黒松内町の道の駅
黒松内町の道の駅(2007年7月25日)

道の駅スタンプラリー2007 Part4-4

 Part1〜4にも書きましたが、1998年に5ヶ月かけて 北海道の道の駅 全55箇所を周りました。札幌を起点に2泊(稚内と佐呂間)の旅を1回、1泊(帯広及び釧路)の旅を2回し、道央部は札幌から、道南は函館から何回かにわけて日帰りドライブしました。
 この時のことは、「北海道の走り方」に書きました。殆ど反省の弁です。

Part4 7月13日、15日、16日、25日

 家内が今年もスタンプラリーに挑戦しようと言います。今は道の駅は100駅に増えています。

ニセコの道の駅
ニセコの道の駅

 写真は7月25日に立ち寄った ニセコ町の道の駅〜ニセコビュープラザ です。昔からあって、産直の市場が繁盛しています。

 Part4 では、7月中旬の延べ4日間の旅、15駅を取り上げます。下をクリックでジャンプ出来ます。

4-1-1,2(7月13日)胆振地方5駅4-2-1.2(7月15日)南富良野など上川4駅
4-3(7月16日)後志地方海岸3駅4-4(7月25日)後志地方内陸3駅

Part4-4 7月25日 後志地方内陸3駅

 7月25日は午後函館を出発して、国道5号線をニセコまで、そこから真狩村と京極町を回り、再び5号線で札幌に入りました。

ニセコ

ニセコの道の駅の駐車場から
ニセコの道の駅の駐車場から
 函館は快晴でしたが、進むにつれて曇って来て、蘭越町から見え出す羊蹄山は雲の中でした。
 土日は混雑しているニセコの道の駅の駐車場も、ウィークデイなのですいていました。

羊蹄山です 羊蹄山です
 その駐車場からやっと羊蹄山の山頂が見えました。
 この後は真狩村からも京極町からも見えませんでした。一瞬の光景です。

真狩

真狩の道の駅
真狩の道の駅

 昔からある真狩フラワーセンターが道の駅になりました。
  真狩村の道の駅〜真狩フラワーセンター です。ユリで有名な町で、道の駅になる前の真狩フラワーセンターや世界のユリ園には何度か花を見に来ました。
 天気がよければ羊蹄山は目の前です。

館内の展示
館内の展示
 真狩村は演歌の細川たかしの出身地で歌う銅像?などがあります。
。  館内では細川たかしのトロフィーやパネル、ステージ衣装の展示会を開催中でした

世界のユリ園
世界のユリ園
 真狩温泉のそばの世界のユリ園にも寄って見ました。
 丁度見頃とのことですが、昔より規模が縮小したと思います。羊蹄山が見えないのが残念です。

京極

名水プラザ
名水プラザ

 京極町のふきだし公園は日本名水100選(北海道では3ヶ所)の一つです。詳しくは本館の旅のページの「名水・湧水」をご覧下さい。
 そのページに 京極町の道の駅〜名水の郷きょうごく になる前の名水プラザの入り口の写真があります。2007年5月1日にオープンしたばかりの道の駅です。


つり橋です
つり橋です
 名水プラザからだと、水汲み場までは遠く、このつり橋を渡らねばなりません。
 水汲み場にも駐車場があって、ポリタンクを運ぶ手押し車(冬はそり)を借りられますので、水が欲しければそちらに行った方は楽です。

館内で水が飲めます
館内で水が飲めます
 名水プラザは、道の駅になる前から繁盛していて、売店や食堂があります。「名水何とか」が食べられます。
 館内の一角に無料の水飲み場がありました。勿論ここの名水です。この日は水汲みはしないで、ここで飲ませて貰いました。

 後志地方の道の駅は、函館と札幌の間にあるので、前からちょこちょこ行っていて、この3駅で完走となりました。

[作成:2007年8月25日]

戻る メニューへ ホームへ 次へ