タイトル

整然と歩む羊の群(2003年9月20日)

 士別市のめん羊牧場、羊と雲の丘は2002年6月30日の訪問記で、ご紹介しました。詳しいことはそちらをご覧下さい。

SUFFOLK LAND(士別市ホームページ)

 観光 > 観光施設 に羊と雲の丘の紹介があります。
 地図 観光 > エリアマップ に載っています。

  今回は2003年9月20日、道北旅行の1日目として、札幌から直接訪問しました。高速道路を使うと近いですね。

士別市 羊と雲の丘 Part 2

窓からの眺め  この日は涼しいくらいで、ここに着いたときは晴れていました。羊も外に出ています。
 先ずは昼食にレストランに入りました。
 羊を見ながら、生ラムのフライパン焼き定食を食べました。複雑な心境になります。
 1200円だったと思います。肉も柔らかで美味しいですよ。

シープドッグショー

 団体客が観光バスで来て、シープドッグショーが始まると、声がかかりました。
 これはラッキーと、他のお客さんも一緒に、囲いのところに集まります。

ベン  牧羊犬のベンです。黒くて愛想のいい犬で、呼ぶと近寄ってきてじゃれてくれます。

 シープドッグは牧羊犬のことで、シープドッグショーは「牧羊犬による羊の囲い込み」と訳されることもありますが、犬を使って、羊を思う通りに移動させるショーです。

ショーの始まり  ショーが始まりました。ベンが羊の群の方に走って行きます。羊は小屋の方に向かって集まります。

遠くで  小屋の横に全部の羊が集まりました。犬の動きで、こちらに向かって移動を始めます。

こちらへ来る

 一団となって歩いて来ます。ベンが動きをコントロールしています。

餌やり自由です。

餌を貰う  羊が観客の方に集まると、自由に柵の中に入って、自販機の餌をあげても良いと言われます。
 人馴れしているので、餌を持っていると囲まれてしまいます。
 私も寄りかかられて、カメラをなめられそうになりました。
 ビックリさせると、小屋の方に逃げてしまうそうです。

帰る羊  餌を貰い終わると、羊は帰っていきます。人馴れしすぎた?のが3頭くらい、最後まで餌を求めていましたが、それも帰りました。

名コンビ  仕事が終わって一息つく、牧羊犬のベンと担当(トレーナと言うのでしょうか)の女性です。
 (この写真は家内の撮影です)。

 シープドッグショーを初めて見ました。羊や牧羊犬とも自由に触れ合えて、皆さん大満足のようでした。
 楽しかったですよ。

[作成:2003年9月23日]

旅ホームへもどる