Part5-2 8月18月十勝南部5駅 その2

忠類、大樹

忠類の道の駅
忠類の道の駅

 忠類村は平成18年2月6日に隣の幕別町と合併して、今は幕別町の一部です。
 だから道の駅も 幕別町の道の駅〜忠類 と言います。
 道の駅は4月1日に新築オープンで、ナウマン温泉アルコ236とナウマン象記念館の間に移転新築されました。

道の駅館内
道の駅館内
 館内では手づくりパンや幕別産の材料を使ったスープやソフトクリームなど売っています。
 隣にあるナウマン温泉アルコ236は、宿泊したことがあっておすすめのページで取り上げましたが、共通して石造り風の建物になっています。

ナウマン象の像
ナウマン象の像
 隣接するナウマン象記念館ではナウマン象発掘当時の模様が再現されています。また、ナウマン公園には象の像があって、記念撮影する人たちが見られました。

大樹の道の駅
大樹の道の駅

 大樹町の道の駅〜コスモール大樹 は、前回のスタンプラリーの時には無かったです。大樹町は宇宙開発にも関わっていて、コスモールの名称になったのだと思います。
 道の駅は大きい建物の一角に入っています。

コスモール館内
コスモール館内
 ここは、経済センターと毎日の生活に欠かせない商品をワンストップで提供するショッピングセンターを併設したのが特徴です。
 無線LANのインターネット接続が無料で出来るフリースポットだそうですが、試しませんでした。

中札内美術村と新嵐山スカイパーク

中札内美術村の芝生
中札内美術村の芝生
 昼食は中札内へ戻って、中札内美術村 へ行きました。
 ここのスズランのページが花を訪ねてにあります。芝生の間のカラマツが鮮やかです。十勝地方ではカラマツは防風林としてよく植えられています。

花六花
花六花
 美術村の隅にある写真の「花六花」でごぼう天うどんを食べました。家内に教えられましたが古い建物です。ここは土日祝日だけの営業です。
 ごぼうはたくさん入っていて良かったですが、少しからかったです。

 中札内からは道道55号線(大樹清水線)を使って、十勝清水を目指しました。通の通る道と聞いたことがあります。日勝峠を降りて、ここを通って釧路へ行くと早くて近いようです。

新嵐山スカイパークのコスモス
新嵐山スカイパークのコスモス
 途中に芽室町の 新嵐山スカイパーク があります。動物注意のページの「リス優先」の看板があります。
 今はコスモスが咲いていました。

スキー場の牛
スキー場の牛
 スカイパークは国民宿舎、オートキャンプ場、スキー場、パークゴルフ場などがあり、エゾリスも観察されていますが、見られませんでした。
 スキー場には牛が放牧されていました。人と牛が共生しているように感じました(大げさ)。

おまけのエゾシカ

穂別のエゾシカ
穂別のエゾシカ
 この日も日勝峠は濃霧でしたが、日高側に入ると霧が消えました。
 穂別町は鵡川町と合併してむかわ町になりました。石勝樹海ロードの穂別の峠道では時々エゾシカを見ます。
 今日は2回見つけました。高速で流れている車を停めるのが難しかったですが、2回目にやっと撮れました。子供のようです。

 この日の全走行距離は356キロメートルでした。

[作成:2007年9月16日]

戻る メニューへ ホームへ 次へ