赤れんが騎馬隊タイトル
赤れんが騎馬隊とサルビアの花(2002年9月5日)

 2002年9月5日木曜日、代休があたりましたので、今年の6月20日〜10月31日の毎週木曜日に、道庁前庭で一日3回公開されている、赤れんが騎馬隊を見に行きました。
記念撮影どうぞ
 3頭立てで、一緒に記念写真を撮ってくれるので、大人気です。カメラを渡して撮ってもらう人たちが多く、それを外すのにに苦労します。

赤れんが騎馬隊

 「赤れんが庁舎」の愛称で親しまれる北海道庁旧本庁舎(札幌市)前を、馬で巡回する道の「赤れんが騎馬隊」が、2002年6月18日発足し、堀達也知事らが出席してオープニングセレモニーが行われました。
 騎馬隊は札幌近郊の乗馬クラブが持ち回りで構成し、10月までの毎週木曜日、京都府警の平安騎馬隊などにならった制服姿で、三頭が一日三回、庁舎周辺を巡回します。2002年度の予算は1690万円です。
門のそばで  市の中心部にある旧庁舎は1888年に完成したれんが造りの建物で、年間約40万人が訪れる観光名所。前庭で庁舎をバックに記念撮影する観光客も多く、発案した道も「馬産地の北海道らしさを楽しんでいただければ」と期待しています。(2002.6.18 共同通信ニュース速報より)

後から
 記念撮影の希望者が多く、このように正門のそば(裏)にいることが多いです。
 丁度、観光幌馬車が門の外に来ていました。後ろから見ると、尻尾が編んであってお洒落です。

 青いシャツのスタッフ達は、シャッターを押したり、人の整理だけでなく、イベント終了後には地面の糞を洗い流したりで大活躍です。とてもたくさんの人たちが騎馬隊を支えています。

巡回(遊歩)光景

遊歩(1)  一回一時間の公開なので、繰り返し何回も、前庭内を遊歩してくれます。
 いろいろ構図で写真を撮ることが出来ます。

遊歩(2)  これは庭の真中を通っています。
 赤い花はサルビアで、和名は緋衣草といいます。
 この写真はは北海道テレビ放送のHP上の北海道花情報に投稿しました。

遊歩(3)  今は夏と秋の花ですが、6月に撮れば春の花と撮れました。
 10月には紅葉と一緒に撮れますね。

 調べえた範囲では、都道府県警察で騎馬隊を持っているのは、警視庁と京都府警だけで、京都府警では平安騎馬隊と呼ばれ、観光にも役立っているそうです。
 北海道は冬が長く、道警が騎馬隊を持つのは実際的ではないと思います。来年以降も、赤れんが騎馬隊が今年以上に出動してくれますよう。

 別館の壁紙プレゼントコーナーに写真を2枚置きました(後に一枚削除)。こちらからもダウンロード可能です。
赤れんが騎馬隊(1)
赤れんが騎馬隊(1)
北海道庁前庭/2002年9月5日
(1)はこのページのものと違って、蹄まで写っています。

[作成:2002年9月7日、修正:10月8日、レイアウトと写真のリンク先変更:2003年11月3日
赤れんが騎馬隊のHPがなくなったので削除、次ページへリンク:2006年3月14日]
戻る 次へ