2005年夏・根室地方への花と鹿の旅 Part2

春国岱マップ
春国岱マップ(2005年7月18日)
右下の道路が国道44号線です。

ジャンプ出来ます→ 第1日目 第3日目 第4日目

第2日目(7月18日月曜日、雨と曇)

試食のハナサキガニ
試食のハナサキガニ
 この日は不安定な天気でした。朝先ず根室市街を釧路側に出て国道44号線沿いのカニ屋さんに行きました。
 ハナサキガニの値段が駅周辺のカニ屋さんより安いと思ったので、何軒かに発送しました。
 写真は試食にくれた小さいカニですが、持って行って良いというのを(車が臭くなるのが嫌で)私が断ったので家内はお冠でした。

路傍のエゾシカ
路傍のエゾシカ
 根室市春国岱(しゅんくにたい)原生野鳥公園ネイチャーセンターによって、同公園に入ろうとしたのですが天気がおかしいので、道の駅に先に行きました。
 途中の国道44号線沿いの林の中にいたエゾシカです。警戒してこちらを見ていて、ピュー!と鳴いて逃げて行きます。

道の駅と春国岱

道の駅
根室市の道の駅
 根室市の道の駅スワン44 は、他の旅行記でも取り上げましたが、国道44号沿いの昔、白鳥台と言っていた自然が色濃く残った場所にあります。
 写真のように施設の海側は全面ガラス張りで、日本有数の野鳥の宝庫「風蓮湖」や「春国岱」が一望できます。双眼鏡なども整備され、季節によってはタンチョウ、オオハクチョウなどの鳥たちやエゾシカなどが見ることが出来ます。

春国岱の橋
春国岱の橋
 風が少しおさまったので昼前に春国岱(しゅんくにたい)に入りました。
 木道を渡って行きますが、周囲の光景が異様です。トドワラのような倒木が多い場所、地面に苔が密生した場所、原始林など変化に富んでいます。

何ビタキ?
何ビタキ?
 鳥はとてもたくさんいますが、近寄らせてくれません。ぼけた写真ですが何ビタキでしょう?
 キタキツネコースで家内が親子のエゾシカを見つけました。その模様は 野生動物のページ のエゾシカ編の「'05夏 根室地方で」をご覧下さい。
 湿地には鹿の足跡も多く、帰りには遠目で数頭見ました。

 春国岱については2005年10月8日に探訪シリーズに 春国岱原生野鳥公園 の題でまとめてアップしました。

エスカロップ
エスカロップ
 昼食は再び道の駅に立ち寄って根室名物のエスカロップを食べました。
 根室ローカルの食べ物で、ネットで検索すれば謂れも判ると思います。
 バターライスにカツが乗ってデミグラスソースがかかっています。
 他の街では食べられませんので、根室へ行かれたら是非どうぞ。

北方原生花園

長節湖のカモメ
長節湖のカモメ
 昼頃からは時折大粒の雨が降る天候になりました。霧も出ています。
 昔よく行った太平洋岸の長節湖へ行ってみました。途中では期待したエゾシカにも会えず、現地では雨を避けて駐車場へ無数のカモメが集まって来ました。ちょっと異様な雰囲気でした。

エゾシカの群れ
エゾシカの群れ
 オホーツク海側の北方原生花園に諦めきれずに行きました。その途中、牧之内地区の放牧場に柏の林からエゾシカの群が出て来ました。この場所では全部で7頭いました。
 ヒオウギアヤメが咲いていて、薄いガスがかかって、幻想的な美しさです。これは家内の撮影で、エゾシカのページと共通の写真です。

北方原生花園看板
北方原生花園看板(2005年7月18日)

 花はヒオウギアヤメが一番多かったですが、盛りは過ぎています。
 夕方で霧が出ていたので写真はこれだけです。この日100枚目の写真でした。
 ホテルへ帰る頃には雷雨になって一時停電になりました。

[作成:2005年10月2日、春国岱野鳥原生公園のページについて加筆:10月8日]

戻る  旅ホームへ