根室地方への花と鹿の旅
シカっと注意。風連湖岸走古丹付近(2005年7月19日)

旅の目的、宿泊先

 昨年春に会長になってから、前のようには旅行をしていないと家内が言います。確かにその通りで、旅のページの旅行記が更新できません。
 昨年は夏に初山別一泊で日本海側に旅行をしたのと秋に大阪へ全国安全衛生大会に行き(これは公用出張です)、東京経由で帰って来たくらいしか旅行をしていません。
 函館と札幌をよく行き来していますが、これらは自宅と仕事場で、旅行ではありません。

根室市のカントリーサイン
根室市のカントリーサイン
(勿論ハナサキガニの絵柄)
 若いときに2年間根室で過ごしました。夏に行って、原生花園や夏毛のエゾシカを見て、尾岱沼のホッカイシマエビや根室のハナサキガニを食べようということになりました。医師の仕事の日程調整をしているK課長に早くから、7月の土日に付けて2日休暇が欲しいと申し込んだら3連休に付けてくれました。
 釧路まではJRで往復とし、そこからはレンタカーで、ゆっくり3泊で根室地方だけを回ることにしました。
 7月16日土曜は希望の宿が取れず、17と18日は根室のイーストハーバーホテル、19日は尾岱沼のシーサイドホテルが取れました。

ジャンプ出来ます→ 第2日目 第3日目 第4日目

第1日目(7月17日日曜日、晴)

厚岸大橋
橋を渡って太平洋岸に出ます
 朝一番の特急で釧路へ10時50分に着きました。釧路は最近は仕事でも来てなくて、昨年12月に挨拶回りに一泊で来て以来になります。
 レンタカーを受け取り、昼食は厚岸の道の駅コンキリエへ食べに行きました。厚岸は道内名うての牡蠣の産地です。
 写真は厚岸の道の駅から町を見たところで、写真中央に橋を渡って太平洋岸の「北太平洋シーサイドライン」へ出ます。

昼食
昼食
 レストランは満席で記帳して待ちましたが、10分ほどで入れました。
 写真は「かきづくし弁当」(¥2,500)です。牡蠣ご飯、酢の物、焼き牡蠣、牡蠣フライのセットです。生牡蠣は別にセット(8個で¥1,500)でこれには入っていません(夕食は慎ましやかに根室のホテルで、初物のサンマ焼定食にしました)。

原生花園は見頃

馬とアヤメ
馬とアヤメ"(2005年7月17日)

 厚岸のあやめヶ原はヒオウギアヤメの名所です。
 この辺りは夏は霧が出ることが多く、何年も前ですが、前回訪ねたときは濃霧が漂っていました。
 満開は数日前だったようで、終わった花も多かったですが、好天の下、たくさんのアヤメが咲いていました。こんなにたくさんのアヤメが咲いているのは初めて見ました。
 放牧場内に花がありますので、馬がいます。鹿も一頭走って行きました。

琵琶瀬展望台
琵琶瀬展望台
 あやめヶ原(厚岸町)と霧多布湿原(浜中町)の中間に、湿原全体を見渡せる琵琶瀬展望台があります。
 駐車場やトイレも整備されていて、太平洋と霧多布湿原全体を見渡せます。写真のように好天に恵まれました。

駐車場から見たところ
長い階段
 先週エゾカンゾウ祭りだった浜中町の霧多布湿原のエゾカンゾウは、黄色い絨毯のように咲いていました。
 ここはNPO法人 霧多布湿原トラストが管理していて長い木道があります。エゾカンゾウは入り口に多く、奥のほうにはたくさんのワタスゲがあり、ノハナショウブも咲いていました。

   (2005年7月28日と30日、花を訪ねて「霧多布湿原のエゾカンゾウ」「厚岸町あやめヶ原のヒオウギアヤメ」と言う題でまとめました。写真もそちらと共通です。)

霧多布岬

霧多布岬
霧多布岬
 移動距離が短いので、浜中町の中心から海に突き出した。霧多布岬に寄ってみました。
 釧路側を見ています。小さい灯台が見えるでしょうか?
 白い花はエゾノシシウドと思います。

霧多布岬のハナサキガニ
霧多布岬のハナサキガニ
 昔、仕事での移動の途中2月か3月に立ち寄ったことがありますが、打ちつけた海水も凍っていて寒かったことを覚えています。
 そのとき、このカニの穴から顔を出して写真を撮ったレントゲン技師の先生も最近辞めました。穴の中に何か写っていますよ。
 足が6本で、これはハナサキガニ(タラバガニと同じでヤドカリの仲間)です。

エゾシカ遭遇

メスジカ2頭
メスジカ2頭
 夏のエゾシカは老若男女を問わずに鹿の子模様があって、とても美しいです。しかし山奥にも食物が豊富になりますし、木々や草草も茂って、冬や春のようには簡単には見られません。
 今日は特急内から1頭、あやめが原で1頭見ましたが、写真は撮れませんでした。これは浜中町の根室よりの牧草地で見つけました。メス2頭です。
 (今回遭遇したエゾシカのことは、2005年8月15日「'05夏 根室地方で」として、野生動物のエゾシカ編に2ページ立てでまとめました。写真も共通です。 )

落石の風車群
落石の風車群
 この後で家内が若いオスを1頭見つけましたが、かろうじて1枚撮って、逃げられました。
 この道路の根室市の入り口の落石には、写真のような風力発電用の風車群がありました。昔は勿論なかったです。
 この日と翌日は根室泊まりです。

[作成:2005年10月1日]

旅ホームへ