Part7-2-2 10月7日 オホーツク側など8駅 その2

枝幸、雄武から興部

風車
道北は風車が多いです

 南下して、浜頓別町に入る前に撮りました。
 浜頓別を過ぎると枝幸町(北見枝幸町と言っています)です。ここは翌週仕事で来て泊りました。
 毛蟹の水揚げ日本一と称していますが、乳製品もこの辺りは有名です。


枝幸町の道の駅
枝幸町の道の駅

 枝幸町の道の駅〜マリーンアイランド岡島(ここまでが道北エリア)は秋のイベントの最中で、大変な混雑でした。
 ここは町中心部よりかなり南側にあり、建物は船の形をしています。

枝幸町の道の駅の館内 枝幸町の道の駅の館内
 海産物コーナーやレストランがあります。
 レストランはシーフードカレー、鮭の親子丼、海の幸ラーメン、かに玉ラーメンなどが目玉とホームページに書いてあります。
 昔はセルフサービスではなかったような気がします。

雄武の道の駅 雄武の道の駅
 左写真の 雄武町の道の駅〜おうむ は飛行船をかたどったランドタワーが目印で、エレベーターで上がる展望室からの見晴らしは良好です。
 空は雲が多い日でしたが、好天と言えると思います。
 塔はこの辺りでは際立って高いので、町の外からもよく見えます。

雄武の道の駅の館内 雄武の道の駅の館内
 館内です。親子連れがスタンプを押しています。
 乳牛の人形やソフトクリームが目立ちますが、オホーツク地方は海産物と乳製品が特産物なのです。

見晴らし良好 見晴らし良好
 展望室からの光景です。
 南側の網走側を見ています。
 画面中央左が日の出岬で、ここにあるホテル日の出岬には 2003年夏・道北道東の旅 で泊りました。

興部の道の駅
興部の道の駅

 写真の 興部町の道の駅〜おこっぺ は、今は廃線となった名寄本線の歴史を感じさせます。
 建物は興部交通記念複合施設「アニュウ」で、道の駅の中核です。左側に列車が見えます。

興部の道の駅館内です 興部の道の駅館内です
 興部の道の駅館内です。
 建物は町民の足を守るバスのターミナル施設でもあり、カウンターでは道路情報を提供しています。

ここにも乳製品が ここにも乳製品が
 隣接する売店では地元特産の乳製品を売っていました。
 興部町のカントリーサインはホタテを持った乳牛と町花ハマナスです。

道の駅にある列車 道の駅にある列車
 2両のディーゼルカーが今は何所とも繋がっていない線路のホームにあります。
 ルゴーサ・エクスプレスといい、興部町の町花「ハマナス」がシンボルマークの、簡易休憩所「語らいの舎」と、旅行者のための簡易宿泊所「出会いの宿」の2つの施設があります。旅行者に開放されています。

[作成:2007年12月23日]

続きがあります

戻る メニューへ ホームへ 次へ