2005年夏・根室地方への花と鹿の旅 Part4

タンチョウ一家(家内撮影)
タンチョウ一家(家内撮影/2005年7月20日)

ジャンプ出来ます→ 第1日目 第2日目 第3日目

第4日目(7月20日水曜日、雨)

緑ヶ丘森林公園
緑ヶ丘森林公園
 この日は時折やみますが、ほぼ一日中小雨や霧雨が降り続く日でした。
 先ず中標津町のラ・レトリというアイスクリーム屋さん(飲むヨーグルトが有名です)に行きましたが、10時開店でまだ開いていませんでした。
 開店を待つのも時間が勿体無いので、前から行ってみたかった「緑ヶ丘森林公園」に行きました。
 野鳥が多いそうですが、天候のせいか成果はありませんでした。
キカラシとスカシユリ
キカラシとスカシユリ
 標茶町に向かう途中でキカラシの畑を見つけました。
 路傍には赤いエゾスカシユリも咲いていました。
 キカラシの畑はまだ満開ではなかったですが、HTBの北海道花情報 に投稿しました。

標茶町マップより
標茶町マップより
 平成17年5月に標茶駅の駅舎内にオープンしたソフトクリームと手焼きワッフルの店ラッキーミルクでコーヒーを飲み、ソフトクリームを食べました。クリーマーが牛の形をしていて面白かったです。
 駅にあった地図から塘路湖、コッタロ湿原、鶴居村の部分です。このように北上しました。
 シカやツルやキツネの絵が見えます。

シカとタンチョウを探して

あるこっと
あるこっと
 写真は塘路湖の釧路湿原国立公園★塘路湖エコミュージアムセンター★あるこっとです。
 家内がここで聞いて来た情報に沿って、コッタロ湿原、鶴居村、と車を走らせることにしました。

コッタロ湿原
コッタロ湿原
 天気が悪いせいかコッタロ湿原では殆ど車と会いませんでした。
 エゾシカもタンチョウも見つかりません。

タンチョウ横断注意
タンチョウ横断注意
 鶴居村ではこんな看板がありました。
 「タンチョウ横断注意」と書いてあります。ここならではと思いました。

ヒナもいたとは

馬とタンチョウ一家
馬とタンチョウ一家
 北斗展望台を過ぎた釧路市内で、とうとう家内がタンチョウの番を見つけました。最初私が写真を撮って、家内と交代(車が路駐なので、一人は運転席に残りました)したのですが、なかなか戻って来ません。
 帰って来てから聞いたらヒナもいるとのこと。私も再び撮影に戻ったのですが、最初の時より遠くに行っています。という訳でタンチョウ一家の写真は全部家内の撮影です。
右にヒナの頭が見えますね。

雨宿りする馬
雨宿りする馬
 ここは牧場(放牧地?)で馬がいます。小雨なので殆どが木の下で雨宿りをしていました。これも家内の撮影です。

タンチョウ一家
タンチョウ一家(2005年7月20日)

 釧路市の牧場の一角でヒナ連れのタンチョウの一家を見れたのは、あるこっとの職員さんの情報のおかげです。
 自然の状態のヒナは初めて見ました。今回の旅の圧巻です。

 夕方の特急で札幌に戻りました。とても良い旅でした。

[作成:2005年10月7日]

戻る  旅ホームへ