オシンコシンの滝(2007年9月23日)
オシンコシンの滝(2007年9月23日)

道の駅スタンプラリー2007 Part6-3-1

 Part1〜5にも書きましたが、1998年に5ヶ月かけて 北海道の道の駅 全55箇所を周りました。札幌を起点に2泊(稚内と佐呂間)の旅を1回、1泊(帯広及び釧路)の旅を2回し、道央部は札幌から、道南は函館から何回かにわけて日帰りドライブしました。
 この時のことは、「北海道の走り方」に書きました。殆ど反省の弁です。

Part6 9月21〜24日

オシンコシン館 オシンコシン館
 家内が今年もスタンプラリーに挑戦しようと言います。今は道の駅は100駅に増えています。

 この日は北見網走方面で国道39号線より南(相生だけは最終日)の道の駅をめぐります。昨日は駐車場が満車だったオシンコシンの滝を見に寄りました。オシンコシン館には六花亭がありました。

 Part6 では、9月21日からの3泊4日の釧路発着のレンタカーの旅、13駅を取り上げます。下をクリックでジャンプ出来ます。

Part6-3-1 2007年9月23日(日)北見地方南部5駅

斜里と浜清水町

斜里岳です
斜里岳です
 ウトロから斜里町の市街地へは初めはオホーツク海に面した道を通ります。
 春先ならエゾシカたくさんいますが、この日は見られませんでした。
 内陸に入ると斜里岳が畑の向こうに見えるようになります。美しい形です。

斜里の道の駅
斜里の道の駅

 JR斜里駅の近くの 斜里町の道の駅〜しゃり へ寄りました。斜里町には2駅あります。「北海道100番目」の道の駅です。
 道の駅「しゃり」ホームページ には、世界遺産知床に関する観光情報・斜里町町内の各商店の情報などを、さまざまな情報メディアを使い案内している、と書かれています。

ねぷたが飾られていました ねぷたが飾られていました
 毎年7月に行われる「しれとこ斜里ねぷた」が展示されています。
 友好都市弘前市から技術を伝授されたそうです。

持ち込みノートパソコンも使えます
持ち込みノートパソコンも使えます
 上の写真のねぷたの横に見えるのがパソコンコーナーです。使用料無料の PC が5台あり、持ち込みノートパソコンも使えます。時代ですね。
 ただしプリントアウトは有料です。

小清水町の道の駅
小清水町の道の駅

 オホーツク海に面してはいくつかの原生花園がありますが、浜小清水(小清水町の海岸部)のそれは有名です。
 写真は網走国定公園小清水原生花園に隣接したJR釧網本線浜小清水駅に直結した 小清水町の道の駅〜はなやか(葉菜家花)小清水 です。

うどんが有名です
うどんが有名です
 館内の軽食・喫茶コーナー「汽車ポッポ」は、さぬき風手作りうどんが有名です。
 朝なのでお客さんはいませんが、勿論コーヒーやソフトクリームもあります。

DMV
DMV
 駐車場にいたら、JR北海道の話題の車両 DMV が道路を走って来て、線路の方へ回りこんで行きました。小清水の道の駅はJRの駅舎でもあります。ここから DMV は線路の上を走って帰るのですが、時間がかかりそうなのでそれは見ないで立ち去りました。
 (脱線事故は10月に起きました。)
白鳥公園
白鳥公園
 浜小清水から網走市に入るとすぐに濤沸湖の野鳥が見られる白鳥公園があります。
 野生動物・野鳥編に「濤沸湖の冬鳥たち」というページがあります。この日に寄ってきたのは数羽のオナガガモだけでした。

[作成:2007年10月27日]

続きがあります

戻る メニューへ ホームへ 次へ