エゾフクロウの親(家内撮影)
エゾフクロウの親(家内撮影、場所は秘密・・)

道の駅スタンプラリー2007 Part2

 Part1にも書きましたが、1998年に5ヶ月かけて 北海道の道の駅 全55箇所を周りました。札幌を起点に2泊(稚内と佐呂間)の旅を1回、1泊(帯広及び釧路)の旅を2回し、道央部は札幌から、道南は函館から何回かにわけて日帰りドライブしました。
 この時のことは、「北海道の走り方」に書きました。殆ど反省の弁です。

札幌で借りた日産レンタカー
札幌で借りた日産レンタカー
 家内が今年もスタンプラリーに挑戦しようと言います。今は道の駅は100駅に増えています。
 今回は札幌でレンタカーを借りて、空知地方の道の駅10ヶ所を一日で巡る計画を立てました。
 旅の他の主な目的は、トップ写真の空知の有名なエゾフクロウのヒナを見ること、滝川市江部乙の菜の花を訪ねることでした。

Part2 6月3日 空知地方の旅

先ずはフクロウを見に

岩見沢PAの馬の模型
岩見沢PAの馬の模型
 道央道を北上し、水を買ったりするために 岩見沢のサービスエリア に立ち寄りました。
 高いところへ登って行く馬の像がたくさんあります。
 その馬と記念写真を撮っている人をよく見ます。

 
エゾフクロウのヒナ
エゾフクロウのヒナ

 高速を降りて、フクロウを訪ねました。ここは繁殖期以外にも2羽でいることが多いので人気があります。私たちも前に訪ねて、絵日記で発表し、一枚は壁紙プレゼントにあります。

 現地の親切な人の話では、今年はヒナは一羽とのことでした。
 淋しいですね。
 カメラマンがたくさん控えているので、なかなか葉の間から全身を現さず、皆お手上げ状態でした。

さあ道の駅巡りへスタート

三笠の道の駅
三笠の道の駅
 三笠市の道の駅〜三笠 はスタンプラリーなどのスタンプの順番が一番です。
 館内にはアンモナイトが置いてあります。国道12号線沿いで、売店以外に中華料理店があります。また外では農産品などを売っています。

奈井江の道の駅
奈井江の道の駅
 12号線沿いにある 奈井江町の道の駅〜ハウスヤルビ奈井江 です。食堂のほかに有名な蕎麦屋さんがあります。
 札幌から滝川までの国道12号線沿いにあるのは、この2駅だけとは淋しいですが、高速道路(道央道)が併走しているから仕方が無いかも知れません。

東部を回って

歌志内市の道の駅 歌志内市の道の駅
 上砂川町から国道12号線を離れて、歌志内市を目指しました。炭鉱が閉鎖され、企業誘致もうまく行かないで、市としては人口が少なくなりました。
 歌志内市の道の駅〜うたしないチロルの湯 は国道沿いでなく道道赤平奈井江線沿いにあるのは有名です。
 左上に見えるのが温泉チロルの湯です。

漬物処チロルもあります
漬物処チロルもあります
 歌志内の道の駅の売り物は、前述したチロルの湯と、道の駅内の売店で、漬物処チロルでは30種類以上の漬物を試食しながら購入出来ます。
 お客さんで賑わっていました。

芦別市の道の駅
芦別市の道の駅
 歌志内からは近道をして、赤平付近の国道38号線(滝川〜釧路)へ出れられます。その隣町が芦別市です。
 芦別市の道の駅〜スタープラザ芦別 からは北の京(みやこ)芦辺の大観音や五重塔がよく見えます。

ガタタンラーメン
ガタタンラーメン
 道の駅の2階には市営のスターライトホテル直営のレストラン「ラ・フルール」があり、人気があって混んでいます。
 家内は芦別で売り出し中のガタタンラーメンを食べましたが、口に合わなかったよう。私は掻き揚げ冷やしぶっかけうどんを食べましたが、野菜がとても多くて満足しました。

[作成:2007年6月19日]

続きがあります

戻る メニューへ ホームへ 次へ