タンチョウヅルのファミリー(2007年9月22日)
タンチョウヅルのファミリー(2007年9月22日)

道の駅スタンプラリー2007 Part6-2-1

 Part1〜5にも書きましたが、1998年に5ヶ月かけて 北海道の道の駅 全55箇所を周りました。札幌を起点に2泊(稚内と佐呂間)の旅を1回、1泊(帯広及び釧路)の旅を2回し、道央部は札幌から、道南は函館から何回かにわけて日帰りドライブしました。
 この時のことは、「北海道の走り方」に書きました。殆ど反省の弁です。

Part6 9月21〜24日

厚岸の道の駅
厚岸の道の駅

 家内が今年もスタンプラリーに挑戦しようと言います。今は道の駅は100駅に増えています。

 この朝は道道塘路厚岸線を通って国道44号線に出ました。そこから写真の 厚岸町の道の駅〜厚岸グルメパーク はすぐです。

 Part6 では、9月21日からの3泊4日の釧路発着のレンタカーの旅、13駅を取り上げます。下をクリックでジャンプ出来ます。

Part6-2-1 2007年9月22日(土)釧路根室地方など4駅

厚岸と根室

厚岸の道の駅館内
厚岸の道の駅館内
 この道の駅のコンキリエという愛称は牡蠣のことらしいです。二階にレストランがあり、その他に海鮮バーベキューが出来ます。
 4月10日から 北海道地区「道の駅」連絡会認定道の駅弁 「かき弁天島丼」 を販売しているそうです。

LANが使えます LANが使えます
 高速インターネット接続が利用できます。厚岸グルメパーク1階ホールで、インターネット接続が可能です。『ビジネス』や『旅の中継ポイント』として幅広くご利用下さい、とHPにも書いています。
 電源も用意してくれています。古い(16番目)道の駅の新しいサービスです。

エゾシカの横断歩道橋
エゾシカの横断歩道橋
 厚岸を過ぎるとすぐに、国道44号線をまたぐエゾシカ(野生動物)用横断歩道橋があります。
 今年の冬に気付いて絵日記で取り上げました。根室地方の道道にもあります。

タンチョウヅルの親子
タンチョウヅルの親子

 厚岸から厚床へ向かう途中、多分浜中町だと思います。国道44号線からタンチョウの一家が見えました。かなり遠いですが、多分右がお父さんツルで真ん中が幼鳥です。幼鳥は頭が黒くはありません。
 トップ写真も同じ時の撮影で、野生動物野鳥編の「大きいヒナ」にも写真があります。

根室の道の駅
根室の道の駅

 44号線を走って、11時頃上の写真の 根室市の道の駅〜スワン44ねむろ へ到着しました。昔、道の駅になる前には白鳥台と言っていて根室勤務時には何回かハクチョウを見に来ました。

フィールドスコープが置いてあります
フィールドスコープが置いてあります
 この道の駅は、何回も旅行記に登場します。
 日本有数の野鳥の宝庫、風連湖の入り口にあって、向かいは春国岱です。望遠テレビカメラやフィールドスコープで野鳥やエゾシカなどが見られます。

道の駅の食堂
道の駅の食堂
 道の駅のレストラン「バードパル」は座席数は100席あります。定番の海産物のメニューも良いですが、根室名物のエスカロップもここで食べられます。未体験なら一度はお薦めです。

福住総本家
福住総本家
 昼食は標津町の そば処福住・総本店 へ入りましたが、朝食がオーベルジュでボリュームがあったので、ざる蕎麦にしました。
 この福住はフランチャイズ店が全道あちこちに見られます。

[作成:2007年10月21日]

続きがあります

戻る メニューへ ホームへ 次へ