この夜は塘路湖のほとりに泊りました
この夜は塘路湖のほとりに泊りました(2007年9月21日)

道の駅スタンプラリー2007 Part6

 Part1〜5にも書きましたが、1998年に5ヶ月かけて 北海道の道の駅 全55箇所を周りました。札幌を起点に2泊(稚内と佐呂間)の旅を1回、1泊(帯広及び釧路)の旅を2回し、道央部は札幌から、道南は函館から何回かにわけて日帰りドライブしました。
 この時のことは、「北海道の走り方」に書きました。殆ど反省の弁です。

Part6 9月21〜24日

今回のレンタカーは赤いブルーバード
今回のレンタカーは赤いブルーバード
 家内が今年もスタンプラリーに挑戦しようと言います。今は道の駅は100駅に増えています。

 写真は釧路駅そばで受け取ったレンタカーで、スタンプラリーで借りる車はすべてブルーバードです。勤務先がニッサンレンタカーとの集団契約に入っていて、通常の半額近くで借りられます。

 Part6 では、9月21日からの3泊4日の釧路発着のレンタカーの旅、13駅を取り上げます。下をクリックでジャンプ出来ます。

Part6-1 9月21日(金)釧路地方西部2駅

 この週は釧路方面で仕事でした。9月21日は昼前に釧路市内での仕事が終わり、札幌へJRで帰るスタッフと駅前で別れました。食事をし、予約してあったレンタカーを駅近くで借りました。家内は函館からHAC(北海道エアシステム)で往復します。
 翌日から3連休で、上のリンクにあるよう、釧路根室北見方面の13駅を周りますが、広大な地域に道の駅が点在しているので、能率は良くありません。

阿寒と白糠

釧路空港の温度計
 釧路駅から釧路空港へは車で30分くらいでしょうか。この辺は何度も走ったことがあるので、交通量の少ない近道も通れます。
 空港の建物の温度計は26.3℃を示していて、釧路地方としては暑いです。
 連合の大会が根室であるので、空港は混雑していて、私たちもこの日は根室に泊る予定でしたが、宿は満杯と言われました。

函館からの直行便が着きました
函館からの直行便が着きました
 函館〜釧路の直行便は1日1往復だけです。この日は機材繰りから一時間遅れました。
 着陸して、滑走して来るHACです。
 スタンプラリーは飛行機の遅れで15時近くのスタートになってしまいました。

阿寒の道の駅
阿寒の道の駅

 最初は、マリモ国道(国道240号線)を阿寒湖方面に向かって 釧路市の道の駅〜阿寒丹頂の里 へ行きました。
 古くからある道の駅で、前回のスタンプラリーはここで全駅達成になり、完走証を貰いました。冬のタンチョウも何度か見に来たことがあります。

道の駅裏手
道の駅裏手
 道の駅裏手の林の中で、ソフトクリームを食べましたが、気温が高いのですぐ融けてしまいます。
 隣に釧路市阿寒国際ツルセンター「グルス」があります。ここにも何回か入りましたが、今日は時間がありません。

釧路新道
釧路新道
 釧路方面へ引き返しました。自動車専用道路の釧路新道は今回初めて走ります。道東道と繋がるのでしょう。
 国道38号線に入ってすぐに、帯広側の隣町白糠町があります。

白糠恋問の道の駅
白糠恋問の道の駅

 白糠町の市街地より釧路側に恋問(こいとい)という町があります。そこの 白糠町の道の駅〜しらぬか恋問 は阿寒よりもっと古くて(道内4番目、阿寒は30番目、1番は三笠です)、ここでシーフード料理を公私共に何回か食べました。今は豚丼にも力を入れています。
 太平洋を背景にしているので、眺望も良いです。

道の駅館内
道の駅館内
 道の駅の館内では海産物をたくさん扱っています。
 白糠産の海産物は一種のブランド品と言えるかも知れません。

ピルカ・トウロ
ピルカ・トウロ
 釧路根室地方は広いですが、道の駅は6駅しかありません。十勝地方は先月札幌出発一泊で全12駅周りました。明日は厚岸〜根室〜羅臼を経由して知床のウトロ温泉に泊ります。
 トップ写真は写真は夕方の塘路湖です。夕陽が映っています・・ね。宿は オーベルジュ ピルカトウロ です。「道東の豊富な食材」の料理、美味しかった。
 この日の走行距離は 130km でした。

[作成:2007年10月21日]

続きがあります

戻る メニューへ ホームへ 次へ