Part7-3-2 2007年10月8日 遠軽地方など5駅 その2

上湧別から丸瀬布と白滝

遠軽のコスモス
遠軽のコスモス(2007年10月8日)

 佐呂間町の道の駅から30分ほど同じ道を引き返し、湧別町から内陸を目指します。この先に上湧別町、遠軽町があり、遠軽町の白滝の道の駅で全駅完全制覇になります。

上湧別町の道の駅
上湧別町の道の駅

 上湧別町の道の駅〜かみゆうべつ温泉チューリップの湯 は昔はバスセンターにありましたが、町営温泉が出来てからそちらに移りました。
 上湧別には 北海道内一のチューリップ畑 があります。

上湧別の道の駅館内 上湧別の道の駅館内
 売店にはチューリップを原料にした菓子類や地元で生産した特産品があります。チューリップまんじゅう、温泉ラーメン・・・
 ページ作成時に調べたら、公衆無線 LAN の FREESPOT が利用できるようになりました。

鉄道資料館
鉄道資料館

 道の駅はもともと旧中湧別駅の敷地に建てられました。旧中湧別駅の跨線橋や鉄道資料館があり、車両も保存されています。
 鉄道を失うことは地域にとって大きな痛手になります。

遠軽のコスモス、満開です
遠軽のコスモス、満開です

 遠軽町の えんがる公園・1千万本のコスモス園 には昨年行きました。満開には少し早かったですが、今回は混合コスモスもキバナコスモスも「満開」と書いてありました。
 実はちょっと盛りを過ぎていました。

キバナコスモス キバナコスモス
 キバナコスモスも盛りを過ぎていました。
 この頃は青空も見えて来て、十分楽しめました。

丸瀬布の道の駅
丸瀬布の道の駅

 上湧別から更に旭川方面へ進み、遠軽町の中心を過ぎて、旧・丸瀬布町の 遠軽町の道の駅〜まるせっぷ へ着きました。丸瀬布町は遠軽町と平成17年10月1日に合併しました。
 道の駅は木芸館といいます

丸瀬布の道の駅館内 丸瀬布の道の駅館内
 道の駅まるせっぷの目玉は木芸館の名前の通り、ウッドクラフトです。地元の木材を使い地元でつくられたかわいらしい製品が多いです。
 木の香りに包まれた喫茶コーナーも寛げます。

白滝の道の駅
白滝の道の駅

 白滝村も丸瀬布町と同じ時期に遠軽町と合併しました。
 高速道路に上がって 遠軽町の道の駅〜しらたき へ行きました。ここは北海道では唯一、高速道路(高規格自動車専用道路)旭川紋別道沿い白滝 PA にあります。
 これで全100駅訪問したことになります。

認定証を貰いました 認定証を貰いました
 白滝の道の駅の売店兼食堂のおばさんから家内が認定証を貰いました。感無量と言うほどではないですが、嬉しいですね。

 2007年4月28日に家内が、森町の道の駅「YOU・遊・もり」でスタンプ帖を買いました。それから約5ヵ月半かかっています。

 高速道路の紋別道は建設最中で、2回一般道に出て入り直し、接続する道央道の旭川北で一般道に降りました。
 旭川駅前で車を返したのは15時半頃で、3日間の積算走行距離は 976km でした。16時発のL特急スーパーカムイで無事札幌へ帰りました。

[作成:2007年12月24日]

戻る メニューへ ホームへ