薄雪の街を走る8009号(2013年3月11日)
薄雪の街を走る8009号(2013年3月11日)

函館市電2010〜13(1)

函館の路面電車開業百年

路面電車開業百年 路面電車開業百年
 1913年(大正2年)6月29日に函館で路面電車が走り始め、1943年(昭和18年)11月1日に 函館市営 化されました。路面電車は100年にわたり市民の足として函館の街を走り続けています。
 歴史などは 路面電車開業100周年記念事業サイト のfacebookに載っています。
 もっと詳しく知りたい方は、ハコダテ150+函館市電の歴史 をご覧下さい。

 峠を越えてでは北海道の旅のページの函館と道南に「市電の光景」「市電の光景2」を発表しました。
 その後写真がとても多数たまり、2010年以降撮影分だけでも特殊車両も含む全車両の写真が揃いました。そこでこの百周年にちなんで「函館市電2010〜13」を発表します。

青柳町電停の39号箱館ハイカラ號(2012年10月24日)
青柳町電停の39号箱館ハイカラ號(2012年10月24日)

 内容は次のページからなります。


市電の光景3

駅前を曲がる9601号らっくる号1号(2012年7月18日)
駅前を曲がる9601号らっくる号1号(2012年7月18日)

 前作で書いていますが、私が中学と高校時代を過ごした愛知県の豊橋市では路面電車(豊橋鉄道)があり、よく使いました。北海道大学へ通った頃は札幌は地下鉄がまだ無くて、主要交通機関は市電でもっぱらそれを利用しました。
 昭和51年から函館の病院に勤務しましたが、その頃は函館市電は今より路線が長かったです。このように市電、路面電車は私には身近な存在です。

貫録の530号(2012年12月26日)
貫録の530号(2012年12月26日)

 無広告車両なので812号と並んでよくテレビドラマや映画に使われる530号車です。各市電の詳細は最後のページで説明します。
 地面に少し雪があって、先に見える電停は競馬場前です。

街の中を走行する市電の光景

 前2作は「市電の光景」と言う題でしたが、短いページだったので「光景」の無い写真が多かったです。
 このページでは街の中を走行する市電と言う観点から写真を選んでみました。

千歳町で(2010年11月23日)
千歳町で(2010年11月23日)

 電停は市街地の千歳町電停です。
 手前の市電は8003号はこしん号、向こう715号マルハン号です。殆どの市電が広告のラッピング塗装をしているので、個性があって面白いです。

右後ろは函館山(2012年4月25日)
右後ろは函館山(2012年4月25日)

 控え目な市電は723号スナッフルス号です。
 とても地味な塗装で、遠目に箱館ハイカラ號と見間違えたことがありました。
 昭和橋から函館山を大きく入れたら、市電は小さくなってしまいました。これでは風景写真ですね。

十字街電停(2010年11月27日)
十字街電停(2010年11月27日)

 終点の湯の川電停から街の中を通って来た市電は十字街電停で、直進すればどっく前、左折すると谷地頭と路線が2つに分かれます。
 ベイエリアにはここが近いです。こった装飾があります。

十字街で(2010年11月28日)
十字街で(2010年11月28日)

 同じ場所からこちらは函館山が背景に入るよう撮りました。
 函館の繁華街は今は五稜郭地区で、その前は函館駅周辺、それより前この十字街でした。歴史のある建物やお店があります。

向うは谷地頭電停(2011年3月30日)
向うは谷地頭電停(2011年3月30日)

 先に書いた谷地頭電停が向うの坂の下に見えます。この電停は終点です。
 ここは函館八幡宮、谷地頭温背、立待岬の最寄駅です。電停の詳しい様子は次ページでお見せします。

青柳町電停の箱館ハイカラ號(2011年7月28日)
青柳町電停の箱館ハイカラ號(2011年7月28日)

 谷地頭電停の1つ前が石川啄木の歌で知られる青柳町で、函館市電唯一の坂の上の電停です。
 少し手前で待っていると市電の屋根が先ず見え、徐々に全体が現れます。坂を降りようとしている市電はレトロ復元電車の39号箱館ハイカラ號です。

背景は函館駅(2010年6月22日)
背景は函館駅(2010年6月22日)

 背景はJR函館駅です。
 市電はここで直角に曲がるので、車や人と独立した市電だけの信号で動きます。そのために車などが前景に入ることの無い写真が撮れます。

函館駅前電停(2011年5月31日)
函館駅前電停(2011年5月31日)

 函館駅前電停は駅前通りを十字街方向に曲がった位置にあります。
 修学旅行の子供さんたちが1日乗車券で市電を使ってくれるようで、これは函館市電にとって明るい話です。

画面右端はJR函館駅(2010年10月6日)
画面右端はJR函館駅(2010年10月6日)

 駅前通りから左折して函館駅前電停に向かう市電です。
 画面右端にJR函館駅のドーム部分が見えます。時間があって市電の写真を撮るときは、函館駅前が一番取りやすいと思います。

駒場車庫内(2010年6月22日)
駒場車庫内(2010年6月22日)

 舞台裏の駒場車庫内の様子です。
 街を走る市電の光景を撮ろうと思っているので、車庫内で撮らせて貰ったことはありません。

[作成:2013年3月23日]

ホームへ 次へ