥コロニーのジオラマ
海鳥コロニーのジオラマ
 2階吹き抜けに設置された天売島の崖を模した海鳥コロニーのジオラマです。
 これ以外にも様々な資料が展示されています。

三毛別羆(ひぐま)事件跡地

羆嵐へあと2キロ
羆嵐へあと2キロ
 苫前町から霧立峠に向かう国道356号線を少し入るとベアロードの案内看板があります。ここを右折して20キロ近く走ると三毛別羆事件跡地(復元)に着きます。案内図のヒグマの親子は、苫前町の カントリーサイン と同じキャラのようです。

羆事件跡地
羆事件跡地
 三毛別羆事件とは、山間部で開拓をしていた貧しい15戸の農家に、大正4年12月に起こった恐ろしい悲劇です。12月9日に380キロの巨大なヒグマが人家を襲って、主婦と少年を食い殺しました。

ヒグマと小屋
ヒグマと小屋
 ヒグマは更に通夜の日に別の人家で9人中5人を食い殺しました。クマは最後はクマ撃ち名人の老マタギに射殺されました。
 この事件は後に吉村昭氏の小説「羆嵐」や映画化され、全国に紹介されました。

貧しい小屋の内部
貧しい小屋の内部
 この開拓秘話を通して不屈の開拓精神と先人の偉業を伝えようと、三渓(三毛別)地区住民の強い熱意で現地復元されました。
 舗装が途切れ、道が細くなった先に跡地があります。
 また、苫前町郷土資料館にも事件の復元場面や関係図表の展示があります。

[作成:2004年8月14日]

戻る 旅ホームへ